有明 (春雨型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
艦歴
計画 1903年度[1]
起工 1904年7月30日[1]
進水 1904年12月17日[1]
就役 1905年3月24日[1]
その後 1905年12月12日駆逐艦に種別変更[1]
1912年8月28日三等駆逐艦[1]
1924年12月1日特務艇編入、二等掃海艇類別[1]
除籍 1924年12月1日[1]
廃船 1925年4月10日[1]
移管 1925年11月12日内務省[1]
性能諸元
排水量 常備:375トン[2]
全長 69.2m[2]
全幅 6.6m[2]
吃水 1.8 m[2]
機関 艦本式水管缶(石炭専焼)4基[2]
直立式4気筒三連成レシプロ蒸気機械2基2軸[2]
6,000馬力[2]
最大速力 29ノット[2]
航続距離 10ノットで1,200海里[2]
燃料 石炭:100トン[2]
乗員 62人[3]
兵装 7.6cm単装砲2基[2]
57mm単装砲4基[2]
45cm魚雷発射管単装2基[2]

有明(ありあけ)は、大日本帝国海軍駆逐艦で、春雨型駆逐艦の5番艦である。同名艦に初春型駆逐艦の「有明」があるため、こちらは「有明 (初代)」や「有明I」などと表記される。

艦歴[編集]

1905年3月24日、横須賀造船廠で竣工し、軍艦に編入され駆逐艦に類別[1]

日本海海戦では第1艦隊第1駆逐隊に所属して参加[4]。その後、樺太の戦いにも参加した[1]

1924年12月1日、除籍。翌年4月10日、廃船認許。同年11月12日、内務省に移管、東京水上警察署取締船となる[1]。ただし大きな船体と起動に手間どる蒸気機関を持て余し、船齢20年以上という老朽船だったこともあって、わずか1年で廃船になった。なお2008年現在に至るも、同船は警察用船舶としては最大の記録を維持している[5]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艦長
駆逐艦長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本海軍史』第7巻、289頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『世界の艦船増刊第107集 日本駆逐艦史』28頁。
  3. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料編「主要艦艇要目表」51頁。
  4. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、272頁。
  5. ^ 小林 2008.
  6. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  7. ^ a b 『官報』第2349号、大正9年6月2日。
  8. ^ 『官報』第2784号、大正10年11月11日。
  9. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  10. ^ 『官報』第3513号、大正13年5月12日。

参考文献[編集]

  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 『世界の艦船増刊第107集 日本駆逐艦史』海人社、2012年12月。
  • 小林, 義秀「港で働く船(第11回)警察艇」『世界の艦船』第698号、海人社、2008年11月、 118-120頁。

関連項目[編集]