磯風型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天津風型駆逐艦(磯風型)
天津風
艦級概観
艦種 一等駆逐艦
艦名
前級 浦風型駆逐艦
次級 江風型駆逐艦
要目
排水量 基準:1,105トン
常備:1,227トン
全長 水線長:96.68m
全幅 8.52m
吃水 2.83m
機関 ロ号艦本式缶5基
蒸気タービン[1]1組
3軸、27,000馬力
速力 34.0ノット
航続距離 14ノットで3,360海里
燃料 重油297トン石炭92トン
乗員 145名
兵装 12cm単装砲4基
6.5mm機銃2挺
45cm連装魚雷発射管3基6門

磯風型駆逐艦(いそかぜかたくちくかん)は、大日本帝国海軍駆逐艦の艦級[2]。日本海軍の正式類別は天津風型駆逐艦(あまつかぜがたくちくかん)[3][4]

概要[編集]

天津風型駆逐艦4隻(天津風、磯風、浜風、時津風)は[5]、大正4年度軍備補充計画追加で建造された駆逐艦。第一次大戦により急遽建造された。海風型の拡大型といえる艦級であり、それまで各種口径砲を搭載していたものが本級では12cm砲に統一された。

4番艦時津風は竣工翌年に九州で座礁し船体破壊、代艦を建造している。ただし名目上は大修理とされて新艦とされなかった[2]

艦名は4隻とも陽炎型駆逐艦に継承された。

同型艦[編集]

磯風(いそかぜ)[編集]

1915年(大正4年)7月10日、一旦「時津風」と命名後、同年8月25日に「磯風」と改名[6][7]呉海軍工廠において1916年(大正5年)4月5日起工、同年10月5日進水(天津風と同日)[8]1917年(大正6年)2月28日竣工[9][10][11]。天津風型2番艦[3]1935年(昭和10年)4月1日、除籍[4]

浜風(はまかぜ)[編集]

1915年(大正4年)7月10日、濱風と命名[6]三菱長崎造船所において1916年(大正5年)4月1日起工、同年10月30日進水[12]、1917年(大正6年)3月28日竣工[13][14][15][11]。天津風型3番艦[3]1919年(大正8年)、大演習時に波浪により艦橋破壊、笹尾源之丞司令が殉職する事故を起こす。1935年4月1日、除籍[4]

天津風(あまつかぜ)[編集]

1915年(大正4年)7月10日、「天津風」と命名[6]。天津風型駆逐艦のネームシップ[3]。呉海軍工廠で1916年(大正5年)4月5日起工(磯風と同日)、同年10月5日進水(磯風と同日)[8]、1917年(大正6年)4月14日竣工[16][11]。1935年4月1日、除籍[4]

時津風(ときつかぜ)[編集]

1915年(大正4年)7月10日、「磯風」と命名されたが[6]、8月25日附で「時津風」と改名[7]。1916年(大正5年)3月10日起工[11]12月27日進水[17]。1917年(大正6年)5月31日、川崎造船所で竣工[18][11]1918年(大正7年)3月30日九州宮崎県・折生迫(おりうざこ)海岸で座礁し船体破壊。兵装、備品を取り外して放棄。同年12月2日舞鶴海軍工廠で代艦を起工[19]1919年(大正8年)3月31日進水[20]1920年(大正9年)2月27日竣工[21][22]。天津風型4番艦[3]。1935年4月1日、除籍[4]

脚注[編集]

  1. ^ 磯風、浜風がパーソンズ式タービン、天津風、時津風がブラウン・カーチス式タービンを装備した。
  2. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.95『磯風型(四隻) 艦種一等驅逐艦 磯風(いそかぜ) 昭和10年4月除籍 濱風(はまかぜ) (同上) 天津風(あまつかぜ) (同上) 時津風(ときつかぜ) 大正7年3月九州宮崎沖に坐礁、舞鶴にて大修理。昭和10年4月除籍』
  3. ^ a b c d e #海軍制度沿革(巻8、1940)p.64『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|天津風型|天津風、磯風、濱風、時津風』
  4. ^ a b c d e #海軍制度沿革(巻8、1940)p.69『昭和十年四月一日(内令一三六) 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 軍艦、海防艦ノ項中「日進、」ヲ削ル|驅逐艦、一等ノ部中天津風型及谷風ノ項ヲ削リ、同二等ノ部中椿ノ項ヲ削ル|潜水艦、二等ノ部中海中三型ノ項中「呂號第二十三、呂號第二十四、ヲ削ル』
  5. ^ #土国駆逐艦本邦注文(2)p.2『駆逐艦|天津風型|4|(以下略)』
  6. ^ a b c d #海軍制度沿革(巻8、1940)p.206『◎驅逐艦天津風時津風磯風濱風桃柳柳樫檜命名ノ件 大正四年七月十日(達九七)軍備補充費ヲ以テ製造スヘキ驅逐艦八隻左ノ通命名ス|呉海軍工廠ニ於テ製造 一等驅逐艦二隻{天津風アマツカゼ 時津風トキツカゼ|神戸川崎造船所ニ於テ製造 一等驅逐艦一隻 磯風イソカゼ|長崎三菱造船所ニ於テ製造 一等驅逐艦 濱風ハマカゼ|佐世保海軍工廠ニ於テ製造 二等驅逐艦二隻{モモ ヤナギ|舞鶴海軍工廠ニ於テ製造 二等驅逐艦二隻{カシ ヒノキ
  7. ^ a b #海軍制度沿革(巻8、1940)p.206『大正四年八月二十五日(達一一三)本達九十七號ヲ以テ命名シタル驅逐艦中呉海軍工廠ニ於テ製造ノ「時津風」ヲ「磯風」ニ川崎造船所ニ於テ製造ノ「磯風」ヲ「時津風」ニ改ム』
  8. ^ a b #磯風浜風天津風時津風(1)p.43『天津風磯風勝力本日無事進水セリ 十月五日 呉鎮守府司令長官』
  9. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.8『磯風竣工本日授受結了 二月廿八日 呉鎮長官』
  10. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)p.560『磯風|一等驅逐艦|全長(米)94.49|幅(米)8.53|吃水(米)2.83|排水量(噸)常備12,227/基準1,105|速力(節)34|定員數145|短艇數-|造船所 呉工廠|竣工年月日 大正5-4-5|進水年月日 大正5-10-5|竣工年月日 大正6-2-28|大砲12c/m 4|機銃2|發射管6|探照燈4|(機関)種類タービン/數3|(罐)種類 艦本式/數3|推進器數3|備考』
  11. ^ a b c d e #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.95『磯風(起工)大正5-4-5 (進水)大正5-10-5 (竣工)大正6-2-28 (建造所)呉工廠|濱風(起工)同5-4-1 (進水)同6-10-30 (竣工)同6-3-28 (建造所)三菱造船所|天津風(起工)同5-4-5 (進水)同5-10-5 (竣工)同6-4-14 (建造所)呉工廠|時津風(起工)同5-3-10 (進水)同5-12-27 (竣工)同6-5-31 (建造所)川崎造船所』
  12. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.2『大正五年十月三十一日(略)濱風午前十時無事進水セリ。(了)』
  13. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.14『大正六年三月十八日(略)本日午前十時造船所ヨリ本艦ヲ受領ス』
  14. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.45『大正六年三月十二日(略)濱風来ル二八日引渡ノ予定』
  15. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)p.560『濱風(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正5-4-1|大正5-10-30|大正6-3-28|(武装略)』
  16. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)p.560『天津風(艦要目略)|呉工廠|大正5-4-5|大正5-10-5|大正6-4-14|(武装略)』
  17. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.5『大正五年十二月二十七日(略)時津風無事進水セリ』
  18. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.46『大正六年五月廿九日(略)時津風三十一日受領ノ予定御届ス』
  19. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.48『大正七年十二月二日舞鶴海軍工廠長(略)時津風起工ノ件 一等驅逐艦時津風本日起工右報告ス』
  20. ^ 進水 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C08021315200 『大正八年三月六日 舞鶴鎮守府司令長官 野間口兼雄 海軍大臣加藤友三郎殿 驅逐艦時津風進水ノ件 驅逐艦時津風大正八年三月三十一日進水ノ豫定 右報告ス』
  21. ^ #磯風浜風天津風時津風(2)p.49『大正九年月二月十七日舞工廠長』
  22. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)p.560『時津風(艦要目略)|神戸川崎造船所|大正7-12-2|大正8-3-31|大正9-2-17|(武装略)』

参考文献[編集]

  • 国立国会図書館デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『磯風、浜風、天津風、時津風(1)』。ref.C08020923000。
    • 『磯風、浜風、天津風、時津風(2)』。ref.C08020923100。
    • 『土国駆逐艦本邦注文に関する件(1)』。ref.C04015977500。
    • 『土国駆逐艦本邦注文に関する件(2)』。ref.C04015977600。
  • 艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』(光人社、1993年)ISBN 4-7698-0611-6
  • 堀元美『駆逐艦 その技術的回顧』(原書房、1969年)ISBN 4-562-01873-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]