野分 (陽炎型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野分
Nowaki II.jpg
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 舞鶴海軍工廠
クラス 陽炎型駆逐艦
計画 1937年度(マル3計画
起工 1939年11月8日
進水 1940年9月17日
竣工 1941年4月28日
就役 1941年4月28日
除籍 1945年1月10日
最後 1944年10月25日戦没
要目
基準排水量 2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
ボイラー ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.0ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個
テンプレートを表示

野分(のわき)は大日本帝国海軍駆逐艦陽炎型駆逐艦の第15番艦である。ミッドウェー海戦では空母「赤城」を雷撃で処分した。1944年10月下旬、比島沖海戦で重巡洋艦「筑摩」救援中に沈没。艦名は初代「野分」(初代神風型駆逐艦)に続いて2代目。

艦歴[編集]

駆逐艦「野分」は陽炎型駆逐艦のマル3計画での最終艦(15隻目。陽炎型は次のマル4計画でも4隻建造され計19隻)、仮称第31号艦として舞鶴工廠で建造開始。1939年(昭和14年)11月8日起工[1]1940年(昭和15年)8月30日に「野分(ノワキ)」と命名[2]。9月17日進水[1]1941年(昭和16年)4月28日竣工[1]横須賀鎮守府籍。同日附で第4駆逐隊に編入される[3]。第4駆逐隊は3月31日に姉妹艦「嵐」「萩風」で編制されたばかりである[4]。だが7月1日附で「野分」は一旦第4駆逐隊から外され、練習兼警備駆逐艦に指定される[5]。7月15日、陽炎型18番艦「舞風」が竣工する。9月1日、「野分」「舞風」は練習兼警備駆逐艦[6]。10月31日附で「野分」「舞風」は第4駆逐隊に編入された[7]

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時、陽炎型最新鋭艦「野分」「」「萩風」「舞風」の4隻は、第四水雷戦隊(司令官西村祥治少将:旗艦「那珂」)・第4駆逐隊(司令有賀幸作大佐:司令艦「嵐」)を編成し南方部隊本隊(愛宕、高雄、金剛、榛名、第4駆逐隊、第6駆逐隊第1小隊《響、暁》、第8駆逐隊《朝潮、大潮、満潮、荒潮》)に所属、カムラン弯方面で南方作戦を支援する[8]。南方への進出の際、第4駆逐隊は豊後水道で試験航海をおこなう大和型戦艦1番艦「大和」と遭遇した[9]。なお第四水雷戦隊には第4駆逐隊のほかに第2駆逐隊(村雨、夕立、春雨、五月雨)、第9駆逐隊(朝雲、山雲、夏雲、峯雲)、第24駆逐隊(海風、山風、江風、涼風)が所属していた[10]。開戦初日にノルウェー船「ヘリウス号」を拿捕し、これが日本軍の拿捕第1号となった[11]

1942年(昭和17年)2月下旬に「嵐」と組みジャワ島南方に進出、重巡洋艦「愛宕」「高雄」「摩耶」らと通商破壊作戦を実施、オーストラリアへの脱出をはかる連合国軍艦艇・船舶の阻止をはかる[12]。第4駆逐隊第2小隊(萩風、舞風)は南雲機動部隊に編入されて別行動である。3月1日、有賀司令指揮の第4駆逐隊第1小隊(嵐、野分)は商船3隻、油槽船2隻を撃沈し[13]、商船「ビントエーハン号」(1000t)を拿捕。3月2日、「摩耶」「嵐」「野分」は共同で駆逐艦「ストロングホールド」を撃沈、「愛宕」「高雄」は駆逐艦「ピルスバリー」を撃沈した(日本側は軽巡「マーブルヘッド」と誤認)[14]3月3日、「野分」「嵐」はアメリカの砲艦「アッシュビル」を撃沈するなど戦果をあげた[15]。同日正午、駆逐艦「早潮」と油槽船「東栄丸」と合流して補給を実施する[16]。3月4日、「愛宕」「高雄」「摩耶」「野分」「嵐」と協同で豪州護衛艦「ヤラ」、掃海艇1隻、油槽船1隻、輸送船1隻を撃沈した[17]。一連の戦闘を「チラチャップ沖海戦」という[18]

内地に帰還した後、「野分」以下第4駆逐隊は南雲機動部隊警戒隊(第十戦隊旗艦「長良」、第10駆逐隊《風雲、夕雲、秋雲、巻雲》、第17駆逐隊《谷風、浦風、浜風、磯風》)に編入され、1942年6月のミッドウェー海戦に参加する[19]。第4駆逐隊は南雲忠一中将が指揮する主力空母4隻(赤城加賀蒼龍飛龍)の直衛で参加した。「赤城」被弾炎上後、「嵐」「野分」は同艦警戒救援に従事する。なお戦闘詳報では、南雲長官・草鹿龍之介参謀長・源田実参謀等を救助するため「野分」が「赤城」に接近したとしている[20]戦史叢書によれば、南雲司令部は「野分」に移乗したのち「長良」に送り届けられたとしている[21]。だが司令部附信号兵やカメラマンの証言によると、南雲司令部は駆逐艦を経由せず、装載艇で直接「長良」に移動したらしい。午前8時以降、南雲長官は「長良」に将旗を揚げ、山口多聞司令官指揮の空母「飛龍」を追い掛けていった[22]。10時38分、「赤城」の御真影(昭和天皇の写真)を「野分」に移す[23]。16時30分前後、青木泰二郎赤城艦長は総員退去を下令、生存者は「嵐」「野分」に移乗を開始した[24]。19時30分、救助終了[25]。乗員163名救助[26]。赤城戦死者は221名[27]。4駆第2小隊(萩風、舞風)が空母「加賀」沈没を見届けて4駆第1小隊(嵐、野分)に合流すると、4隻は山本五十六連合艦隊司令長官の命令を受け酸素魚雷で「赤城」を自沈処分とした[28]。「赤城」に命中した「野分」の魚雷は不発だったという[29]。連合艦隊主力部隊と合流後、第4駆逐隊は赤城・加賀生存者を戦艦「長門」「陸奥」等に移乗させた。

また直後のアリューシャン攻略作戦を支援するため北方海面に進出したが会敵せず、7月12日に日本・桂島泊地へ帰還している[30]。7月14日、艦隊の再編が行われ、第4駆逐隊は第三艦隊・十戦隊(司令官木村進少将:旗艦「長良」、第4駆逐隊、第10駆逐隊、第16駆逐隊《雪風、時津風、天津風、初風》、第17駆逐隊)に編入された。第4駆逐隊転出後の第四水雷戦隊には、第27駆逐隊(時雨、白露、夕暮、有明)が編入されている。

太平洋戦争中盤以降[編集]

1942年8月7日、米軍ガダルカナル島フロリダ諸島に上陸し、反攻を開始する。8月19日、有賀司令指揮のもと陽炎型6隻(嵐、萩風、陽炎谷風浦風浜風)は陸軍一木支隊ガダルカナル島揚陸に成功する。その後も同海域にとどまっていた第4駆逐隊「萩風」が空襲を受けて損傷、長期離脱した[31]。一方、第4駆逐隊第2小隊(野分、舞風)は第三艦隊・前衛部隊に所属して、8月下旬の第二次ソロモン海戦に参加。24日、第11戦隊旗艦「比叡」の直衛として行動していた「野分」は敵潜水艦に爆雷攻撃を行うが、誤認であった[32]。「舞風」は戦艦「霧島」の護衛中に爆撃を受けるが、2隻とも損傷はなかった。一連の海戦で、日本海軍は空母「龍驤」、駆逐艦「睦月」、輸送船「金龍丸」を喪失、水上機母艦「千歳[33]、軽巡洋艦「神通」が中破、ガダルカナル島への輸送作戦も失敗して敗北した。

9月上旬、「野分」は輸送船「東亜丸」の護衛任務を命じられる[34]。護衛任務終了後の9月29日、有賀司令は「舞風」に移乗すると「野分」を率いてトラック泊地発、ソロモン諸島へ進出した[35]。10月3日午前6時、「舞風」「野分」は水上機母艦「日進」(丸山政男中将以下陸兵330名、軍需品搭載)を護衛してショートランド泊地発、21時前後にガダルカナル島北西部のタサファロングに到着して揚陸に成功した[36]。だが米軍機の空襲を受けたため、急遽最新鋭の秋月型駆逐艦秋月」が派遣される[37]。「秋月」は4日黎明に輸送隊(日進、野分、舞風)と合流、米軍機を撃退しつつショートランド泊地まで護衛を行った[38]。 10月6日、駆逐艦6隻(第4駆逐隊《舞風、野分》、第19駆逐隊《浦波、敷波》、第10駆逐隊《秋雲、巻雲》)で陸兵550名、舞鶴第四特別陸戦隊150名、軍需物資をタサファロングに送り届ける[39]。10月9日、軽巡洋艦「龍田」、駆逐艦5隻(第4駆逐隊《舞風、野分》、第15駆逐隊《親潮、黒潮、早潮》)で第十七軍司令官百武晴吉中将以下約770名と軍需物資を揚陸する[40]。帰路、米軍機(戦闘機20、艦爆9、艦攻6)に襲撃されて「野分」は11名の死傷者を出したが、艦の損害は軽微だった。第4駆逐隊(舞風、野分)は一旦鼠輸送任務から外されて10月17日ショートランド発、10月19日トラック泊地着、「嵐」「舞風」は南雲機動部隊本隊護衛、「野分」は燃料補給部隊護衛任務を与えられた[41]

10月26日、南太平洋海戦に参加する。海戦ののち「嵐」「野分」「秋月」「秋雲」、第17駆逐隊(浦風、谷風、浜風、磯風)は損傷艦(翔鶴瑞鳳熊野筑摩)を護衛して日本に帰還し、各艦は11月6-7日に母港へ到着した[42]。休養・補給・人事異動後の11月21日、「嵐」「野分」は横須賀を出港して大分回航。23日、揚陸艦あきつ丸」を護衛して内地を出発し[43]、12月1日ラバウルへ到着した。到着後は外南洋増援部隊に編入され、「鼠輸送(ドラム缶輸送)」に従事した。

12月3日、第二水雷戦隊司令官田中頼三少将の指揮下、第二次輸送作戦(親潮、黒潮、陽炎、巻波、長波、江風、涼風、嵐、野分、夕暮)を実施するが、駆逐艦「巻波」が空襲により損傷した[44]。 12月7日、第15駆逐隊司令佐藤寅治郎大佐の指揮下で第三次輸送作戦(嵐、野分、長波、親潮、黒潮、陽炎、浦風、谷風、江風、涼風、有明)を実施するが、ガダルカナル島付近で米軍機の空襲を受ける[45][46]。前部機械室右舷至近に被弾し、機関長以下17名が戦死、航行不能となる[47]。「野分」は駆逐艦「長波」に曳航され、「嵐」「有明」の護衛下でショートランド泊地へ撤退した[48]。「野分」を曳航したのは「嵐」で、対空戦闘のたびに曳航中止となるため電源もなく航行不能の「野分」は小銃で対空射撃をするしかなかったという証言もある[49]。またショートランド泊地より秋月型駆逐艦「照月」も出動、深夜になり「野分」と合流した[50]。この第三次輸送作戦は失敗に終わった[51]。 12月10日、第4駆逐隊は原隊に編入される[52]。12月13日、「野分」は「舞風」に曳航され、「嵐」「谷風」の護衛下でショートランド泊地発、17駆「谷風」は途中で引き返し、第4駆逐隊3隻はトラック泊地へ向かった[53]トラック島泊地到着後は同地の浮きドックで外板の補修と左舷軸系の応急修理を実施した。

1943年(昭和18年)1月15日、鼠輸送従事中の「嵐」は米軍機の空襲で被弾損傷、「舞風」に曳航されてショートランド泊地に避退した[54]。2月4日、ガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)に従事していた第4駆逐隊「舞風」が空襲により損傷、長期修理を余儀なくされる。一方、「野分」はラビ方面の戦いで損傷した第27駆逐隊「白露」を護衛して内地へ帰投することになり、2月16日にトラック泊地を出発する[55]。だが悪天候により「白露」の損傷が拡大、2隻はサイパンへ退避した[56]。上級司令部の命令で「野分」は「白露」を残し横須賀へ帰投、「白露」は25日にサイパンを出港し3月2日に横須賀へ到着した[55]。 母港に戻った「野分」は東京石川島造船所で本格修理を実施した[57]。この間、2月20日、有賀幸作大佐が第4駆逐隊司令職を離れ、杉浦嘉十大佐が着任する(太平洋戦争開戦時の第17駆逐隊司令)[58]。「野分」の修理は7月25日に修理完成し、29日には横須賀港を出港[59]。31日、大和型戦艦武蔵」(連合艦隊長官古賀峯一大将座乗)、第五戦隊(妙高、羽黒)、空母「雲鷹」、軽巡「長良」、駆逐艦「」「初風」「野分」「白露」は内地を出発、8月5日トラック泊地へ到着した[60][61]。トラックに進出後は船団護衛任務についた。同時期の8月6日、駆逐艦4隻(萩風、嵐、江風時雨)によるコロンバンガラ島輸送作戦中、米軍駆逐艦6隻に奇襲されて「萩風」「嵐」「江風」が沈没、「時雨」のみ生還した(ベラ湾夜戦[62]。9月15日、陽炎型2隻(萩風、嵐)を失った第4駆逐隊に朝潮型駆逐艦山雲」が編入され、「野分」「舞風」「山雲」の3隻編制となる[63]

10月5日、連合艦隊司令長官は、第十四戦隊司令官伊澤少将(戦隊旗艦 軽巡「那珂」)を指揮官として、陸軍第十七師団の南東方面派遣任務『丁四号輸送部隊』の編成を下令した[64]。作戦に従事する戦力は、第十四戦隊(那珂、五十鈴)、軽巡2隻(木曾多摩)、駆逐艦4隻(野分、舞風山雲卯月《10月18日編入》)、輸送船団(栗田丸、日枝丸、護国丸、清澄丸)であった[64]。第三輸送隊(野分、舞風、日枝丸、栗田丸)は10月10日トラック発、17日上海着、人員3320名と軍需品を搭載した[64]。20日に出発してラバウルへ向かうが22日に「栗田丸」を米潜水艦に撃沈され、目的地をトラック泊地へ変更して30日に到着する[64]。連合艦隊は戦力の再編をおこない、「山雲」「日威丸」「神威丸」を第三輸送隊に編入、「那珂」指揮下の第二輸送隊に第17駆逐隊(磯風浦風)を編入した[64]。改編第三輸送隊は11月3日にトラックを出発したが、翌日米潜水艦の雷撃により「日枝丸」が損傷し、さらにラバウル空襲のため一旦トラックへ引き返し、7日に帰着する[64]。「日威丸」「神威丸」のラバウル進出は中止され、第4駆逐隊(野分、舞風、山雲)は「日枝丸」のみを護衛して9日トラックを出撃、12日ラバウルへ到着した[64]。11月17日、第4駆逐隊司令として磯久研磨大佐が着任する。

12月11日、「舞風」「野分」は第三戦隊(金剛榛名)を護衛してトラック出港[65]、16日午前10時に佐世保へ到着した[66]。2隻は横須賀へ回航され、18日以降横須賀で待機した[67]

太平洋戦争終盤の戦い[編集]

1944年(昭和19年)1月4日、重巡洋艦「愛宕」、駆逐艦「野分」「舞風」は横須賀を出港、9日トラック泊地着[68]。1月15日附で「舞風」「野分」は南東方面部隊に編入され、ラバウル方面の輸送任務に従事した[69]。2月12日、2隻はトラック泊地帰投。だが連合艦隊司令部はトラック泊地が空襲される事を予測し、2月10日の時点で戦艦「武蔵」以下主力艦艇を内地もしくはパラオへ退避させていた[70]。2月15日、第4駆逐隊3番艦の「山雲」は輸送船「浅香丸」を護衛してトラック泊地を出発した[71]。2月16日深夜、本土修理のためトラック泊地を出港した第十戦隊旗艦「阿賀野」が米潜水艦の雷撃で沈没する[72]。トラック泊地に有力な米軍機動部隊が接近しつつあり、米潜水艦はその先鋒であった。

1944年(昭和19年)2月15日、第4駆逐隊「山雲」は輸送船「浅香丸」を護衛してトラックを出港、サイパンへ向かった。16日、「野分」は「4205船団」の一艦として第4駆逐隊僚艦「舞風」と共に巡洋艦「香取」、特設巡洋艦「赤城丸」を護衛し、トラック諸島から内地へ帰還する予定だった[73]。だが予定は1日遅れ、乗員に上陸許可が出たり、艦上で映画上映(ドイツ映画「荒鷲」)がなされるなど、楽観的気運が漂っていた[74]。2月17日、午前4時30分に出港。午前5時よりトラック島空襲に遭遇する[75]。 第27駆逐隊(時雨、春雨)は北水道を通過し、空襲で損傷しつつも脱出に成功した[76]。だが第4205船団は逃げきれず、北水道通過後に米軍期に補足される[73]。空襲とその後の水上艦の砲撃により「香取」、「舞風」、「赤城丸」は撃沈される[73]。「舞風」と共に磯久第4駆逐隊司令も戦死した。「野分」は12時16分にレイモンド・スプールアンス司令官が指揮する米アイオワ級戦艦「ニュージャージー」、「アイオワ」、巡洋艦「ミネアポリス」、「ニューオーリンズ」を確認し[77]、12時51分に「ニュージャージー」の砲撃を受けた[78]。40cm砲弾3発が右90度300mに落着、100mもの水柱があがった[79]。「野分」は36ノットで回避行動を行いながら「ニュージャージー」の斉射を振りきって脱出した[80]。一連の戦闘で、「野分」は戦死者1名、重傷者3名を出した[81]。魚雷を発射するチャンスは全くなかったという[82]。なお「阿賀野」救援に向かっていた「那珂」はトラック泊地北水道で米軍機の反復攻撃を受け、14時すぎに沈没した[72]。サイパンに向かった「野分」は「山雲」と合流した後、2月24日横須賀港に帰港した[83][73]

横須賀帰投後の「野分」は第11水雷戦隊の指揮下に入った。第11水雷戦隊司令官高間完少将座乗の軽巡洋艦「龍田」以下、駆逐艦「野分」「朝風」「夕凪」「卯月」「平戸」をもって東松2号船団を護衛、サイパン・グアム方面への船団護衛任務に就く[84]。3月12日、船団及び護衛艦隊は木更津沖を出撃[85]。13日未明、旗艦「龍田」および輸送船「国陽丸」は米潜水艦「サンドラス」 (USS Sand Lance, SS-381) の雷撃により沈没する(国陽丸沈没3時29分、龍田沈没15時36分)[86]。「国陽丸」の運航指揮官近野信雄大佐が戦死。高間司令官は「龍田」より「野分」に移乗、「野分」を護衛艦隊旗艦とした[87]。「龍田」生存者は「平戸」及び駆逐艦「玉波」に分乗して横須賀へ帰投、軽巡洋艦「夕張」も「龍田」救援任務を中止して帰投した[88]。19日、「野分」以下輸送船団はサイパンに到着した[89]。23日、サイパンを出港して内地へ向かう[90]。途中、「宗谷」が機関故障で脱落した[91]。4月1日、護衛艦隊は横須賀に到着して輸送任務を終了した[92]

「野分」が船団護衛を行う間、第4駆逐隊に変化があった。3月25日、高橋亀四郎大佐が第4駆逐隊司令として着任し、「山雲」を司令艦とする[93]。3月31日、駆逐艦「満潮」が第4駆逐隊に編入される[94]。4月7日、「野分」は第11水雷戦隊旗艦任務を解かれた[95]。4月下旬、瀬戸内海で空母「飛鷹」の着艦訓練に同行した[96]

5月16日、第4駆逐隊は第二航空戦隊隼鷹飛鷹龍鳳)、第三航空戦隊千歳千代田瑞鳳)、戦艦「武蔵」を護衛してタウイタウイに到着する[97]。同地にて対潜哨戒、航空戦隊の訓練警戒等に従事する。6月10日より第4駆逐隊は渾作戦に参加した[98]。ソロン沖バチャン泊地に集結した艦隊は、攻撃部隊(大和、武蔵、妙高、羽黒、能代、沖波、島風、朝雲)、 輸送部隊(青葉、鬼怒、野分、満潮、山雲、津軽、厳島、第36号駆潜艇、第127号輸送艦)、補給部隊(第2永洋丸、第37号駆潜艇、第30号掃海艇)という規模であった。だが米軍のサイパン来襲にともない渾作戦は中止。艦隊は北上し、小沢機動部隊本隊に合流、6月18日-20日のマリアナ沖海戦に参加した[99]。「野分」は機動部隊乙部隊(指揮官城島高次少将、第二航空戦隊《隼鷹、飛鷹、龍鳳》、 戦艦長門、重巡最上、第4駆逐隊《満潮、野分、山雲》、第27駆逐隊《時雨五月雨》、第二駆逐隊《秋霜早霜》、第17駆逐隊《浜風》)に所属。19日、「野分」は空母「瑞鶴」搭乗員2名を救助、20日には空母「隼鷹」搭乗員3名を救助した[100]。日本海軍は主力空母3隻(大鳳翔鶴、飛鷹)等を撃沈されて大敗した。「野分」「山雲」は沖縄中城湾で「満潮」と合同[101]。船団護衛を行いつつダバオへ向かった[102]

7月1日、第4駆逐隊(満潮、野分、山雲)は戦艦「扶桑」を護衛してフィリピンミンダナオ島ダバオを出発[103]。2日から7日までボルネオ島タラカンに滞在したのち、8日タラカン発[104]、14日高知県宿毛湾到着、15日横須賀帰投[105]。 この間の7月10日、第4駆逐隊に駆逐艦「朝雲」が編入され、定数4隻(野分、満潮、山雲、朝雲)を回復した[106]。「野分」は母港で整備修理をおこなう。 7月30日、空母「瑞鳳」、第61駆逐隊(初月、秋月)、第4駆逐隊(野分、山雲)は小笠原諸島硫黄島方面への輸送作戦に従事する[107][108]。8月2日、「瑞鳳」護衛任務を終えて横須賀着、駆逐隊司令艦を「満潮」に変更した[109]。輸送船「帝洋丸」を護衛して佐世保へ移動後に戦艦「榛名」と合同、8月15日に佐世保を出港して21日シンガポール到着[110]。以後、リンガ泊地で訓練に従事した。

レイテ沖海戦[編集]

レイテ沖海戦において、第4駆逐隊は分散配備された。高橋司令指揮下の3隻(満潮、朝雲、山雲)は西村祥治少将率いる『西村艦隊』(旗艦山城扶桑最上時雨)に所属しており、「野分」とは別行動でレイテ湾突入を目指した。「野分」のみ単艦で第十戦隊(司令官木村進少将:旗艦矢矧)直属となり、第17駆逐隊(浦風磯風雪風浜風)と共に第一遊撃部隊(栗田艦隊)第二部隊(指揮官兼第三戦隊司令官鈴木義尾中将:戦艦金剛榛名)に加わって参加した[111]。 10月23日、栗田艦隊は米潜水艦複数隻の襲撃を受け、司令長官栗田健男中将座乗の重巡「愛宕」、姉妹艦「摩耶」が沈没、重巡「高雄」は大破して駆逐艦「長波」「朝霜」及び水雷艇「鵯」の援護下で撤退する。10月24日、栗田艦隊は米軍機動部隊艦載機の空襲を受ける。「野分」は第二部隊輪形陣の先頭に配置されていた。この対空戦闘で戦艦「武蔵」が沈没、重巡洋艦「妙高」が被雷して撤退、駆逐艦「清霜」「浜風」が「武蔵」生存者救助のため分離する。第17駆逐隊は「浜風」の分離で一時的に3隻(浦風、雪風、磯風)になったため、「野分」が「浜風」の代艦として行動する。

10月25日未明のレイテ沖海戦スリガオ海峡夜戦で西村艦隊は「時雨」1隻を残して全滅、第4駆逐隊3隻(満潮、朝雲、山雲)も沈没した。10月25日午前7時以降、栗田艦隊は米軍護衛空母部隊と遭遇し追撃戦となる(サマール島沖海戦)。第十戦隊(矢矧、浦風、磯風、雪風、野分)は米護衛空母群に対し多数の酸素魚雷を発射するが、遠距離雷撃のため1本も命中しなかった[112]。米軍駆逐艦撃沈後、「矢矧」は「野分」に漂流しているアメリカ兵を救助したか尋ねたが、「野分」は「収容セズ」と返答している[113]。 この一連の戦闘において、司令官白石万隆少将率いる第七戦隊(最上型重巡洋艦熊野鈴谷》、利根型重巡洋艦利根筑摩》)は大きな損害を受けた。「熊野」は艦首に被雷し戦闘不能。「鈴谷」は酸素魚雷に誘爆して沈没[114]。「筑摩」は雷撃を受けて航行不能となる[115]。当初は「雪風」が救援に赴く予定だったが、「野分」に変更されたという。「野分」は「筑摩」救援のため栗田艦隊から分離した[116]。11時20分、「野分」は戦艦「大和」座乗中の栗田艦隊司令部に「筑摩」の位置を問い合わせている[117]

その後「野分」は「筑摩」乗員救助を行い、同艦を雷撃処分する(既に沈没していたとも)。撤退する「大和」以下栗田艦隊本隊から遅れたため、10月25日の深夜にサンベルナルジノ海峡手前でウィリアム・ハルゼー・ジュニア提督率いる米高速戦艦部隊(ニュージャージーアイオワ基幹、軽巡3隻、駆逐艦8隻)に捕捉される[118]。米軍は「野分」を巡洋艦もしくは大型駆逐艦と判断していた[119]。「野分」は巡洋艦「ヴィンセンス」、「ビロックス」、「マイアミ」、駆逐艦「オーエン」、「ミラー」によるレーダー射撃を受け大破[120]。最後は駆逐艦魚雷を受け沈没した。艦長以下272名[121]全員が戦死[122]。「野分」に乗艦していた120-130名の「筑摩」乗員[123]も、米軍に救助された1名以外同じ運命を辿った。米軍によれば、沈没地点北緯13度0分 東経124度54分 / 北緯13.000度 東経124.900度 / 13.000; 124.900。同戦闘では、重巡洋艦「鳥海」沈没後救助にあたった駆逐艦「藤波」も撃沈され、2隻とも総員行方不明となった。

1945年(昭和20年)1月10日、駆逐艦「野分」は 不知火型駆逐艦[124]、 帝国駆逐艦籍[125] のそれぞれから除籍された。全滅した第4駆逐隊も解隊された[126]

公試成績[編集]

時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 2,528t 52,170shp 35.1kt 1941年(昭和16年)4月19日 宮津湾沖経ヶ崎標柱間 全力公試

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 古閑孫太郎 中佐:1940年11月15日[127] - 1941年4月9日[128]
駆逐艦長
  1. 古閑孫太郎 中佐:1941年4月9日[128] - 1943年4月10日[129]、以後1943年6月10日まで駆逐艦長の発令無し。
  2. (兼)荒木政臣 少佐:1943年 6月10日[130] - 1943年6月25日[131] (本職:旗風駆逐艦長)
  3. 荒木政臣 少佐:1943年6月25日[131] - 1943年7月3日[132]
  4. 神田武夫 中佐:1943年7月3日[132] - 1943年12月25日[133]
  5. 守屋節司 中佐/大佐:1943年12月25日[133] - 1944年10月25日 戦死、同日付任海軍少将[134]

脚注[編集]

  1. ^ a b c #昭和16年6月30日現在艦船要目公表範囲p.20『艦名:野分|艦種:一等驅逐艦|(性能略)|製造所:舞鶴工廠|起工年月日14-11-8|進水年月日15-9-17|竣工年月日16-4-28|(兵装略)』
  2. ^ #達昭和15年8月p.19『達第百六十七號 艦艇製造費ヲ以テ昭和十四年度及同十五年度ニ於テ建造ニ着手ノ練習巡洋艦一隻、驅逐艦二隻、潜水艦二隻、測量艦一隻及驅潜艇一隻ニ左ノ通命名ス 昭和十五年八月三十日海軍大臣吉田善吾|三菱重工業株式会社横濱船渠ニ於テ建造 練習巡洋艦 香椎(カシヒ)|株式会社藤永田造船所ニ於テ建造 驅逐艦 谷風(タニカゼ)|舞鶴海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 野分(ノワキ)|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 伊號第三十三潜水艦|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 伊號第三十九潜水艦|三菱重工業株式会社横濱船渠ニ於テ建造 測量艦 筑紫(ツクシ)|鶴見製鉄造船株式会社ニ於テ建造 第十六驅潜艇』
  3. ^ #内令昭和16年4月(5)pp.44-45『内令第四百四十八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十六年四月二十八日海軍大臣及川古志郎|第四驅逐隊ノ項中「萩風」ノ下ニ「、野分」ヲ加フ』
  4. ^ #内令昭和16年3月(3)p.2『内令第二百七十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十六年三月三十一日海軍大臣及川古志郎|第三驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ||第四驅逐隊|嵐、萩風|』
  5. ^ #内令昭和16年7月(1)pp.8-9『内令第七百五十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十六年七月一日 海軍大臣及川古志郎|第四驅逐隊ノ項中「、野分」ヲ削ル』-『内令第七百五十四號|横須賀鎮守府練習兼警備驅逐艦 驅逐艦 野分 右警備驅逐艦ト定メラル(以下略)昭和十六年七月一日 海軍大臣及川古志郎』
  6. ^ #内令昭和16年9月(1)p.5『内令第千號 横須賀鎮守府警備驅逐艦|驅逐艦 野分 驅逐艦 舞風|右練習兼警備驅逐艦ト定メラル|昭和十六年九月一日 海軍大臣及川古志郎』
  7. ^ #内令昭和16年10月(4)p.19『内令第千三百七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十六年十月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「萩風」ノ下ニ「、野分、舞風」ヲ加フ』
  8. ^ #戦艦大和最後の艦長104頁
  9. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録212頁
  10. ^ #戦艦大和最後の艦長96頁
  11. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』10頁
  12. ^ #撃沈戦記137頁
  13. ^ #戦艦大和最後の艦長120頁
  14. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦512頁『対英駆、米巡合戦図』
  15. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦513頁
  16. ^ #撃沈戦記143頁
  17. ^ #撃沈戦記144-145頁
  18. ^ #戦艦大和最後の艦長125頁
  19. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(1)p.16『一.本作戦開始直前ニ於ケル艦隊編制及兵力部署』
  20. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(2)p.28『0745司令部移乗ノタメ駆逐艦野分近接ス』
  21. ^ #戦艦大和最後の艦長153頁
  22. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(1)p.40『0746司令部ハ長良ニ移乗ス』
  23. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(1)p.40『1038御真影ヲ駆逐艦野分ニ移シ奉リ…』
  24. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(1)p.40『1625総員退去1700駆逐艦嵐野分ニ移乗ヲ開始ス』
  25. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(3)p.9『1930/赤城、嵐野分ニ移乗終了(艦長副長嵐ニ移乗ス)』
  26. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』20頁
  27. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(4)p.47『(ハ)人員(戦死者) 赤城|准士官以上8名、下士官兵213名、計221名』
  28. ^ #第1航空艦隊戦闘詳報(1)p.40『1925GF長官ヨリ「処分待テ」ノ命令アリテ待機中6日0150GF長官ヨリ「処分セヨ」ノ令ニヨリ0200自沈ス』
  29. ^ #駆逐艦隊悲劇の記録82頁
  30. ^ #戦艦大和最後の艦長171頁
  31. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(1)pp.54-55『8月16/佐五特派遣隊(200名)「タイボ」ニ揚陸成功、第4駆ハ佐五特揚陸後「ルンガ」方面ヲ砲撃海上「トラック」2撃沈3ヲ大破ス、萩風空襲ニ依リ損傷ヲ受ク』
  32. ^ #第11戦隊日誌(2)p.8『1339比叡ノ直衛野分ハ敵潜ヲ発見攻撃セルモ後刻調査ノ結果航法目標弾ナリシガ如シ』
  33. ^ #第11戦隊日誌(2)p.35『8月24日1650航空部隊指揮官/千歳至近弾2発左舷機浸水使用不能出ウル最大速力16節左舷後部小浸水小火災人力操舵中』
  34. ^ #第11戦隊日誌(3)p.7『9月1日1312GF長官/野分ハ東亜丸(1日1300トラック発)ノ「ラボール」往復ヲ護衛スベシ』
  35. ^ #戦艦大和最後の艦長192頁
  36. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(2)p.39『日進、野分、舞風|10-3|陸兵300、十五榴4、野砲2、牽引車5、糧食ヲ「タサハロング」ニ揚陸セリ』
  37. ^ #日進戦闘詳報(1)p.39『10月3日1805 8F参謀長/本日ノ日進ニ対スル敵機来襲ニ鑑ミ明朝ノ同船引揚ヲ掩護スル為黎明時迄ニ合同スル如ク秋月ヲ派遣サレ度内意ナリ』
  38. ^ #日進戦闘詳報(1)pp.7,41-44『秋月ハ4日黎明救援ニ来ル』
  39. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(2)p.40『第19駆(2小隊欠)、野分、舞風、秋雲、巻雲|10-6|速射砲4、聯隊砲2、陸兵550、舞四特150、其他弾薬糧秣ヲ「タサファロング」ニ揚陸ス』
  40. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(2)p.41『第15駆(陽炎欠)、龍田、野分、舞風|10-9|陸兵732、龍田、野分、舞風ニ分乗聯隊砲2其他ヲ搭載「タサファロング」ニ揚陸ス』
  41. ^ #戦艦大和最後の艦長192頁
  42. ^ #S1711七戦隊日誌(1)p.22『11月1日1717第三艦隊司令長官/一.左ノ各艦(隊)ハ左記ニ依リ内地ニ帰投修理整備作業ニ任ズベシ (1)回航地 艦名:横須賀 翔鶴、第四駆逐隊(萩風欠)、秋月 呉:熊野、筑摩、第十七駆逐隊第1小隊、秋雲 佐世保:瑞鳳、第十七駆逐隊第2小隊 (2)行動(イ)11月2日1400以後「トラック」発各回航地毎ニ先任艦長指揮シ回航スルモノトス。但シ呉佐世保ニ回航スルモノハ途中迄同一行動ヲ執リ分離時迄瑞鳳艦長指揮スベシ(以下略)』
  43. ^ #S1709呉鎮日誌(5)p.29『23日0735呉防戦司令官(略)一.あきつ丸(陸軍重要船舶)嵐、野分24日0830深島南下針路158度速力17節(略)』
  44. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(2)p.6『第二次「ガ」島輸送|2sd司令官|15dg(親潮黒潮陽炎)、31dg(巻波長波)、24dg(江風涼風)、4dg(嵐野分)、夕暮|三日|巻波空爆ニ依リ損傷』
  45. ^ #昭和17年9月~第8艦隊日誌(3)p.60『4dg(嵐、野分)長波、15dg(親潮黒潮陽炎)、17dg(浦風谷風)、24dg(江風涼風)有明|12-7|第三次「ドラム」罐輸送ヲ実施セントセシモ途中敵機ノ来襲及泊地ニ於ケル魚雷艇ノ為遂ニ揚陸ヲ断念ス、戦果艦爆5艦戦1魚雷艇1、被害野分航行不能、嵐小破』
  46. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(2)p.6『第三次「ガ」島輸送|15dg司令|15dg(d×3)、長波、有明、24dg(d×2)、4dg(d×2)|七日|野分空爆ニ依リ大破魚雷艇ノ妨害ニ依リ揚陸セズ』
  47. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(4)p.7『敵空襲ニ依ル損害(略)野分被弾前機及三缶室満水航行不能、戦死機関長以下17、嵐至近弾ニ依リ小損』
  48. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(2)p.14『12月7日(略)四.輸送部隊敵機16機ト交戦、黒潮撃墜1、野分被弾航行不能、戦死機関長以下17名、嵐小損|五.野分ハ長波之ヲ曳航、嵐及有明(千歳搭乗員2収容)護衛ショートランドニ引返ス(略)』
  49. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』35頁
  50. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(2)p.15『八.照月1900「ショートランド」発2330野分ニ合同護衛ニ任ズ』
  51. ^ #戦艦大和最後の艦長200頁
  52. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(3)p.30『前進部隊指揮官/10日0713/一.4dg(萩風缺)ヲ原隊ニ編入ス|二.4dg(萩風缺)ハ嵐現任務終了後舞風野分ヲ曳航嵐之ヲ護衛トラックニ回航スベシ』
  53. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(2)p.18『12月13日|一.1000津軽浦風ラバウルニ向ケショートランド発|二.1200損傷艦野分ヲ舞風曳航シ嵐護衛ノ下ニトラックニ向ケショートランド発、谷風ヲシテ北口外方30浬迄護衛ニ協力セシム』
  54. ^ #戦艦大和最後の艦長211頁
  55. ^ a b #昭和17年12月~四水戦日誌(4)p.10『白露ハ「トラック」ニ於テ応急修理ノ上16日「トラック」発(野分ト同航同駆逐艦長ノ指揮ヲ受ク)18日荒天ノ為損傷部ノ一部破損シ19日「サイパン」ニ入港応急工事ヲ実施25日「サイパン」発単独佐世保ニ回航ス』-p.57『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  56. ^ #昭和17年12月~四水戦日誌(4)p.38『19日1200野分/1200野分、白露「サイパン」着』
  57. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』37頁
  58. ^ #戦艦大和最後の艦長220頁
  59. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』63頁
  60. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)360-361頁『聯合艦隊長官のトラック進出と東方邀撃任務の解除』
  61. ^ #S1712五戦隊日誌(2)p.32『「トラック」進出中ノ軍隊区分左ノ通』
  62. ^ #戦艦大和最後の艦長235頁
  63. ^ #内令昭和18年9月(4)p.28『内令第千九百三十六號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年九月十五日海軍大臣嶋田繁太郎|第四駆逐隊ノ項中「舞風」ノ下ニ「、山雲」ヲ加フ』
  64. ^ a b c d e f g #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)436-438頁『第十七師団の南東方面への派遣』
  65. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(1)p.6『(チ)4dg(野分、舞風)11日「トラック」発佐世保迄3Sノ護衛ニ任ズ』
  66. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(1)p.30『16日1203将旗3S/第三戦隊、第四駆逐隊(野分舞風)佐世保着』
  67. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(1)p.47『16日1000野分舞風佐世保着、1115野分舞風横須賀ニ向ケ佐世保発/18日0830野分舞風横須賀着』
  68. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(2)p.36『5日/0900野分舞風トラックニ向ケ横須賀発||9日1000野分舞風トラック着』
  69. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(2)p.5『(カ)4dg15日附南東方面部隊ニ編入セラル』-p.10『四.麾下艦船部隊ノ行動』
  70. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)615頁『聯合艦隊のトラック退避』
  71. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(3)p.5『(ト)山雲、浅香丸ヲ護衛15日「トラック」発「サイパン」ヲ経テ23日横須賀着』
  72. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)623頁『「那珂」の戦闘状況』
  73. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)622-623頁『四二一五船団の戦闘状況』
  74. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』99頁
  75. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』102頁
  76. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)624頁『第二十七駆逐隊の戦闘情況』
  77. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』126頁
  78. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』130頁
  79. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』131頁
  80. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』135頁
  81. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(3)p.21『17日2245野分/野分戦闘概報2月17日|一.4215船団0500ヨリ1400迄トラック北口ニ於テ敵飛行機延200機ト交戦1200迄ニ赤城丸沈没、舞風航行不能、香取大火災、1210敵戦艦2隻重巡2隻ノ砲撃ヲ受ケ西方ニ避退、以後船団ノ消息不明|二.浅香丸船団ニ合同スル如ク行動ス|三.残弾主砲58機銃3185|四.弾片ニ依リ二番聯管電気装置全部故障其ノ他戦闘航海ニ支障ナシ、戦死1重傷3』
  82. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』136頁
  83. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(3)p.6『(ヌ)4dg(舞風野分)赤城丸護衛17日「トラック」発内地回航中「トラック」礁外ニ於テ敵機並ニ敵戦艦部隊ト交戦舞風沈没野分避退、野分ハ「サイパン」ニ於テ浅香丸船団ニ合同爾後横須賀迄之ガ護衛ニ任ズ』
  84. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.5『二計画(一)任務企図(イ)三月七日附機密横鎮命令作第347號及同178號第168號ニ依リ龍田、野分、朝風、夕凪、卯月、平戸(横鎮電令作第202號ニ依リ途中ヨリ缺)掃20、巨済、測天ヲ以テ乙直接護衛隊ヲ、又国陽丸、第一眞盛丸、アトランチック丸、美保丸、但馬丸、大天丸、対馬丸、柳河丸、高岡丸、玉鉾丸、安房丸、日美丸ヲ以テ船団部隊ヲ編制之等ヲ東松二號船団ト呼称、第十一水雷戦隊司令官之ガ指揮官ヲ命ゼラレ旗艦龍田ニ乗艦(以下略)』
  85. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.10『12日0400船団木更津沖集合地出撃』
  86. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.26『附圖第一(昭和十九年三月十三日)』
  87. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)pp.10-11『13日/0314龍田国陽松雷撃ヲ受ク(八丈島ノ247度40浬)船団ハ緊急右45度一斉回頭ンテ回避(略)0630一時将旗ヲ野分ニ移揚ス船団ハ青ヶ島ノ南方ヲ経テ第二航路ヲ取ル野分一戦速ニテ船団ニ追及平戸卯月ハ制圧ヲ続行ス(以下略)』
  88. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)pp.52-53『13日1846横鎮長官/龍田沈没ニ関係夕張ハ現任務中止横須賀ニ回航(哨46護衛)ノコトニ取計ハレ度』-『13日2001玉波/遭難者274名(内准士官以上10名)卯月ヨリ移乗完了、横須賀ニ向ケ現地発明14日0600着ノ予定』-『13日2031横鎮/一.卯月ハ敵情ヲ得ザラバ敵潜掃蕩ヲ中止原隊ニ追及復帰スベシ、二.平戸ハ遭難者ヲ横須賀ニ上陸セシメタル後原任務ニ復帰スベシ』
  89. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.15『19日/(略)0725水偵1機不時着卯月之ヲ曳航|1356野分港内ニ入ル|1506船団全部入港』
  90. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.17『24日/0500船団「サイパン」出撃』
  91. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.18『26日/1300宗谷缶故障続行不能、巨済、那智丸(特砲艦)ヲ對シ父島ニ直行セシム(28日1230着)』
  92. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(3)p.21『4月1日/横須賀/(略)1120護衛艦艇全部横須賀ニ入港』
  93. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(3)p.9.11『3月25日/一.新司令(高橋大佐着任)|二.山雲四駆司令駆逐艦トナル(略)』
  94. ^ #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八驅逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二驅逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  95. ^ #昭和18年12月~11水戦日誌(4)p.5『四.麾下艦船並ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動』
  96. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(6)p.8『4月23日0630飛鷹着艦訓練警戒艦トシテ出港1500錨地着』
  97. ^ #昭和18年12月~第10戦隊日誌(6)pp.4-5『(ロ)第四駆逐隊(満潮、野分、山雲)(略)11日2sf3sf武蔵ノ警戒ニ任ジツツ「タウイタウイ」ニ向ケ同地発12日中城湾ニ仮泊燃料補給ノ上即日同地発16日「タウイタウイ」着…』
  98. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(6)p.39『6月10日/渾部隊(一戦隊)ヲ護衛バチヤンニ出撃』-『11日/1400受領KDB電令作第三号ニ依リ渾部隊ニ編入サル』-『12日/0845バチヤン着(略)司令駆逐艦ヲ野分ニ変更ス』
  99. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(6)pp.48-49『13日1732GF長官/GF電令作第147号 渾作戦ヲ一時中止シ第一戦隊(長門欠)、第五戦隊、第二水雷戦隊(能代島風沖波)、第十駆逐隊、第四駆逐隊(野分山雲)ヲ原隊ニ復帰ス』
  100. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(6)p.41『6月19日(略)0914瑞鶴搭乗員2名救助』-『20日(略)1940隼鷹攻撃隊搭乗員3名救助』
  101. ^ #昭和19年6月第10戦隊日誌p.6『(2)野分、山雲(略)22日中城湾着23日満潮ト合同司令駆逐艦ヲ同艦ニ復帰ス』
  102. ^ #昭和19年6月第10戦隊日誌pp.5-6『(1)満潮(略)23日中城湾入泊司令駆逐艦ヲ満潮ニ復帰補給ノ上即日雄鳳丸船団(雄鳳丸、万栄丸、栄邦丸)護衛艦トシテ之ニ合同ノ為、野分山雲ト共ニ「ギマラス」ニ向ケ中城湾発26日「ギマラス」着28日雄鳳丸船団護衛ノ任ヲ解カレ扶桑ニ合同スベク「ダバオ」ニ向ケ「ギマラス」発途中6度48.6分北120度36.5分東ニ於テ対潜哨戒機ノ発見セル敵潜ニ対シ爆雷攻撃ヲ加ヘタルモ効果不明29日「ダバオ」着扶桑ニ合同警戒待機ニ任ズ』
  103. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(7)p.3『7月1日0445「ダバオ」発扶桑ヲ護衛シ「タラカン」ニ向フ』、p.11『5日1320将旗1KdB/(略)二.扶桑ハ呉ニ回航機銃増備其ノ他整備工事ノ上四駆扶桑艦長ノ指揮ヲ受ケ護衛ニ任ジタル後横須賀ニ回航速ニ修理整備ノ上出撃準備ヲ完成スベシ、爾後ノ行動ハ追テ令ス』
  104. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(7)p.4『8日0645横須賀ニ向ケ発扶桑護衛』
  105. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(8)p.6『14日0900宿毛湾入港扶桑ヨリ燃料補給終了後扶桑ト解列、1215宿毛湾出港4dg(朝雲欠)横須賀回航|15日1000横須賀入港』
  106. ^ #内令昭和19年7月p.13『内令第八三八號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年七月十日海軍大臣|第四駆逐隊ノ項中「満潮」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第十駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  107. ^ #昭和18年12月~第4駆逐隊日誌(7)p.8『30日/0900出港瑞鳳護衛』、p.13『29日1353瑞鳳/瑞鳳、61dg(涼月、若月欠)、4dg(山雲、野分)ハ30日0900横須賀発概ネ船団ノ50浬圏内ヲ機宜行動船団行動変化ナケレバ左ノ如ク行動ス(略)』
  108. ^ #昭和19年7月~第10戦隊日誌(1)p.5『(2)野分、山雲 山雲入渠セザリシ外両艦共27日迄ノ経過概ネ満潮ト同断28日横鎮乙直接護衛部隊ニ編入30日初月秋月ト共ニ瑞鳳警戒艦トシテ父島方面ニ向ケ横須賀発輸送ノ護衛ニ任ズ』
  109. ^ #昭和19年7月~第10戦隊日誌(2)pp.4-5『(ニ)第四駆逐隊(1)満潮野分山雲 野分山雲乙直接護衛部隊ニ編入中ノ所2日横須賀着同日附同部隊ヨリ除カレ機動部隊本隊ニ復帰ス尚同日附司令駆逐艦ヲ満潮ニ変更セリ』
  110. ^ #昭和19年7月~第10戦隊日誌(2)p.5『15日榛名ノ警戒艦トシテ佐世保発21日昭南着電探改装工事施行ノ上満潮山雲25日野分27日夫々昭南発「リンガ」ニ回航爾後同方面ニアリテ訓練警戒待機ニ従事ス31日訓練ノ為出動セリ尚10日附機動部隊本隊ヲ除カレ第一遊撃部隊ニ編入セラレタリ』
  111. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.4『(ハ)第七戦隊(旗艦熊野、鈴谷、筑摩、利根)ハ第一遊撃部隊ノ第二部隊(3S、7S、10S《旗艦矢矧、17dg、野分》及清霜)ニ属シ第一部隊ト共ニ1YB主力トシテ「シビアン」海経由「サンベルナルヂノ」海峡突破「レイテ」泊地突入ヲ企図ス』
  112. ^ #昭和19年10月第17駆詳報p.11『0915浦風(4本)磯風(8本)雪風(4本)野分(発射雷数不明)ノ順ニ発射(以下略)』
  113. ^ #矢矧捷1号詳報(3)pp.4-5『1056将旗10S→野分/光/捕虜ヲ収容セラレシヤ』-『野分→10S/光/収容セズ』
  114. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.43『(二)鈴谷ハ旗艦任務中至近弾ニヨル火災ノ為魚雷大誘爆後航行不能トナリ火災拡大被害累増シ1322沈没、艦長以下415名ハ沖波ニ収容セラレ「マニラ」ニ到着セリ』
  115. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.8『0853筑摩敵機ノ襲撃ヲ受ケテ艦尾被害大舵故障ニテ分離ス、利根ハ羽黒《5S旗艦》ト共ニ敵空母ヲ猛攻シツツ進撃ス』-p.9『1020筑摩ハ微速航行中ノ模様ニシテ敵十数機ノ襲撃ヲ受ツツアリ(約二十分後野分ヲ警戒ニ派遣セラレタルモ両艦共消息不明)』
  116. ^ #矢矧捷1号詳報(3)p.5『1105将旗10S→野分/筑摩ノ警護艦トナレ』
  117. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.32『1120野分→1YB/筑摩ノ位置知ラサレ度』-『1142将旗1YB→野分通報 筑摩「野分ハ筑摩ノ警戒艦トナレ筑摩ノ位置「タクロバン」ノ85度125浬1120」』
  118. ^ #ニミッツの太平洋海戦史348頁
  119. ^ #S士官の手記続篇p.8『尚「戦時下ノ我海軍」ト題スル米作戦部長「アーネスト・J・キング」提督ノ公式報告書ニ依レバ米第三艦隊「ハルゼー」ノ派遣セル快速戦艦部隊ハ朝/26「サンベルナルヂノ」海峡入口ニ到達シ日本艦隊ノ落伍艦(巡洋艦又ハ大型駆逐艦)ヲ撃沈セリト明確ニ記録サレアリ之恐ラクハ筑摩、野分ナラント推察セラル』
  120. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』232頁
  121. ^ 『駆逐艦「野分」物語』p293より272名とした。また140名とする資料もあるがこの場合陽炎型の定員(239名)に比べて人数が少なすぎる。
  122. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.43『(三)筑摩ハ25日0724旗艦熊野損傷後一時利根ヲ指揮シツツ敵ヲ急追大ニ戦果ヲ挙ゲツツアリシガ雷撃機ノ来襲ヲ受ケ0853被雷速力急減シ分離尓後数次ニ亘ル敵機ノ攻撃ヲ受ケタルモノノ如ク1120野分ヲ之ガ警備ニ分派セラレタルモ其ノ後両艦共消息ナク全員壮烈ナル最後ヲ遂ゲタルモノト認ム』
  123. ^ 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』221頁、林義章(筑摩4番主砲砲員)談。
  124. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.2『内令第一六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年一月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「八十島」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「神鷹、」、同敷設艦ノ部中「、厳島」ヲ削ル 驅逐艦、一等峯風型ノ項中「、秋風」ヲ、同「卯月型 卯月、夕月」ヲ、初雪型ノ項中「曙、」ヲ、同初春型ノ項中「初春、」ヲ、同満潮型ノ項中「満潮、朝雲、山雲、」ヲ、同不知火型ノ項中「、浦風」「、野分」ヲ、同夕雲型ノ項中「長波、濱波、沖波、岸波」「、早霜、秋霜」ヲ、同秋月型ノ項中「、若月、霜月」ヲ、同「 島風」ヲ削ル(以下略)』
  125. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10『内令第二九號|横須賀鎮守府在籍 軍艦厳島|呉鎮守府在籍 軍艦八十島|舞鶴鎮守府在籍 軍艦神鷹|右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 曙、驅逐艦 満潮、驅逐艦 朝雲、驅逐艦 山雲、驅逐艦 野分、驅逐艦 早霜、驅逐艦 秋霜、驅逐艦 若月、驅逐艦 霜月|呉鎮守府在籍 驅逐艦 浦風、驅逐艦 島風|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 秋風、驅逐艦 卯月、驅逐艦 夕月、驅逐艦 初春|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 長波、驅逐艦 濱波、驅逐艦 沖波、驅逐艦 岸波|右帝国驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣』
  126. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|第七驅逐隊ノ項中「曙、」ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「浦風、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「初春、」ヲ削ル|第三十驅逐隊及第三十一驅逐隊ノ各項ヲ削ル|第四十一驅逐隊ノ項中「霜月、」及「、若月」ヲ削ル』
  127. ^ 昭和15年11月15日付 海軍辞令公報 (部内限) 第555号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072079400 で閲覧可能。
  128. ^ a b 昭和16年4月9日付 海軍辞令公報 (部内限) 第613号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072080700 で閲覧可能。
  129. ^ 昭和18年4月10日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1090号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072090500 で閲覧可能。
  130. ^ 昭和18年6月12日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1143号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072091600 で閲覧可能。
  131. ^ a b 昭和18年6月25日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1158号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072091700 で閲覧可能。
  132. ^ a b 昭和18年7月5日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1165号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072092000 で閲覧可能。
  133. ^ a b 昭和18年12月27日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1287号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072094900 で閲覧可能。
  134. ^ 昭和20年3月13日付 秘海軍辞令公報 甲 第1744号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072103800 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13071997700 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C12070107500 『昭和15年1月~12月達/8月』。
    • Ref.C12070150000 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年3月(3)』。
    • Ref.C12070150500 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年4月(5)』。
    • Ref.C12070151900 『昭和16年5月~8月内令2巻/昭和16年7月(1)』。
    • Ref.C12070152800 『昭和16年9月~10月内令3巻/昭和16年9月(1)』。
    • Ref.C12070153600 『昭和16年9月~10月内令3巻/昭和16年10月(4)』。
    • Ref.C12070180700 『昭和18年9~10月内令4巻/昭和18年9月(4)』。
    • Ref.C12070196900 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。
    • Ref.C12070195500 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年7月』。
    • Ref.C12070503600 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。
    • Ref.C08030023800 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(1)』。
    • Ref.C08030023900 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(2)』。
    • Ref.C08030024000 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(3)』。
    • Ref.C08030024100 『昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(4)』。
    • Ref.C08030051500 『昭和17年7月14日~昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030051600 『昭和17年7月14日~昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030022500 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030022600 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030022700 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030022800 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030022900 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030768400 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030325900 『昭和17年9月1日~昭和17年12月31日 呉鎮守府戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030586700 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030099600 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030099700 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030099800 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030099900 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030116300 『昭和17年12年1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030044800 『昭和17年12月1日~昭和18年11月2日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030145500 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030145800 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。(昭和19年4月野分戦時日誌)(昭和19年6月野分戦時日誌)
    • Ref.C08030145900 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。(昭和19年7月野分戦時日誌)(昭和19年4月満潮戦時日誌)
    • Ref.C08030146000 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。(昭和19年7月満潮戦時日誌)
    • Ref.C08030126900 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030127000 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030127100 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030050000 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030050100 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030050200 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030050300 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030050400 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030050500 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日第10戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030724100 『昭和19年6月1日~昭和19年6月30日 第10戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030050800 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日第10戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030050800 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日第10戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030050800 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日第10戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030589300 『昭和19年10月22日~昭和19年10月28日 第17駆逐隊戦闘詳報』。
    • Ref.C08030577600 『昭和19年10月22日~昭和19年10月28日 軍艦矢矧捷1号作戦戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030577700 『昭和19年10月22日~昭和19年10月28日 軍艦矢矧捷1号作戦戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030577800 『昭和19年10月22日~昭和19年10月28日 軍艦矢矧捷1号作戦戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030037100 『昭和19年10月20日~昭和19年10月28日 捷号作戦戦闘詳報(比島方面決戦)(6)/自昭和十九年十月二十三日至同年十月二十六日 第七戦隊戦斗詳報(菲島沖海戦ヲ含ム)第七戦隊司令部』。
    • Ref.C14061106400 『昭和19捷1号作戦に於ける2YBの比島 「クラーク」地区防衛作戦経過概要/S士官の手記続篇史実調査部』。
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 倉橋友二郎 『駆逐艦隊悲劇の記録 海ゆかば・・・』 徳間書店、1967年6月。 著者は1941年9月~1942年9月まで駆逐艦「萩風」砲術長勤務。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 永井喜之・木俣滋郎 『新戦史シリーズ 撃沈戦記』 朝日ソノラマ、1988年10月。ISBN 4-257-17208-8
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0461-X
  • 生出寿 『戦艦「大和」最後の艦長 海上修羅の指揮官』 光人社、1996年12月。ISBN 4-7698-2143-3
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』(光人社、1997) ISBN 4-7698-0803-8
     著者は1943年12月から1944年9月まで「野分」航海長勤務。
  • 佐藤清夫『駆逐艦「野分」物語』(文庫版)光人社、2000年 ISBN 4-7698-2408-4

関連項目[編集]