サボ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サボ島とガダルカナル島(南側)とフロリダ諸島(北東側)
」はIronbottom Soundに沈んだ船の位置

サボ島(サボとう、Savo Island)は、ソロモン諸島の面積31km2の小さな火山島。サボ島はガダルカナル島北端の北東にある。ガダルカナル州(Guadalcanal Province)に属する。第二次世界大戦ガダルカナル島へ向かう日本の輸送部隊の護衛艦隊と、アメリカ合衆国海軍との間で数次にわたる戦闘(サボ島沖海戦)が行われたことで知られる。

サボ島沖に沈んだ艦船は多く、アイアンボトム・サウンド(英語ではIronbottom Sound)(鉄底海峡)とあだ名される。70年以上がたつ現在でも海底に沈んだ船から流出した原油による海水汚染が問題になっているほどである。

直近では1835年から1850年噴火した。その前は1568年に噴火している。

言語[編集]

この島では固有の言語であるサヴォサヴォ語が話されてきたが、近年若年層の話者人口は減少する傾向にある。

座標: 南緯09度08分00秒 東経159度49分00秒 / 南緯9.13333度 東経159.81667度 / -9.13333; 159.81667