利根 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巡洋艦利根.jpg
艦級概観
艦種 二等巡洋艦[1]
艦名 河川名
前級 音羽
次級 筑摩型
艦歴
発注 1905年度計画
起工 1905年11月27日
進水 1907年10月24日
就役 1910年5月15日
除籍 1931年4月1日
その後 1933年4月30日 撃沈処分
性能諸元
排水量 常備:4,113t
全長 109.7m(垂線間長)/113.8m(水線長)
全幅 14.3m
吃水 5.12m
機関 宮原式混焼罐16基
レシプロ蒸気機関2基、2軸推進
15,000馬力
燃料 石炭900t 重油124t
最大速力 23.0kt
航続距離
乗員 370名
兵装 45口径15.2cm単装砲2基
40口径12cm単装砲10基
40口径7.6cm単装砲4基
45.7cm水上雷発射管3門
装甲 甲板傾斜部:76mm

利根(とね)は、日本海軍二等巡洋艦防護巡洋艦[2][1]。 艦名は関東地方を流れる利根川にちなんで名づけられた[3]

特徴[編集]

日露戦争直後の臨時軍事費により計画された二等巡洋艦。設計は当時艦政本部第3部に在籍の近藤基樹造艦大監で、エルジック・クルーザーの1艦である「吉野」が参考にされた[4]。そのため船体の基本寸法は両者良く似た数値となった。ただ、日露戦争で巡洋艦「吉野」が「春日」に追突された際に艦首の衝角により被害が拡大されて沈没したことから、衝角構造を廃止してクリッパー型艦首を採用した。先端のとがった艦首形状のために通常は艦首部に御紋章は1個のところ、左右に1個ずつの計2個取り付けられた。また搭載砲は「吉野」と同じ15cm砲と12cm砲を混載した。砲の配置も同一であるが、重量削減のため15cm砲2門を12cm砲に変更している[5]。エンジンはレシプロ機関を搭載しており、日本海軍の巡洋艦でレシプロ機関を搭載した最後の艦となった。

艦歴[編集]

1905年(明治38年)9月30日、日本海軍は佐世保海軍工廠で建造予定の甲号二等巡洋艦の艦名を「利根」、神戸川崎造船所の第一号通砲艦を「」とすることを内定[6]。本艦は、佐世保で建造された初の巡洋艦である[7][3]。 同年11月27日、甲号二等巡洋艦は佐世保海軍工廠で起工[3]1907年(明治40年)10月24日、進水[3][8]。進水式には明治天皇皇太子(のち大正天皇)が臨席した(前日、皇太子は御召艦「香取」に乗艦して佐世保到着)[8][9]。 同日附で甲号二等巡洋艦は制式に利根と命名される[2][10]。二等巡洋艦に類別[1][11]1910年(明治43年)5月15日、竣工[3]。水雷艇程度の建造経験しか無かった同工廠で初めて建造された大型艦艇であり、また起工が日露戦争終結後となったため、予算の問題もあり建造に5年5ヶ月を要した[4]

1911年(明治44年)、ジョージ5世の戴冠記念観艦式に参加するため、巡洋艦2隻(鞍馬利根)は遣英艦隊(司令長:島村速雄中将)を編成[12][3]。 同年3月下旬、島村中将及び鞍馬・利根乗組員は明治天皇に拝謁する[13][14]。 4月1日、巡洋艦2隻(鞍馬、利根)は横須賀を出港[15]。6月24日にスピットヘッドでの観艦式に参加[12][3]。さらにヨーロッパ各国を歴訪し、11月22日に横須賀に帰投した[16]

第一次世界大戦では、第二水雷戦隊旗艦(司令官岡田啓介少将)として青島攻略戦に参加[3]。さらに南シナ海インド洋での作戦に従事した[3]

1922年(大正11年)1月から5月までオランダ領東インド諸島方面の警備、次に1929年(昭和4年)までおもに中国水域の警備活動に従事した。

1931年(昭和6年)4月1日、除籍[3]。艦艇類別等級表より削除[17]。旧式化した軍艦3隻(利根、筑摩阿蘇)は、それぞれ廃艦第2号(利根)[18][19]、廃艦3号(筑摩)[19]、廃艦4号(阿蘇)と仮称[19]。 廃艦2号(利根)は1933年(昭和8年)4月30日奄美大島近海で射撃・爆撃標的として撃沈処分された[3][20]。戦艦「陸奥」から見学していた高松宮宣仁親王(当時、重巡洋艦「高雄」分隊長)は「かたふきて沈みゆくかな雲たれて/低き 海面よどむ沖縄の沖」「楽の音も終わらぬうちに海の底深く沈みぬ白波をたて」等の和歌を詠んでいる[21]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 臼井幹蔵 大佐:1909年9月15日 - 1910年6月25日 *兼佐世保海軍工廠艤装員(- 1910年6月3日)
  • 森義臣 大佐:1910年6月25日 - 12月1日
  • 片岡栄太郎 大佐:1910年12月1日 - 1911年1月16日
  • 山口九十郎 大佐:1911年1月16日 - 11月20日
  • 竹内次郎 大佐:1911年11月20日 - 1912年12月1日
  • 西尾雄治郎 大佐:1912年12月1日 - 1913年4月1日
  • 佐藤皐蔵 大佐:1913年4月1日 - 5月24日
  • 原篤慶 大佐:1913年5月24日 - 12月1日
  • 武部岸郎 大佐:1913年12月1日 -
  • 吉川安平 大佐:1914年12月1日 - 1915年12月13日
  • 古川弘 大佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 石川秀三郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 福田一郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年11月10日[22]
  • (心得)関干城 中佐:1918年11月10日 - 12月1日
  • 関干城 大佐:1918年12月1日 - 1919年12月1日
  • 常松憲三 大佐:1919年12月1日[23] - 1920年12月1日[24]
  • 園田繁喜 大佐:1920年12月1日[24] - 1921年11月1日[25]
  • 八角三郎 大佐:1921年11月1日 - 1922年5月30日
  • 森田登 大佐:1922年6月1日 - 12月1日[26]
  • 巨勢泰八 大佐:1922年12月1日 - 1923年11月10日
  • (心得)小林省三郎 中佐:1923年11月10日 - 12月1日
  • 小林省三郎 大佐:1923年12月1日 - 1925年4月15日
  • 高木平次 大佐:1925年4月15日[27] - 10月20日[28]
  • 鈴木秀次 大佐:1925年10月20日[28] - 1926年8月20日[29]
  • 植松練磨 大佐:1926年8月20日 - 1927年4月5日
  • 中村亀三郎 大佐:1927年4月5日 - 11月15日
  • 藤沢宅雄 大佐:1927年11月15日[30] - 1928年12月10日[31]
  • 波多野二郎 大佐:1928年12月10日[31] - 1929年11月30日[32]
  • 佐藤康逸 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日

脚注[編集]

  1. ^ a b c #達明治40年10月p.23『達第百二十一號 艦艇類別等級別表中巡洋艦ノ欄二等ノ下「宗谷」ノ次ニ「利根」ヲ加フ 明治四十年十月二十四日 海軍大臣男爵 齋藤實』
  2. ^ a b #達明治40年10月p.23『達第百二十號 佐世保海軍工廠ニ於テ製造ノ甲號二等巡洋艦ヲ利根ト命名セラル 明治四十年十月二十四日 海軍大臣男爵 齋藤實』
  3. ^ a b c d e f g h i j k #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ86(原本135頁)『利根(とね) 艦種二等巡洋艦 二檣(信號用)
    艦名考川名に採る、關東第一の大河なり。
    艦歴明治38年11月27日佐世保工廠に於て起工、同40年10月24日進水、同43年5月5日竣工、佐世保海軍工廠にて建造せられたる最初の軍艦なり。同44年4月1日横須賀發、英國皇帝戴冠式に際し6月24日「スピットヘッド」に於て擧行せらるべき觀艦式参列の爲め鞍馬と共に英國に回航(第二艦隊司令長官中将島村速雄引率、艦長大佐山口九十郎)。 大正3年乃至9年戰役(日獨)に從軍:同3年8月青島戰に参加(第二水雷戰隊司令官少将岡田啓介旗艦、艦長大佐武部岸郎)、同4年12月第二艦隊第六戰隊に属し、南支那海・印度洋方面警備(艦長大佐古川弘)。昭和6年4月1日除籍。同8年4月實艦的として爆撃戰技に依つて撃沈さる。
    (備考)明治6年横須賀造船所にて建造せらる運送船に第一、第二利根川丸(後に「利根」と改稱)のものあり。
    ―要目― 長403呎/幅47呎/吃水16.75呎/排水量4,100噸/機關 三聯成汽機2基、宮原式16臺/馬力15,000/速力23/乗組人員392/船材 鋼/兵装 15拇砲2/12拇砲10/8拇砲2/機砲2/發射管3/起工 明治38-11-27/進水 同40-10-24/竣工 同43-5-15/建造所 佐世保工廠』
  4. ^ a b "Japanese cruisers of the Pacific War" 4頁
  5. ^ "Japanese cruisers of the Pacific War" 7頁
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ199『◎二等巡洋艦利根及通砲艦淀命名ノ件 明治三十八年九月三十日(内令五六〇)新造軍艦二隻艦名左ノ通御治定相成候條命名式擧行マテ部内限リ通用スルコトヲ得ル儀ト心得ヘシ|佐世保海軍工廠ニ於テ製造 甲號二等巡洋艦 利根|神戸川崎造船所ニ於テ建造 第一號通報艦 淀』
  7. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ238(原本84頁)『一、佐世保にて初めて巡洋艦を起工す―明治三十八年(一九〇五)巡洋艦「利根」起工』
  8. ^ a b 明治40年10月25日官報第7298号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ5『○東宮臨御 皇太子殿下ハ昨二十四日佐世保軍港ニ於ケル軍艦利根進水式ニ臨マセラレタリ』
  9. ^ 明治40年10月24日官報第7297号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4『○東宮御箸艦 皇太子殿下ハ御豫定ノ如ク一昨二十二日朝鎮海灣御寄港午前十時同所御發午後二時十五分竹敷港御箸艦御上陸同六時同港御發艦昨二十三日午前七時四十五分佐世保軍港ヘ御箸艦アラセラレタリ』
  10. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ200『◎二等巡洋艦利根命名ノ件 明治四十四年十月二十四日(達一二〇)佐世保海軍工廠ニ於テ製造ノ甲號二等巡洋艦ヲ利根ト命名セラル』
  11. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ55『明治四十四年十月二十四日(達一二一)艦艇類別等級別表中巡洋艦ノ欄二等ノ下「宗谷」ノ次ニ「利根」ヲ加フ』
  12. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ87(原本136頁)『鞍馬(くらま) 艦種一等巡洋艦 二檣(信號用) 艦名考山名に採る、鞍馬山は山城國に在り、京都の北3里なり、古名暗部山、後世山谷の形状に附會し鞍馬の字を選ぶと云ふ、半腹に鞍馬寺あり。 艦歴明治44年2月下旬竣工し、同年4月1日横須賀發、英國皇帝戴冠式に際し、6月24日同國「スピットヘッド」に於て擧行の観艦式参列の爲め利根と共に英國に回航(第二艦隊司令長官中将島村速雄引率、艦長大佐石井義太郎)。 大正元年8月巡洋戰艦に列す(昭和8年類別標準の改正により戰艦となる)。同3年乃至9年戰役(日獨)に從軍:同3年9月第一南遣支隊に属し「マーシャル」・東「カロリン」群島方面の警戒竝に占領に任ず(艦長大佐志津田定一郎)、同12年9月20日除籍、廢棄(華府海軍々備制限條約に由る)。(要目略)』
  13. ^ 明治44年3月28日官報第8326号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ9『○東宮御發艦 皇太子殿下ハ御豫定ノ如ク昨二十七日午前十時十分葉山御用邸御出門同十時四十五分逗子停車場御發車同十一時横須賀停車場御箸車軍艦鹿島ヘ御乗艦正午十二時横須賀軍港御發艦アラセラレタリ|○拝謁竝賢所参拝 在京都華族總代トシテ天機伺ノタメ出京ノ從五位唐橋在知ハ昨二十七日午前十時三十分拝謁仰付ケラレ又今般英國ヘ派遣ノ第二艦隊軍艦鞍馬、利根乗員島村海軍中将、海軍大佐石井義太郎(中略)ハ同時拝謁竝ニ 賢所参拝仰付ケラレ海軍上等筆記楠田徳太郎以下百三十六名ハ 賢所参拝仰付ケラレタリ』
  14. ^ 明治44年3月29日官報第8327号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ8『○拝謁竝賢所参拝 今般英國ヘ派遣ノ第二艦隊軍艦鞍馬、利根乗員海軍中佐吉田清風(中略)昨二十八日午前十時三十分拝謁竝ニ 賢所参拝仰付ケラレ海軍上等兵曹森山藤四郎以下百四十四名ハ同時 賢所参拝仰付ケラレタリ』
  15. ^ 明治44年4月5日官報第8332号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ8『○軍艦發箸 各港灣ニ於ケル軍艦發箸左ノ如シ(海軍省)』
  16. ^ 「思い出の日本軍艦 訪欧時の「鞍馬」と「利根」」 『世界の艦船』第607集(2003年2月号) 海人社
  17. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ67『昭和六年四月一日(内令五三)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 軍艦ノ部巡洋艦ノ項中「| |利根|」及「筑摩、」ヲ、航空母艦ノ項中「若宮、」ヲ、敷設艦ノ項中「阿蘇、」ヲ削ル』
  18. ^ 第559号8.2.8廃艦第2号(旧軍艦利根)曳航準備工事の件』 アジア歴史資料センター Ref.C05022840900 
  19. ^ a b c 昭和6年4月1日(水)海軍公報(部内限)第992号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070330200 『官房第一〇六七號 當分ノ間除籍艦ヲ左ノ通假稱シ部内限之ヲ使用ス 昭和六年四月一日 海軍大臣|舊軍艦利根ヲ廃艦二號トス 舊軍艦筑摩ヲ廃艦三號トス 舊軍艦阿蘇ヲ廢艦第四號トス』
  20. ^ #高松宮日記2巻72頁『四月三十日 廃艦射撃の日あれば「むつ」へ見学にゆく。天候不良で雲ひくしウネリは少しへつた。四戦隊、五戦隊の三〇キロ爆撃、三戦隊の射撃、予定通り。そのころから雨になり、時〃やむ。中々1sf(第一航空戦隊)の爆撃はじまらず。やつと発艦さしたが低くてうまくゆかず、やつと始めたら最初の一発で浸水しはじめ、了らぬ内に沈む。七時半ごろかへる。』
  21. ^ #高松宮日記2巻72頁『爆撃26-29』
  22. ^ 『官報』第1883号、大正7年11月12日。
  23. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  24. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  25. ^ 『官報』第2776号、大正10年11月2日。
  26. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  27. ^ 『官報』第3792号、大正14年4月16日。
  28. ^ a b 『官報』第3948号、大正14年10月21日。
  29. ^ 『官報』第4199号、大正15年8月21日。
  30. ^ 『官報』第266号、昭和2年11月16日。
  31. ^ a b 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  32. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『明治40年 達 完/11月』。Ref.C12070056500。
    • 『大正1年 達 完/8月』。Ref.C12070064400。
    • 『大正12年 達完/9月』。Ref.C12070082500。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 『造艦技術の全貌』興洋社、昭和27年。
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第二巻 昭和八年年一月一日~昭和十二年九月二十六日』 中央公論社、1995年6月。ISBN 4-12-403392-3
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 官報
  • Eric Lacroix and Linton Wells II, "Japanese cruisers of the Pacific War", Naval Institute Press, Annapolis, Maryland, 1997.

関連項目[編集]