東雲 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Destroyer Shinonome.jpg
艦歴
発注 大正15年度計画(昭和2年度艦艇補充計画
起工 1926年8月12日[1]
進水 1927年11月26日[1]
竣工 1928年7月25日[1]
その後 1941年12月17日沈没
除籍 1942年1月15日
性能諸元
排水量 基準:1,680t
公試:1,980t
全長 118.5メートル
全幅 10.36メートル
吃水 3.19
機関 艦本式タービン2基2軸
艦本式ロ号専焼缶4基
50,000馬力
最大速 38.0ノット
航続距離 5,000/14ノット
兵員 219人
兵装 12.7cm50口径連装砲×3
7.7mm機関砲(機銃)×2
61cm魚雷発射管×9 他

東雲(しののめ)は、日本海軍吹雪型駆逐艦6番艦[2][3][4]。日本海軍の艦名では東雲型駆逐艦・東雲[5][6]に続いて2隻目である[7]。吹雪型5-8番艦は艦名に「雲」を持つため雲級とも呼ばれた[8]太平洋戦争開戦9日後の1941年(昭和16年)12月にボルネオ島北部沖で沈没し、吹雪型駆逐艦としては太平洋戦争で初の戦没艦となった。

艦歴[編集]

太平洋戦争開戦まで[編集]

1926年(大正15年)6月25日、 佐世保海軍工廠で建造予定の一等駆逐艦に第40号駆逐艦の艦名が与えられる[9][10]。8月12日、佐世保海軍工廠で起工[1]1927年(昭和2年)11月26日に進水[1][11]し、1928年(昭和3年)7月25日に竣工した[1]。8月1日に東雲と改名され[12][13][14]、第12駆逐隊が東雲、薄雲白雲の3隻で編制された[15][16]。12月10日附の艦隊編成で、第12駆逐隊は第二艦隊第二水雷戦隊に編入された[17][18]

  • 佐世保海軍工廠で建造された吹雪型駆逐艦は、東雲、浦波朝霧の5隻。

1929年(昭和4年)5月10日、叢雲が竣工して第12駆逐隊に加わった[19][20]1931年(昭和6年)5月10日から呉海軍工廠で入渠し、改修工事を行った[17]。12月1日、 吹雪磯波と共に第20駆逐隊を編制した[17][21]1933年(昭和8年)2月1日から11月15日の間は、東雲と薄雲の駆逐隊編制を交換し、東雲が叢雲、白雲と共に第12駆逐隊となった[22][23]。12月1日、第20駆逐隊は呉警備戦隊の所属となった[24]

1936年(昭和11年)12月1日に第20駆逐隊は解隊され、東雲は第12駆逐隊に編入し、叢雲、東雲、薄雲、白雲の4隻となった[25][26]。同年から1937年(昭和12年)4月にかけて、第12駆逐隊は呉警備戦隊に所属した[27]。12月1日、第12駆逐隊は第二水雷戦隊に編入された[17]1938年(昭和13年)末の艦隊再編で、第12駆逐隊は空母龍驤、空母蒼龍第二航空戦隊を編制した[17][19][28]1939年(昭和14年)12月1日、第12駆逐隊は第二航空戦隊から外れ、第11駆逐隊と交代した[29][30]

1940年(昭和15年)以降は日中戦争に加わり、華南での沿岸作戦、北部仏印進駐作戦などに参加した。5月1日、第一艦隊に第三水雷戦隊が新編され、軽巡洋艦川内と第12駆逐隊、第20駆逐隊(天霧朝霧夕霧)となった[30]薄雲が中国大陸沿岸で触雷し、長期修理のため第12駆逐隊から外れた[28][31]。11月15日、第三水雷戦隊に第11駆逐隊(吹雪、白雪初雪)と第19駆逐隊(綾波敷波浦波磯波)が編入した[30]

1941年(昭和16年)4月下旬以降、第三水雷戦隊は内海西部で訓練を行った[32]。6月5日、三水戦は伊勢湾に入港、各艦乗組員は伊勢神宮に参拝した[32]。8月中旬、第12駆逐隊3隻は佐世保海軍工廠で入渠整備を行った[32]。9月12日に次年度編制が内示され、叢雲と東雲が第12駆逐隊として空母蒼龍、空母飛龍第二航空戦隊を編制する予定だったが、実現しなかった[33][34]

マレー作戦[編集]

太平洋戦争直前の第三水雷戦隊は、東南アジア方面を担当する南遣艦隊(馬來部隊)に所属していた(編制は南遣艦隊参照)[35][36]1941年(昭和16年)11月20日、第三水雷戦隊は呉を出港し、11月26日に馬來部隊の集結港である海南島三亜港に到着した[37][38]。東雲と叢雲は三亜港の湾外哨戒任務に従事した[38]。12月4日、南遣艦隊主力と陸軍第25軍(司令官山下奉文中将)などを乗せた輸送船団は三亜を出撃、マレー半島に向かった[39][40]。第三水雷戦隊(橋本信太郎司令官)と第1掃海隊(掃海艇6隻)、第11駆潜隊(駆潜艇3隻)は第一次上陸部隊の第一護衛隊となり、橋本が指揮した[37]

12月7日午前10時30分、輸送船団と護衛艦隊は洋上で分散し、第12・20駆逐隊、掃海艇4隻、第8号駆潜艇、敷設艦初鷹などがマレー半島北部へ、川内などがコタバルに向かった[40][41][42]。午後10時頃、東雲など第12駆逐隊と輸送船6隻はパタニとターペ方面に向かい、シンゴラに向かう山下中将らの船団と分離した[40][43]。12月8日午前0時35分、東雲と輸送船の阿蘇山丸、鬼怒川丸がターペに向かい、パタニ湾上陸部隊と分離した[43]。午前3時、ターぺ・パタニの両部隊が上陸を始め、大きな抵抗はなく上陸に成功した[43][44]

12月8日午前1時30分に上陸が始まったコタバルは激しい抵抗に遭った。朝までに第1陣の上陸に成功したが、空襲で兵員を輸送する淡路山丸が沈没するなど被害が拡大し[35]、いったん揚陸を中止して退避した[42][45]。東雲などマレー半島北部に展開した駆逐隊がコタバル方面へ合流に向かった[44][45]。12月9日午前1時30分に護衛隊が集結し、再上陸を決行して成功した[35][46]

9日午前11時25分、橋本はボルネオ島攻略作戦に派遣する予定の白雲、叢雲、東雲、朝霧にカムラン湾への帰投を命じた[46]。同日夕刻、南遣艦隊旗艦の重巡鳥海から イギリス東洋艦隊出現の連絡があり[42]、橋本は第三水雷戦隊の再合流を命じた[47]。午後11時、東雲など4隻は川内と合流した[47][48]。12月10日午前1時30分に第三水雷戦隊は集結し、鳥海など主力部隊との合流を目指した[48][49]。午前5時35分、南遣艦隊指揮官の小沢治三郎中将は第三水雷戦隊にプロコンドル島での燃料補給を命じ、第三水雷戦隊は午前8時に同島に向けて北上を始めた[48][50]。東洋艦隊がシンガポール方面に反転したため、午前8時15分、南方部隊総指揮官で第二艦隊司令官の近藤信竹中将が水上部隊の追撃を断念することを伝えた[50]

沈没[編集]

12月11日、南遣艦隊はカムラン湾に集結し、第二次マレー上陸作戦とボルネオ島攻略作戦を発動した[51][52]。第12駆逐隊と第7号駆潜艇が第二護衛隊を編制し、ボルネオ攻略部隊の護衛と上陸支援を命じられた[51]。このほか重巡熊野 、重巡鈴谷、吹雪、駆逐艦狭霧、軽巡由良、特設水上機母艦神川丸などがボルネオ上陸作戦に投入された[51][53]

12月13日午前[53]、ボルネオ島攻略部隊がカムラン湾を出撃した[54][55]。12月15日深夜から16日未明にかけてボルネオ北部のミリに到着[55][56]。護衛艦艇はミリ泊地に白雲と第7号駆潜艇、輸送船3隻、ルトン沖に叢雲と輸送船6隻、セリア冲に東雲と輸送船日吉丸が展開し、物資・人員の揚陸を行った[55]。上陸作戦は成功し、油田施設も占領した[57][55]

12月17日朝、ミリ攻略部隊がたび重なる空襲を受けた[52][58]。同日午前8時頃、セリア沖の東雲は第7号駆潜艇と交代し、8時15分にルトンに単独で向かった後、消息を絶った[59][60]。午前9時頃、「飛行艇と交戦中」という発信者不明の電信を、叢雲が受信した[56]。同じ頃、日本の船団や白雲がバラム灯台付近で火災と白煙が立つのを目撃した[60][61][62]。周辺を飛行中のオランダ軍のGVT-2所属飛行艇が、付近の海域で駆逐艦を爆撃し、3発の命中弾と至近弾1発を与えたと報告した[63]

第7号駆潜艇が午前11時と午後0時15分に周辺海域の調査を行ったが、何も発見できなかった[59]。午後に神川丸の水上偵察機や叢雲が捜索し[56]、バラム灯台北15キロの地点で沢庵樽や重油を発見したため、第二護衛隊は東雲が「遭難確実」と報告した[59][64]

笹川博艦長ら乗員228名全員が戦死した[65][66]。沈没原因は空襲が有力だが[67][68]、機雷に触れたとする異説もある[69][70]1942年(昭和17年)1月15日、東雲は除籍された[71]。3月10日に第12駆逐隊は解隊し、白雲は第20駆逐隊、叢雲は第11駆逐隊に編入された[72]

歴代艦長[編集]

※脚注なき限り『艦長たちの軍艦史』268-270頁による。

艤装員長[編集]

  1. 久我徳一 中佐:1928年2月15日[73] - 1928年6月15日[74]

駆逐艦長[編集]

  1. 久我徳一 中佐:1928年6月15日[74] - 1929年11月30日[75]
  2. 境澄信 中佐:1929年11月30日[75] - 1930年12月1日[76]
  3. 山本正夫 中佐:1930年12月1日[76] - 1932年12月1日[77]
  4. 武田喜代吾 中佐:1932年12月1日[77] - 1933年1月25日[78]
  5. 柴田力 中佐:1933年1月25日[78] - 1933年11月15日[79]
  6. 西岡茂泰 中佐:1933年11月15日[79] - 1934年11月15日[80]
  7. 佐藤寅治郎 中佐:1934年11月15日[80] - 1936年11月2日[81]
  8. (兼)吉村真武 中佐:1936年11月2日[81] - 1936年12月1日[82]
  9. 山代勝守 少佐:1936年12月1日[82] - 1937年7月1日[83]
  10. (兼)北村昌幸 中佐:1937年7月1日[83] - 1937年8月16日[84]
  11. (兼)山本皓 少佐:1937年8月16日[84] - 1937年11月15日[85]
  12. 香川清登 中佐:1937年11月15日[85] - 1938年12月15日[86]
  13. 金岡国三 中佐:1938年12月15日[86] - 1939年12月1日[87]
  14. 古閑孫太郎 中佐:1939年12月1日[87] - 1940年10月15日[88]
  15. 笹川博少佐/中佐:1940年10月15日[88] - 1941年12月17日戦死(同日附で海軍大佐に昇進)[89]

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 小沢提督伝刊行会編 『回想の提督 小沢治三郎』 原書房、1971年3月。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年3月。
  • 駆逐艦「天霧」先任将校志賀博 『海軍兵科将校』 光人社、1985年3月。ISBN 4-7698-0264-1
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • C・ショアーズ、B・カル『南方進攻航空戦1941-1942』伊沢保穂訳 大日本絵画、2002年。ISBN 4-499-22770-4
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第3巻 昭和十五年〜十六年』 中央公論社、1995年11月。ISBN 4-12-403393-1
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦』第26巻、朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 比島・マレー方面海軍進攻作戦』第27巻、朝雲新聞社、1969年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊(2) ―昭和17年6月まで―』第80巻、朝雲新聞社、1975年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊(1) ―開戦まで―』第91巻、朝雲新聞社、1975年12月。
  • 『写真 日本の軍艦 駆逐艦I 睦月型・神風型・峯風型』第10巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年5月。ISBN 4-7698-0460-1
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。
  • 歴史群像編集部編 『水雷戦隊I 特型駆逐艦 米英を震撼させたスーパー・デストロイヤーの全貌』 学習研究社〈歴史群像太平洋戦史シリーズ Vol.18〉、1998年5月。ISBN 4-05-601768-9
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正15年達完/6月』。Ref.C12070086600。
    • 『昭和3年達完/6月』。Ref.C12070089800。
    • 『昭和17年1月〜3月 内令1巻/昭和17年1月(2)』。Ref.C12070160500。
    • 『昭和17年1月〜3月 内令1巻/昭和17年3月(1)』。Ref.C12070161200。
    • 『昭和11年12月1日現在10版内令提要追録第1号原稿/ 巻1追録/第2類編制』。Ref.C13071967300。
    • 『第2226号 昭和3年6月21日 駆逐艦及掃海艇中改名の件』。Ref.C11080473600。
    • 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071974300。
    • 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13072003500。
    • 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度帝国海軍戦時編制/附表』。Ref.C14121196200。
    • 『昭和17年度 帝国海軍戦時編制(内示案) 昭和16.9.12/ 昭和17年度戦時駆逐隊・潜水隊・水雷隊・掃海隊・驅潛隊・通信隊・航空隊編制予定表 昭和17年度警備隊・防備隊附属艦艇及防備機関編制予定表 昭和17年度戦時艦船飛行機搭載予定表/第1表〜第9表』。Ref.C14121196500。
    • 『昭和16年12月 第3水雷戦隊戦時日誌 作戦及一般之部(1)』。Ref.C08030725700。
    • 『昭和16年12月 大東亜戦争経過記録/作戦経過概要第6号〜8号』。Ref.C16120682300。
    • 『昭和16年12月 大東亜戦争経過記録/作戦経過概要第16-17号』。Ref.C16120683000。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f #現在艦船要目公表範囲(1937年12月1日)p.4『東雲|一等驅逐艦|(艦要目略)|佐世保工廠|大正15-8-12|昭和2-11-26|昭和3-7-25|(兵装略)』
  2. ^ #艦艇類別等級表(1941年12月31日)p.3『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|吹雪型|吹雪、白雪、初雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波、敷波、天霧、狭霧、夕霧、朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電、朝霧』(4番艦の深雪は除籍済)
  3. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.66『昭和三年六月二十日(内令一六〇)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 本令ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス 驅逐艦ノ部中「第一號型」、「第十九號型」及「第三十五號型」ノ各項ヲ左ノ如ク改ム(中略)|吹雪型|吹雪、白雪、初雪、深雪、叢雲、東雲、薄雲、白雲、磯波、浦波、綾波|(以下略)』
  4. ^ ポケット海軍年鑑(1935)p.48『一等驅逐艦 "東雲 しののめ" 全要目{排水量1,700噸 速力34.0節 備砲12.7糎砲6門 魚雷發射管9門 起工大正15年8月 竣工昭和3年7月 建造所佐世保海軍工廠}東雲も浦波と同型の1,700噸級の驅逐艦である。浦波のところで驅逐艦の使命とするところは魚雷襲撃にあると云つたが、その外に驅逐艦は種々の重用任務に使用される。その中第一に擧ぐべきは潜水艦撃攘である。その得意とする快速力と輕快極まる操縦性及び潜水艦の魚雷を恐れぬ吃水の淺少さ等を利して敵潜水艦のゐる海上を爆雷を投射しつゝ縦横無盡に走りまはる驅逐艦は潜水艦にとつては何よりも恐るべき敵であらう。故に驅逐艦に襲はれたら最後潜水艦は上記の如き驅逐艦の特長と全然相反する弱點をもつため到底これに刄向ふ力はなく、うまく逃げをはせることが出來れば僥倖と云ふところである。』
  5. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.204『◎水雷艇驅逐艇雷電東雲叢雲曙漣夕霧不知火命名ノ件 明治三十一年三月十六日(達二七) 英國ニ於テ建造中ノ水雷艇驅逐艇左ノ通命名ス|(略)第三號水雷艇驅逐艇 シノノメ(略)』
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.57『大正二年八月六日(達一〇八)艦艇類別等級別表中「東雲」ヲ削ル』
  7. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ160『吹雪型(十六隻) 艦種一等驅逐艦 艦名考風波等気象に採る。(中略)東雲(しののめ)【二代】』
  8. ^ ポケット海軍年鑑(1937)p.47 叢雲『(略)雲級には"薄雲うすぐも" "白雲しらくも" "東雲しののめ"がある。』
  9. ^ #達大正15年6月p.23『第五十三號 艦艇製造費ヲ以テ大正十四年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス|大正十五年六月二十五日 海軍大臣財部彪|舞鶴要港部工作部ニ於テ建造 第三十五驅逐艦|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 第四十號驅逐艦』
  10. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.208『◎第三十五號第四十號驅逐艦命名ノ件 大正十五年六月二十五日(達五三) 艦艇製造費ヲ以テ大正十五年度ニ於テ建造ニ着手ノ一等驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス 舞鶴要港部工作部ニ於テ建造 第三十五號驅逐艦|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 第四十號驅逐艦』
  11. ^ 昭和2年11月28日(月)海軍公報第272号 p.33』 アジア歴史資料センター Ref.C12070310900 『○驅逐艦進水 佐世保海軍工廠ニ於テ建造ノ第四十號驅逐艦本月二十六日午前九時四十分進水セリ』
  12. ^ #達昭和3年6月pp7-8『達第八十號 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス|昭和三年六月二十日 海軍大臣 岡田啓介|(略)第四十號驅逐艦 ヲ 驅逐艦 シノ ノメ トス』
  13. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)pp.208-209『◎驅逐艦及掃海艇中改名ノ件 昭和三年六月二十日(達八〇) 驅逐艦及掃海艇中左ノ通改名ス 本達ハ昭和三年八月一日ヨリ之ヲ施行ス(中略)第四十號驅逐艦 ヲ 驅逐艦シノ ノメ トス(以下略)』
  14. ^ #S3.06.21駆逐艦掃海艇改名p.4『艦艇名改正表(一)一等驅逐艦|隊名:―|現艦名:第四十號驅逐艦|改正艦名:シノ ノメ|』
  15. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.65『昭和三、八、一(内令二〇一)|呉鎮守府| |第十二驅逐隊|東雲、薄雲、白雲』
  16. ^ 写真日本の軍艦10巻252頁(白雲の行動年表)〕
  17. ^ a b c d e 写真日本の軍艦10巻251頁(東雲の行動年表)〕
  18. ^ 写真日本の軍艦10巻105頁(東雲写真解説より)
  19. ^ a b 写真日本の軍艦10巻250頁(叢雲の行動年表)
  20. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.66『昭和三年.一二.一〇(内令三五〇)|呉鎮守府|第十二驅逐隊|東雲、薄雲、白雲|叢雲(四.五一〇 一五一)』
  21. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.68『昭和六、一二、一(内令二一五)|横須賀鎮守府|(略)第十二驅逐隊|叢雲、薄雲、白雲|(略)|第二十驅逐隊|東雲、吹雪、磯波』
  22. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.68-69『昭和七、一二、一(内令三七三)|呉鎮守府|第二艦隊|第十二驅逐隊|叢雲、薄雲、白雲|東雲(八、二、一 二七)|薄雲(八、二、一 二七)|/|第二十驅逐隊|東雲、吹雪、磯波|薄雲(八、二、一 二七)|東雲(八、二、一 二七)|昭和七、一二、一(内令三七三)驅逐隊編制本表ノ通改定セラル』
  23. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.69-70『昭和八、一一、一五(内令三五二)|呉鎮守府|第二艦隊|第十二驅逐隊|叢雲、薄雲、白雲|/|第二十驅逐隊|東雲、吹雪、磯波|薄雲(八、二、一 二七)|東雲(八、二、一 二七)|昭和八、一一、一五(内令三五二)驅逐隊編制本表ノ通改定セラル』
  24. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.50『昭和八、一二、一一(内令四〇三)|呉警備戰隊|加古、妙高、那智、阿武隈、神通/第十三驅逐隊、第十六驅逐隊、第十九驅逐隊、第二十驅逐隊/第十八潜水隊/朝日|(略)』
  25. ^ #内令提要編制(1936年12月1日)pp.5-6『驅逐隊編制 昭和十一年十二月一日 内令第四百七十一號』
  26. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.72『昭和一一年.一二.一(内令四七一)|呉鎮守府|第十一驅逐隊|吹雪、白雪、初雪』-『第十二驅逐隊|叢雲、東雲、薄雲、白雲』-『第十九驅逐隊|磯波、浦波、敷波、綾波』
  27. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.51『昭和一一、一二、一(内令四七四)|呉警備戰隊|扶桑、伊勢、古鷹、青葉、衣笠、球磨、最上、長鯨、浅間/第十一驅逐隊、第十二驅逐隊|昭和十二年七、三一(内令三九二)第十一水雷隊/一〇、一〇(内令六八九)第十五驅逐隊/一〇、二〇(内令七三三)長鯨/一〇、三一(内令七六四)三隈 鈴谷 熊野/一一、一(内令七七四)矢風|昭和十二四、一(内令一二四)古鷹 第十二驅逐隊/六、一五(内令二七八)浅間/七、二八(内令三六七)長鯨 第十一驅逐隊/八、七(内令四一三)第十一水雷隊』
  28. ^ a b 写真日本の軍艦10巻251-252頁、薄雲の行動年表
  29. ^ 写真日本の軍艦10巻248-249頁、吹雪の行動年表
  30. ^ a b c 戦史叢書91巻〔付表第二(「大本營海軍部・聯合艦隊<1>」)『聯合艦隊編制推移表(昭和十四年十一月十五日〜十六年十二月十日)』
  31. ^ 陽炎型(2014)276-277頁『薄雲(うすぐも)』
  32. ^ a b c 海軍兵科将校83-87頁
  33. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制・駆逐隊他p.1『呉|第十二驅逐隊|叢雲、東雲|(戦時編制ニ依ル所属)第二航空戦隊』
  34. ^ #昭和17年度帝国海軍戦時編制p.5『艦隊|第一航空艦隊|第一航空戦隊/翔鶴、瑞鶴、第十一驅逐隊|第二航空戦隊/蒼龍・飛龍・第十二驅逐隊|第四航空戦隊/龍驤、《飛鷹》、《隼鷹》、第三驅逐隊|第五航空戦隊/赤城、加賀、第五十一驅逐隊|第六航空戦隊/《第三十一驅逐隊》/特設航空母艦三』
  35. ^ a b c 日本水雷戦史55-57頁
  36. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)(付表1)『南方作戦関係主要職員表 昭和十六年十二月』
  37. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)365-366頁
  38. ^ a b 海軍兵科将校95-97頁
  39. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)379-382頁
  40. ^ a b c 海軍進攻作戦(比島、マレー)(付図第五)『第一次マレー作戦行動図』
  41. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)393-394頁
  42. ^ a b c 戦史叢書80巻82-85頁
  43. ^ a b c 海軍進攻作戦(比島、マレー)404-406頁
  44. ^ a b 海軍兵科将校100-103頁
  45. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)409-411頁
  46. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)412-413頁
  47. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)446-447頁
  48. ^ a b c 海軍進攻作戦(比島、マレー)(付図第七)『マレー沖海戦行動図』
  49. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)450頁
  50. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)453頁
  51. ^ a b c 海軍進攻作戦(比島、マレー)505-509頁
  52. ^ a b 戦史叢書80巻137-138頁『マレー、ボルネオ北部方面』
  53. ^ a b 海軍進攻作戦(比島、マレー)(付図第八)『第二次マレー上陸作戦・英領ボルネオ攻略作戦行動図』
  54. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)511-512頁
  55. ^ a b c d 海軍進攻作戦(比島、マレー)521-522頁
  56. ^ a b c 海軍兵科将校103-104頁
  57. ^ 日本軽巡戦史124-125頁
  58. ^ 海軍進攻作戦(比島、マレー)525-528頁
  59. ^ a b c 海軍進攻作戦(比島、マレー)523-525頁
  60. ^ a b 作戦経過概要6-8号p.53『一七|〇九〇〇|東雲「セリヤ」ヨリ「ミリ」沖囘航ノ途〇九〇〇以後消息ナク白雲(「ミリ」沖警戒艦)及第七號驅潜艇ガ〇八五〇頃何レモ「バラム」燈台ノ北方十五粁附近ニ音響ト共ニ白煙天ニ冲スルヲ認メタル事ヨリ遭難確実ナリ』
  61. ^ #戦藻録(1968)51-52頁『十二月十七日水曜日半晴(X+9)機動部隊布哇海戰。驅逐艦東雲、北ボルネオ「バラム」燈臺の北方一五粁に於て火災と共に白煙天に冲し沈没せるが如し。驅逐艦これにて三隻掃海艇二隻に達す。小艦艇の損害割合に多し。爆雷の誘爆其因たるもの多し。』
  62. ^ 高松宮日記3巻365『◎「東雲」「ミリ」沖回航中、〇九〇〇以後消息ナシ。白雲(ミリ沖警戒艦)、〇八五〇頃「バラム」灯台ノ北一五kmニ音響ト共ニ白煙天ニ冲スル認メタリ。』
  63. ^ 『南方進攻航空戦1941-1942』299頁
  64. ^ #昭和16年12月三水戦日誌(1)p.22-23『18日0150第二護衛隊指揮官→南遣艦隊司令長官/當隊機密第113番電ニ依ル報告以後ノ東雲捜索ノ結果遂ニ艦影ヲ認メズ。「バラム」灯台ノ7度11.5浬附近ニ広範囲ニ亙リ重油352度14浬及22度15浬ニ空樽ノ浮流セル等其ノ他ノ情況ヨリ推シテ東雲ノ遭難ハ確実ナリ』
  65. ^ 作戦経過概要16-17号pp.13-18『二八|二〇〇〇|發 南遣艦隊長官 着 總長、大臣、聯合艦隊長官、第二艦隊長官 馬來部隊戰闘概報第一五號其ノ一(十二月二十八日) B作戰状況報告(略)十七日〇八五〇頃東雲ハ「カムラン」燈臺ノ北方約一五粁ニ於テ敵機ト交戰中爆撃ヲ受ケ沈没セリ(中略)三、我ガ損失(イ)東雲、狭霧、第六號掃海艇ヲ喪フ 東雲戰死者艦長以下二二八名 狭霧戰死者一二一名(生存者一一九名) 第六號掃海艇生存者七三名其ノ他ハ戰死、陸戰隊員戰死四名/(ロ)海軍輸送船北海丸航行不能 第二雲洋丸沈没 陸軍輸送船日吉丸航行不能 香取丸沈没/四、所見 略』
  66. ^ 高松宮日記3巻413-414頁『「東雲」戦死 艦長以下二二八/「狭霧」〃一二一(生存者一一九)/「六掃」(生存者七三ノミ)陸戦隊戦死四}英ボルネオ作戦中損害』
  67. ^ 『日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』179頁
  68. ^ #昭和16年12月三水戦日誌(1)p.53『12月17日(略)二.東雲0850バラム灯台ノ7°11.5kニテ敵機ト交戦沈没ス、乗員艦長以下227名戦死』
  69. ^ 日本水雷戦史63-64頁『ボルネオ上陸作戦』
  70. ^ 『艦長たちの軍艦史』269頁
  71. ^ #内令昭和17年3月(2)pp.21-22『内令第七十九號|呉鎮守府在籍 驅逐艦 東雲 驅逐艦 狭霧|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 疾風 驅逐艦 如月|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル|(略)昭和十七年一月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  72. ^ #内令昭和17年3月(1)p.35『内令第四百十三號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十一驅逐隊ノ項中「初雪」ノ下ニ「、叢雲」ヲ加フ |第十二驅逐隊ノ項ヲ削ル|第二十驅逐隊ノ項中「夕霧」ノ下ニ「、白雲」ヲ加フ』
  73. ^ 昭和3年2月16日(木)官報第338号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ7
  74. ^ a b 昭和3年6月16日(土)官報第440号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ3(原本430)
  75. ^ a b 昭和4年12月2日(月)官報第878号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ12(原本22二段、久我免職)(原本33一段、堤補職)
  76. ^ a b 昭和5年12月2日(火)官報第1179号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10(原本50四段、堤免職)(原本51二段、山本補職)
  77. ^ a b 昭和7年12月2日(金)官報第1778号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9(原本48四段、山本免職)(原本49二段、武田補職)
  78. ^ a b 昭和8年1月26日(木)官報第1820号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ4(原本551二段目、武田免職・柴田補職)
  79. ^ a b 昭和8年11月16日(木)官報第2064号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ9(原本404四段目、柴田免職)(原本405三段目、西岡補職)
  80. ^ a b 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10(原本434三段目、西岡免職)(原本435三段目、佐藤補職)
  81. ^ a b 昭和11年11月4日(水)官報第2953号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8(原本46二段、佐藤免職・吉村補職)
  82. ^ a b 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ22(原本75二段、吉村免職)、p.23(原本76三段、山代補職)(原本77三段、大原補職)
  83. ^ a b 昭和12年7月2日(金)官報第3148号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ10(原本二段、山代免職・北村補職)
  84. ^ a b 昭和12年8月16日(発令8月16日付)海軍辞令公報(号外)第28号 p.18北村免職・山口補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072200 
  85. ^ a b 昭和12年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(号外)第91号 p.26香川補職、p.28山口免職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  86. ^ a b 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第273号 p.23香川免職、p.27金岡補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  87. ^ a b 昭和14年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(部内限)第408号 p.3金岡免職、p.4古閑補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077100 
  88. ^ a b 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.37古閑免職、p.40笹川補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  89. ^ 昭和17年1月10日(発令昭和16年12月17日付)海軍辞令公報(部内限)第790号 pp.21-22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083800 

関連項目[編集]