熊野 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊野
竣工当時の熊野。
竣工当時の熊野。
基本情報
建造所 川崎造船所
運用者  大日本帝国海軍
艦級 最上型重巡洋艦
経歴
発注 昭和6年度計画(マル1計画
起工 1934年4月5日[1]
進水 1936年10月15日[1]
就役 1937年10月31日[1]
除籍 1945年1月20日[2]
最後 1944年11月25日戦没
北緯15度44分58秒 東経119度47分57秒 / 北緯15.74944度 東経119.79917度 / 15.74944; 119.79917座標: 北緯15度44分58秒 東経119度47分57秒 / 北緯15.74944度 東経119.79917度 / 15.74944; 119.79917
要目
基準排水量 12,000トン
全長 200.6 m
全幅 20.2 m
吃水 5.9 m
ボイラー ロ号艦本式重油専焼水管缶8基
主機 艦本式ギヤード・タービン4基4軸
出力 153,698馬力(新造時公試成績)
最大速力 35.36ノット(新造時公試成績)
燃料 重油:2,280トン
航続距離 14ノット/8,000海里
乗員 竣工時定員874名[3]
昭和19年10月時1,094名[4]
兵装
装甲 舷側:100mm 弾薬庫:140mm 甲板:35~60mm
搭載機 水上機3機(呉式二号五型射出機2基)
レーダー 二号一型(対空用) 1基
二号二型(対水上用) 2基
一号三型(対空用) 1基
テンプレートを表示

熊野(くまの)は、大日本帝国海軍重巡洋艦最上型の4番艦[5]。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され[6]、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。一方、日本海軍の書類上の分類は戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった[5]

艦名[編集]

重巡洋艦『熊野』の艦名は奈良県和歌山県三重県を流れる熊野川から因んで命名された[7][8]。大日本帝国海軍(以下日本海軍)軍艦としての『熊野』は、明治時代の水雷母艦熊野丸、大正3年に日本郵船から購入した水雷母艦熊野丸に使用されている。また[9]。またロシア帝国バヤーン級装甲巡洋艦1番艦「バヤーン」を日本海軍が鹵獲・編入時の候補艦名でもあった(実際は一等巡洋艦阿蘇と命名)[10]

重巡洋艦熊野の艦内神社熊野坐神社(現・熊野本宮大社)[11]。本艦建造時、熊野坐神社本殿を模した艦内神社が寄贈されたという[12]。毎月1日には熊野神社例祭が行われていた[13]

構造[編集]

日本海軍は艦齢を重ねた旧式艦の代艦を建造することになり、軽巡の場合は最初に4隻(龍田天龍球磨多摩)を以下4隻(最上鈴谷三隈熊野)と置換することにした[14]。建造中、第四艦隊事件により最上型の船体強度に問題があることが判明したため、船体線図が改正され1番艦(最上)、2番艦(三隈)とは船体形状に違いがあり、鈴谷型(鈴谷・熊野)と分類されることもある。ただし日本海軍の分類は4隻とも最上型二等巡洋艦である[5]。またボイラーは先行2隻(最上、三隈)の重油専焼罐大型8基小型2基・計10基から、重油専焼罐大型8基に変更されている。そのため、第3砲塔と艦橋構造物との間の大型吸気トランクがなく、一番煙突の太さもボイラー数の減少の分だけ径が細くなっている。

艦歴[編集]

建造経緯[編集]

改装前の熊野

仮称艦名、第4号中型巡洋艦[15]1934年(昭和9年)3月10日、日本海軍は建造予定の二等巡洋艦を『熊野[16]敷設艦を『沖島[17]と命名した。同日附で2隻(熊野、沖島)は艦艇類別等級表に類別される[18]。 本艦は同年4月5日川崎重工業神戸造船所にて起工[1][19][20]

1936年(昭和11年)10月15日伏見宮博恭王[21]永野修身海軍大臣[22]列席のもとに進水[1][23]。呉海軍工廠で製造された熊野用15.5cm三連装砲塔5基は、知床型給油艦1番艦知床が呉から神戸へ輸送した[24]。 12月1日、日本海軍は須賀彦次郎大佐(美保関事件の駆逐艦菫艦長)を熊野艤装員長に任命した[25]。 12月7日、藤永田造船所に江風艤装員事務所を、神戸川崎造船所に熊野艤装員事務所を設置する[26]

1937年(昭和12年)7月上旬、熊野は神戸川崎造船所から呉海軍工廠へ移動、艤装員事務所も移転した[27]。8月8日、熊野艤装員事務所を神戸川崎造船所に戻す[28]。9月下旬から10月上旬にかけて、艤装員事務所を呉海軍工廠に移転[29]。10月9日、艤装員事務所を神戸に戻す[30]

10月31日就役[1][20]。その姿は一般にも公開された[31]。また熊野は、鈴谷以下3隻(鈴谷、大潮満潮)と同日附の竣工だった[32][33][34]。 竣工と同時に須賀彦次郎艤装員長は軍令部出仕となり、西村祥治大佐が熊野艦長(初代)に任命された[35]。後日、須賀(海軍少将)は海軍大将大角岑生(元海軍大臣)と共に中国方面で飛行機墜落事故に遭遇し事故死した(1941年2月5日、死亡認定。海軍中将)[36]

竣工後[編集]

熊野の竣工から約一ヶ月後の1937年(昭和12年)12月1日、日本海軍は沢本頼雄少将(海軍艦政本部総務部長)を司令官とする第七戦隊を編制[37]。第七戦隊は、最上型巡洋艦4隻(最上、三隈、鈴谷、熊野)からなる新鋭戦隊となる。沢本司令官は、七戦隊初代旗艦を「熊野」に指定[38]。12月6日、将旗を本艦に掲げた[39]

1938年(昭和13年)11月15日、当時の伊勢型戦艦2番艦日向艦長宇垣纏大佐が軍令部出仕となり、西村大佐(熊野艦長)は本艦及び日向艦長を兼務する[40]。 12月15日、第七戦隊司令官沢本頼雄中将は退隊、後任司令官は清水光美少将(海軍省人事局長)[41]。同日附で平岡粂一大佐(戦艦比叡艦長、重巡三隈艦長)の艦長兼務が比叡及び日向となり、西村(熊野、日向艦長)は日向艦長の任を解かれた[41]

1939年(昭和14年)5月18日、西村祥治(熊野艦長)は金剛型戦艦3番艦榛名艦長へ転任、球磨型軽巡洋艦1番艦球磨艦長八代祐吉大佐が熊野艦長となる[42]。5月20日、第七戦隊司令官清水光美少将は第六戦隊(利根筑摩)司令官へ転任した[43][44]。第七戦隊の残務処理は第六戦隊司令部でおこなわれた[45]。 熊野は5月20日より予備艦に指定され[20]、同年、最上型各艦は当初主砲として搭載されていた15.5cm3連装砲塔をに20.3cm連装砲塔に換装する。

11月15日附で日本海軍は第七戦隊を再編し、三川軍一少将(軍令部第二部長)を第七戦隊司令官に任命[46]。同日附で八代大佐(熊野艦長)は妙高型重巡洋艦2番艦那智艦長へ転任し、有馬馨大佐(海軍省教育局第二課長)が熊野艦長として着任する[46]第二艦隊司令長官古賀峯一中将は第七戦隊旗艦を熊野に指定した[47]

1940年(昭和15年)10月11日、第七戦隊と第八戦隊の重巡5隻(熊野、鈴谷、最上、利根、筑摩)は紀元二千六百年記念行事に伴う紀元二千六百年特別観艦式に参加した[48]。10月15日、熊野艦長は有馬馨大佐(金剛型戦艦2番艦比叡艦長補職[49]。後日、大和型戦艦2番艦武蔵初代艦長等を歴任)から敷設艦沖島艦長小畑長左衛門大佐に交代[49]。 11月1日、第七戦隊司令官も三川軍一少将から栗田健男少将(当時、第四水雷戦隊司令官)に代わった[50]

1941年(昭和16年)5月24日、小畑(熊野艦長)は扶桑型戦艦2番艦山城艦長へ転任、田中菊松大佐(海軍砲術学校教頭)が後任の熊野艦長に補職される[51]。 8月20日、当時の熊野水雷長前田実穂少佐は睦月型10番艦三日月艦長へ転任(前田はレイテ沖海戦時の磯風艦長)[52]。軽巡神通水雷長瀧川孝司大尉が熊野水雷長に補職される[52]。 9月20日、左近允尚正少将の長男左近允正章少尉候補生(練習巡洋艦鹿島乗組)は熊野乗組を命じられる[53]。11月1日、正章は海軍少尉に任官し、ひきつづき熊野乗組[54]。正章少尉は翌年8月まで熊野で勤務し[55]、その後白露型駆逐艦2番艦時雨砲術長に任命された[56]

太平洋戦争序盤[編集]

1941年(昭和16年)12月の太平洋戦争開戦時、第七戦隊(司令官栗田健男少将)は第一小隊(熊野、鈴谷)、第二小隊(三隈、最上)で編成されていた[57][58]。しかし本艦から指揮をとる栗田少将の作戦指導には問題があった[59]。12月8日以降、マレー上陸作戦に参加する。蘭印作戦中に生起した1942年(昭和17年)3月1日のバタビア沖海戦には、第2小隊(三隈、最上、駆逐艦敷波)のみ参加する[59]。本海戦直前、連合軍艦隊との決戦をのぞむ第五水雷戦隊司令官原顕三郎少将(軽巡洋艦名取座乗)と、敵艦隊と距離をとろうとする栗田少将(熊野座乗)は一日近く電文の応酬をくりひろげた[59]。みかねた連合艦隊司令部が『バタビヤ方面ノ敵情ニ鑑ミ第七戦隊司令官当該方面ノ諸部隊ヲ統一指揮スルヲ適当ト認ム』と発令し、仲裁に入る一幕もあったほどである[59]。第七戦隊(栗田司令官)の行動について小島秀雄(海軍少将)は『あとで第七戦隊の先任参謀に、(バタビア沖海戦時)いったいどこにおったんだと聞いた。先任参謀いわく、軍令部に、第七戦隊を大事にしてくださいと言われたというんだ。大事にしてくださいと言われて、後におるやつがあるものか』と批評している[60]

4月1日より、第七戦隊(熊野、鈴谷、三隈、最上)はインド洋作戦の一環として通商破壊作戦に従事[61]。第七戦隊は栗田少将直率の北方部隊(熊野、鈴谷、駆逐艦白雲)、三隈艦長指揮の南方部隊(三隈、最上、駆逐艦天霧)に分割されてベンガル湾で活動し、小沢治三郎中将直率の中央隊(鳥海由良龍驤夕霧朝霧)と共に商船多数を撃沈した[62][63]。4月22日、第七戦隊は第19駆逐隊(綾波、敷波、磯波、浦波)と共に内地へ帰投した[64]。5月1日、栗田少将(第七戦隊司令官)は海軍中将に昇進[65]。 日本帰還後、第七戦隊はミッドウェー作戦に向けて準備を行う。第七戦隊(熊野、鈴谷、三隈、最上)は第8駆逐隊(荒潮朝潮)及び日栄丸を指揮下に入れ、護衛隊支援を任ぜられた[66][67]。5月22日から6月22日にかけてミッドウェー作戦に参加する[68][69]

6月5日、日本海軍は主力空母4隻(赤城加賀蒼龍飛龍)を喪失、制空権をうしなった[69][70]。残存する日本艦隊はアメリカ軍機動部隊とミッドウェー島基地航空隊に挟み撃ちにされる危険性が高くなった。この為、山本五十六連合艦隊司令長官(戦艦大和座乗)および攻略部隊指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官(重巡愛宕座乗)は、第七戦隊(最上型重巡4隻)の艦砲射撃によるミッドウェー島基地(飛行場)破壊を命じる[71][70]。近藤長官は第七戦隊がミッドウェー島に一番近い位置にいると思っていたが、本当の七戦隊は長官の予想位置より80浬後方にいた[69]。第七戦隊は35ノットで9時間も突進したため、第8駆逐隊は落伍してしまう[72][70]。だがミッドウェー島飛行場砲撃2時間前(同島より西方90浬地点)に作戦中止命令がだされ、第七戦隊は反転した[73][70]

この作戦過程で、浮上中のアメリカの潜水艦タンバー(USS Tambor, SS-198)を回避しようとした単縦陣先頭艦(旗艦熊野)の航海信号が、後続艦(鈴谷、三隈、最上)に誤って伝達された[74][75]。結果、七戦隊3番艦(三隈)と4番艦(最上)が衝突[76][77]。栗田司令官は損傷の大きい最上に3隻(三隈、荒潮、朝潮)の護衛をつけ、第七戦隊第1小隊(熊野、鈴谷)を率いて主力部隊との合流を急いだものの[78]、そのまま行方不明となった[79][71]。6月6日から6月7日にかけて、最上以下4隻はアメリカ軍機動部隊艦載機とミッドウェー基地航空隊の波状攻撃を受け三隈が沈没、最上が大破、朝潮・荒潮も小破という損害を受けている[80][81]。この間、栗田及び第1小隊(熊野、鈴谷)はミッドウェー基地空襲圏外にでるため西方に向けて航行しており(連合艦隊司令部の命令も無視)、6月7日になって近藤信竹攻略部隊指揮官より三隈・最上救援作戦に呼応するよう命じられて、やっと自隊の位置を報告した[82][79][71]。戦後、栗田は「そんな情況だったのには気付かなかった」、田中(当時熊野艦長)は「(栗田は主力艦隊と)合同すれば、第2小隊(三隈、最上)救援を命ぜられる事を懸念したからだ」と答えている[82][79]

6月8日午前4時頃、攻略部隊は損傷艦(最上、朝潮、荒潮)を収容、すると行方不明の第1小隊(熊野、鈴谷)が『まったく思いがけなく反対側の西方』から出現し、攻略部隊に合同した[71][83]。本海戦における栗田中将の行動や指揮に対し、日本海軍は特に問題視しなかった[81]。一方、鈴谷艦長木村昌福大佐は栗田(熊野座乗)の行動について、珍しく批判的なメモを残した[84]。また当時の鈴谷運用長前田一郎少佐は、「鈴谷は熊野と分離して単艦で三隈・最上救援にむかった」と回想しているが、確実な証拠はない[85]。最上は8月25日をもって第七戦隊から外れた[86][87]

ガダルカナル島の戦い[編集]

6月25日、第七戦隊司令官は栗田健男中将から第四水雷戦隊司令官西村祥治少将(熊野初代艦長)に代わった[88]。栗田は7月13日より金剛型戦艦2隻(金剛榛名)で編制された第三戦隊司令官となり[81][89]、前任の三戦隊司令官三川軍一中将(昭和14年当時の第七戦隊司令官)は第八艦隊司令長官に補職されている[89]。本艦は引き続き第七戦隊(熊野、鈴谷)の旗艦を務め、作戦準備をおこなう[90]。 7月17日、インド洋での通商破壊作戦(B作戦)に従事すべく、姉妹艦鈴谷、第2駆逐隊(村雨春雨五月雨夕立)、第15駆逐隊(親潮早潮黒潮)等と共にマレー半島のメルギーに進出した[91][92]。同部隊はB作戦機動部隊指揮官原顕三郎少将指揮のもと、中央隊(司令官原少将兼務、十六戦隊、第11駆逐隊)、北方隊(第三水雷戦隊、第11駆逐隊)、南方隊に別れ、熊野以下七戦隊・2駆・15駆は南方隊に所属していた[93][94]

B作戦実施前の8月7日、アメリカ軍はガダルカナル島フロリダ諸島ツラギ島)に上陸を開始し、ガダルカナル島の戦いが始まる[95]。メルギー待機中のB作戦参加各隊は、通商破壊作戦を中止してトラック泊地へ向かう[96]。 第七戦隊は8月22日に南雲忠一中将率いる第三艦隊(南雲機動部隊)と合流した[97]。機動部隊における第七戦隊の役割は、第十一戦隊(戦艦《比叡霧島》)や第八戦隊(利根、筑摩)等と共に前衛部隊としてアメリカ軍の攻撃を通報・吸収する役目だった。田中(熊野艦長)は「駆逐艦兼おとり」と表現している[98]。8月24日の第二次ソロモン海戦ではB-17爆撃機と交戦し、戦果も被害もなかった[99]。 9月、ソロモン諸島で適宜行動[100]。 10月11日、機動部隊前衛はトラック泊地を出撃[101]。 10月13日、熊野で機関故障が続出したため18日附で第七戦隊旗艦は鈴谷に変更される[102][103]。20日、本艦は機動部隊前衛から機動部隊本隊に編入され[104]、熊野水偵3機(搭乗員含む)は前衛(第八戦隊《利根、筑摩》、霧島)等に派遣された[105][106]

10月26日南太平洋海戦における熊野は護衛部隊(熊野、照月浜風舞風雪風時津風初風天津風)を編成し、第三艦隊司令長官南雲忠一中将直率の第一航空戦隊空母3隻(翔鶴瑞鶴瑞鳳)と共にアメリカ軍機と交戦した[107]。この戦闘で熊野はSBDドーントレス急降下爆撃機の空襲により至近弾を受ける。10月30日、トラック泊地に帰投[108]。 11月2日、損傷した4隻(翔鶴、瑞鳳、筑摩、熊野)は駆逐艦部隊(嵐、野分、舞風、谷風、浦風、浜風、磯風、秋雲、秋月)に護衛され、日本本土へ向った[109][110]。11月7日、呉に到着して修理を行った[111]

11月22日、熊野は駆逐艦谷風(第17駆逐隊)と共に呉を出港、翌日、第九戦隊(司令官岸福治少将:軽巡洋艦2隻《北上大井》)の指揮下に入った(「夏輸送」)[112][113]。参加艦艇(大井、北上、球磨、熊野、谷風)は27日までにマニラへ集結[114][113]。陸兵や物資を積載して出港[115]。各隊は12月3~4日、ラバウルに到着して輸送任務を終えた[116][117][113]。 同日附で2隻(熊野、谷風)は外南洋部隊(第八艦隊)に編入された[118]。さらに熊野は外南洋支援部隊に復帰した[119]。 それまで支隊と行動を共にしていた重巡摩耶、駆逐艦春雨をトラックに帰投させた後の12月6日、熊野は第七戦隊旗艦に復帰した[120][121]。 その後、第七戦隊(熊野、鈴谷)は駆逐艦望月等と共にソロモン諸島での輸送任務や支援行動、ニューアイルランド島カビエン周辺警戒任務に従事した[122][123][124]。また重巡3隻(鳥海、熊野、鈴谷)の水上偵察機がR方面航空部隊に編入され、駆逐艦部隊の上空警戒やガ島基地夜間爆撃に従事した[125]

1943年(昭和18年)1月4日、熊野の姉妹艦鈴谷が整備修理のためカビエンを出発した(1月12日内地着)[126]。1月下旬、日本軍はガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)を発動。同時期、第七戦隊と共にカビエンで待機していた重巡鳥海が正式に外南洋部隊支援隊に編入される[127]。1月27日にも軽巡川内が同地に到着したので、支援部隊指揮官西村祥治少将は所在先任指揮官として、3隻(熊野、鳥海、川内)を指揮下においた[128][129]。 2月上旬、カビエンで待機[130]。2月9日附で機動部隊への復帰を下令され、4隻(熊野、鳥海、谷風、浦風)は2月11日にカビエンを出発、13日トラック泊地到着[131]。トラック着と共に鈴谷と合流し、3隻(鳥海、谷風、浦風)は西村少将の指揮下を離れた[132]。 2月17日、熊野艦長は田中菊松大佐[133]から藤田俊造大佐(2月12日まで軽巡神通艦長)に交代[133][134]

3月中はトラック泊地で待機[135]。3月22日、熊野機関に故障が発生、西村司令官は旗艦を鈴谷に変更した[136]。24日、駆逐艦天津風(第16駆逐隊)に警戒されつつ3隻(鈴谷、熊野、浦風)はトラック泊地を出発、豊後水道では駆逐艦萩風(第4駆逐隊)と合同し、29日呉に到着した[137][138]。 4月は呉で待機にあたった[139]

ソロモン諸島の戦い[編集]

第七戦隊が呉で整備待機中の1943年(昭和18年)5月12日、アメリカ軍は北方方面で反攻作戦を実施、アッツ島に上陸を開始した(アッツ島の戦い[140][141]。5月17日、第七戦隊に最上が復帰した[142][143]アリューシャン方面の戦いに備えて作戦準備を行うが[144]、アッツ島守備隊(指揮官山崎保代陸軍大佐)は5月29日(報告30日)に玉砕[145]。第七戦隊は内海西部へ戻った[146]

6月15日附で第七戦隊は前進部隊に編入され、第三戦隊司令官栗田健男中将の指揮下、第三戦隊(金剛榛名)、第七戦隊(熊野、鈴谷)、空母3隻(龍鳳大鷹沖鷹)、軽巡「五十鈴」、駆逐艦部隊(第7駆逐隊《》、第16駆逐隊《雪風》、第17駆逐隊《浜風谷風》、第27駆逐隊《時雨有明夕暮》、第24駆逐隊《涼風》、秋月型《新月》、夕雲型《清波》)という戦力で横須賀を出港、21日トラック泊地に到着した[147][148]。 6月23日、西村司令官は5隻(熊野、鈴谷、新月、涼風、有明)をひきいてラバウルへの輸送任務を実施、27日トラックへ戻った[149]新月は外南洋部隊増援部隊に編入され、ラバウルに残った。

6月30日、連合軍はニュージョージア諸島レンドバ島に上陸を開始、南東方面の状勢は緊迫化した(ニュージョージア島の戦い)。日本軍はニュージョージア島コロンバンガラ島に増援輸送部隊をおくるが、7月5日~6日の夜戦で秋月型駆逐艦5番艦新月(三水戦旗艦)が沈没、増援部隊指揮官秋山輝男第三水雷戦隊司令官と三水戦司令部は全滅した(クラ湾夜戦)。秋山少将の後任として伊集院松治大佐が三水戦司令官となるが[150]、当面の増援部隊指揮官として第二水雷戦隊司令官伊崎俊二少将が任命された。7月9日、第七戦隊は南東方面部隊(司令長官草鹿任一中将)の指揮下に入り、外南洋部隊支援隊に編入される[151][152]。 7月10日、西村司令官直率の4隻(熊野、鈴谷、有明、朝凪)はラバウルに進出した[153]。7月12日、輸送作戦中の増援部隊は連合軍巡洋艦部隊と交戦、川内型軽巡2番艦神通(第二水雷戦隊旗艦)の沈没により増援部隊指揮官の伊崎俊二少将と第二水雷戦隊司令部は全滅した(コロンバンガラ島沖海戦[154]

7月15日、第七戦隊は外南洋部隊夜戦部隊に編入される[155][156]。7月16日の出撃(熊野、鈴谷、川内、雪風、浜風、夕暮、清波)は空振りに終わった[157]

7月20日、夜戦部隊指揮官西村祥治第七戦隊司令官(熊野座乗)指揮下の夜襲部隊(重巡3隻《熊野鈴谷鳥海》、水雷戦隊《川内〔第三水雷戦隊司令官伊集院松治少将〕、雪風浜風夕暮清波》)は、輸送部隊(三日月水無月松風)と共にコロンバンガラ島への輸送作戦を実施すべくラバウルを出撃[158][159]。 だがPBYカタリナ飛行艇"ブラックキャット"に誘導されたアメリカ軍機の夜間空襲を受けた[160]。駆逐艦2隻(夕暮、清波)が沈没した[161][162]。熊野にはTBFアベンジャー雷撃機が投下した魚雷1本が命中[163]木俣滋郎によれば、魚雷ではなく反跳爆撃であるという[164]。舵故障を起こしたため熊野は浜風に護衛されて避退した[165]

7月21日、西村司令官は鈴谷に旗艦を変更した[166][167]。熊野は工作艦山彦丸の支援を受ける[168]。7月29日、応急修理を終えた熊野は駆逐艦2隻(皐月望月)に護衛されてラバウルを出発、トラックへ回航される[169]。 トラックに到着後、8月中は工作艦明石等の応急修理を受けた[170]。8月28日にトラック泊地を出発[20]、9月2日に駆逐艦雪風(第16駆逐隊)に護衛されて呉に帰還した[171]

熊野は呉にて修理を行った。 11月1日附で西村少将(第七戦隊司令官)は海軍中将に昇進[172]。熊野は11月3日、南方へ出撃した(8日、トラック泊地着)[20]。クェゼリン環礁等、太平洋諸島を行動する。11月15日附で左近允尚敏少尉候補生(左近允尚正少将次男)は熊野乗組[173]を命じられる(翌年3月海軍少尉任官、引き続き熊野乗組)[174]。 12月5日、トラック到着[175]。12月7日、第七戦隊旗艦に復帰[176]。25日までトラック泊地で待機[20]。その後、カビエンへの輸送任務(戊三号輸送任務)に第一部隊(熊野、鈴谷、谷風満潮)として参加する[177]。ちなみに、戊一号輸送任務は3隻(戦艦《大和》、駆逐艦《谷風山雲》)による本土からトラック泊地への陸兵輸送任務、戊二号輸送任務は重巡洋艦3隻(妙高羽黒利根)・駆逐艦2隻(白露藤波)によるトラック~カビエン輸送任務、戊三号輸送任務第二部隊は、軽巡洋艦2隻(能代大淀)・駆逐艦2隻(秋月、山雲)によるトラック~カビエン輸送任務である[178]。12月26日、熊野は戦艦大和に横付けして陸兵・物資を積載すると、同日夜にトラックを出撃してカビエンに向かう[179]。第一部隊(熊野、鈴谷、谷風、満潮)はアメリカ軍大型爆撃機に発見された事で一旦トラックに避退したのち、再出撃[180]。29日にカビエンに到着し物資揚陸に成功すると、1944年(昭和19年)1月1日にトラック泊地に帰還した[181]

昭和19年の戦い[編集]

1944年(昭和19年)1月1日、第八戦隊は解隊(八戦隊司令官岸福治中将は軍令部出仕)[182]。この再編により第七戦隊(熊野、鈴谷、最上)に利根型重巡洋艦2隻(利根筑摩)が編入される[183][184]。1月はトラック泊地に滞在。2月1日、トラックを出発し8日にパラオへ移動[185]。17日パラオ発、21日にリンガ泊地着[186]。 3月1日、第一機動艦隊第二艦隊(司令長官栗田健男中将)に編入される[187]。23日、筑摩に将旗が移り、熊野は第二小隊5番艦となった[188][189]。 3月25日、第七戦隊司令官は西村祥治中将から白石萬隆少将[190]に交代(西村中将は9月10日より第二戦隊司令官)[191]。 3月29日附で熊野艦長も藤田俊造大佐から人見錚一郎大佐に替わった[192]。 4月6日、熊野は第七戦隊旗艦に復帰した[193]。5月1日、戦艦大和、重巡洋艦摩耶がリンガ泊地に到着[194]。18日以降、熊野はタウイタウイ泊地に停泊した[195]

6月13日、熊野は同泊地を出撃し6月19日のマリアナ沖海戦に参加する[196]。同海戦では熊野の水上偵察機がアメリカ軍機動部隊を発見し、その位置を報告した[197]。第七戦隊(最上のみ機動部隊乙部隊所属)は前衛艦隊(司令長官栗田健男中将、第三航空戦隊・第二艦隊主力)に所属し、さらに第十一群(瑞鳳、大和、熊野、鈴谷、利根、早波、浜波、玉波)を編成して戦闘に臨んだ[198]。6月19日、小沢機動部隊第一次攻撃隊を誤射[199][200]。6月25日、日本本土に戻った[201]。対空兵器などを増強[202]。7月1日、熊野航海長は浜崎隆中佐から山縣侠一少佐に交代[203] 7月8日、陸軍部隊のシンガポール輸送のため第一戦隊(大和、武蔵)等と共に呉を出撃[204]。7月16日、シンガポールに到着し、以後はリンガ泊地で訓練に従事した[20]。 7月21日、熊野主計長は綿貫三郎主計大尉から鳥越剛太郎主計大尉(当時知床主計長。駆逐艦弥生沈没時の主計長)に交代[205]。 9月27日、通信機を特積する[206]

レイテ沖海戦[編集]

10月中旬、捷一号作戦に於いて第七戦隊(司令官白石万隆中将:熊野《旗艦》、鈴谷、筑摩、利根)は、第一遊撃部隊(第二艦隊/通称栗田艦隊、司令長官栗田健男中将/旗艦愛宕)第二部隊(司令官鈴木義尾中将、旗艦金剛)に所属してアメリカ軍と交戦する[207]。だが激しい戦闘により第七戦隊は2隻(鈴谷、筑摩)を喪失し、熊野も大破した。経過は以下のとおりである。

10月15日、第七戦隊司令官白石萬隆少将は海軍中将に昇進[208]。 10月23日朝、栗田艦隊はパラワン島沖でアメリカ潜水艦2隻(ダーターデイス)に襲撃され、重巡2隻(愛宕《第二艦隊旗艦》、摩耶)が沈没、重巡1隻(高雄)が大破して駆逐艦2隻(朝霜、長波)に護衛されて離脱という被害を出した[209][210]。愛宕沈没後の第一遊撃部隊指揮官栗田健男中将は第一戦隊司令官宇垣纏中将が座乗する戦艦大和(第一戦隊旗艦)に将旗を掲げた。熊野搭載の水上偵察機2号機・3号機は対潜哨戒の後、サンホセ基地に向かった[211]

10月24日、午前10時25分、熊野水偵1号機は空襲前に退避、サンホセへ向かった[212]。直後、シブヤン海にて栗田艦隊はアメリカ軍機動部隊(第38任務部隊)艦載機の空襲を受け、第一遊撃部隊・第二部隊(第三戦隊《金剛榛名》、第七戦隊《熊野、鈴谷、筑摩、利根》、第十戦隊《矢矧浦風浜風磯風雪風野分清霜》)は旗艦金剛(指揮官鈴木義尾第三戦隊司令官)を中心とする輪形陣を形成、熊野は中心(金剛)の斜め右前方3kmに配置された[213]。一連の戦闘により戦艦武蔵が沈没し、損傷を受けた3隻(妙高、浜風、清霜)が艦隊から離脱した。熊野には7機が襲来、爆弾1発が四番砲塔に命中するも不発であった[214][215]。この対空戦闘における消費弾数は、主砲対空弾約70発、高角砲弾約200発、機銃弾約1000発と記録されている[216]

25日早朝、栗田艦隊はアメリカ軍護衛空母部隊と遭遇、水上戦闘を行った(サマール島沖海戦[217]。午前7時18分、熊野は米駆逐艦ジョンストン(軽巡と誤認)に対し射撃を開始、距離9700mに迫った[218]。砲撃中にTBFアベンジャー雷撃機(爆装)3機の攻撃を回避したところ、ジョンストンが発射した魚雷10本のうち1本が熊野の艦首に命中した[219][220]。この海戦で熊野は艦首から約13mを喪失し、最大発揮速力14-15ノットとなって艦隊から落伍した[221][222]。白石司令官は第七戦隊の指揮を一時的に則満宰次大佐(筑摩艦長)にまかせると、二番艦(鈴谷)への移乗を決定する[223][224]。第七戦隊司令部は洋上に停止した熊野~鈴谷間をカッターボートで移動し[225]、8時30分以降鈴谷に中将旗を掲げた[226]。熊野は単艦での戦場離脱を命じられた[227]。人見(熊野)艦長は11時23分に「0724魚雷1、10番フレーム附近ニ命中、25番フレームヨリ大破浸水、35番フレーム隔壁ニ補強防水確実。出シ得ル最大速力15ノット」と打電、熊野の退避航海が始まった[228]。なお同日の戦闘で第七戦隊は2隻(鈴谷、筑摩)を喪失、七戦隊旗艦は利根(艦長黛治夫大佐)に移った[229][230]

損傷した熊野は単艦でコロンへの航海を行うが、その途上でも度重なるアメリカ軍機の空襲を受けた[231]。25日正午前、日本海軍の水上機瑞雲3機と遭遇し2機から爆撃され、続いて天山艦上攻撃機1機から誤爆される[232][233]。日没前、今度はアメリカ軍機約30機の空襲を受ける[234][235]零式艦上戦闘機の上空掩護もあり、大きな被害なく航行を続けた[236]

26日朝、単独航行中にミンドロ島南端冲で再びアメリカ軍機動部隊艦載機の空襲を受けた[237][238]。この部隊は空母ハンコックから発進した戦闘機12、急降下爆撃機4、雷撃機7であった[239]。艦中央部(煙突付近)に爆弾1発が命中した他、至近弾により船体に亀裂が走り機関部に浸水、速力2ノットに低下[240][241]。アメリカ軍は1000ポンド爆弾1発命中、魚雷2本命中、写真判定により沈没確実と報告した[242]。しかし、応急処置により9ノット発揮が可能となった[243]。 13時30分頃、第二遊撃部隊(志摩艦隊)所属の2隻(駆逐艦《第一水雷戦隊司令官木村昌福少将座乗》、重巡《足柄》)が合流した[244][245]。夕刻、3隻(熊野、霞、足柄)はコロン湾に到着[246]、タンカーの日栄丸に横付けして燃料を搭載した[247][248]。栗田長官は熊野に対し応急修理の上、マニラを経て日本本土への修理を命じた[249]。 第七戦隊戦闘詳報は、レイテ沖海戦における本艦の損傷について『熊野は二十五日の水上戦斗に於ける被雷後出し得る速力十五節となり旗艦変更後 単独回航中数次の爆撃を受け一時航行不能に陥りしも応急処置により辛うじて十節航行可能となり 「コロン」を経て「マニラ」に回航せり。人員船体兵器機関共損傷甚だしく大修理を必要とし 当分戦斗参加の見込なし。』と報告している[250]。また熊野水上偵察機も10月28日の時点で1機のみ健在であった[251]。29日の報告によれば、レイテ沖海戦における熊野の戦死者は56名、重軽傷者約100名[252]

燃料補給を終えた熊野は駆逐艦2隻(浜風藤波《もしくは清霜》)の到着を待っていたが、昼間空襲の懸念や速力の観点から合同を待たず、10月27日午前0時30分、単艦でコロンを出港した[253][254]。その後、午前5時頃に夕雲型駆逐艦14番艦沖波(第31駆逐隊)と合流し[255]、沖波に護衛されてマニラに向かった[256]。28日午前7時30分、マニラ着[257]。29日、マニラはアメリカ軍機約290機の空襲を受ける。重巡3隻(那智、青葉、熊野)は共に対空戦闘を行い、熊野に損害はなく、僚艦も那智が火災という被害に留まった[258][259]。熊野側は高雄市台湾)への回航を希望して司令部と折衝したが護衛艦の手配が付かず、高雄回航を断念し、時機を待つことにした[260]。 その後連合艦隊司令部より、青葉型重巡洋艦1番艦青葉と共に本土回航を命じられた[261][262]。当時の青葉(第十六戦隊所属《司令官左近允尚正中将》)は10月23日にアメリカの潜水艦ブリーム (USS Bream, SS/SSK/AGSS-243)の雷撃で大破しており[263][264]、最大発揮速力5-8ノット程で本土での修理が必要であった[265][266]

11月5日、重巡2隻(熊野、青葉)は駆逐艦島風(島風砲術長は左近允尚章大尉)[267][268]等を残してマニラを出港し、マタ31船団(2000トン級タンカー3隻、小型貨物船3隻、海防艦2隻、駆潜艇5隻)と合流する[269][264]。速力8-9ノットでルソン西岸間際を航行、台湾の高雄まで一週間かかる予定であった。熊野達はマニラ上空にアメリカ軍機大編隊を視認したが、アメリカ軍機が船団に襲来する事はなかった[270]。同日のマニラ空襲により重巡那智(第五艦隊旗艦)が沈没、駆逐艦等が大破した[271]。 マタ31船団は九六式陸上攻撃機や練習機の対潜警戒下のもと、夕刻にサンタクルーズ入港、青葉に対し清水の補給を行う[272]。11月6日、サンタクルーズを出港[273]。熊野は青葉の0.8km前方を航行していた[274]

熊野の最期[編集]

熊野は最後の1ヶ月間に魚雷6本(もしくは8本)、爆弾7発(もしくは10発)命中という被害を受けた[275][276]。また乗員は本土帰還を目指して対空戦闘に応急修理にと奮闘したが帰還は果たせなかった。そこで最後の1ヶ月の被害とその応急修理を中心に詳細を記す。

  • 1944年10月25日
    • 7時24-25分 - サマール沖海戦フレッチャー級駆逐艦ジョンストンが発射した魚雷1本が艦首に命中。艦首の抵抗のため速力12ノットに低下[276]。旗艦を鈴谷に変更[276]
    • 17時15分 - サンベルナルジノ海峡で艦載機の攻撃を受ける。至近弾により左舷缶室に浸水。
  • 10月26日
    • 8時10分 - アメリカ軍機動部隊艦載機の急降下爆撃を受ける。艦橋左舷、煙突付近に3発命中し右舷缶室にも被害。一時航行不能。10ノットでコロンに向かう[276]。途中3回空襲を受けたが被害無し。
    • 18時30分 - 同日コロン到着。燃料補給後、駆逐艦沖波の護衛でマニラへ向かう[276]
  • 10月28日 7時30分、マニラ到着。特務艦隠戸に横付しマニラ第103工作部による艦首の応急修理を受けた[262]。機関部を整備し速力10ノット発揮可能[277]
  • 10月29日 アメリカ軍第38任務部隊艦載機290機によるマニラ空襲。熊野に被害はなかった。
  • 11月4日 - 回航準備完了。艦首波防装置により速力18ノット可能[278]
  • 11月5日
    • 1時00分 - 重巡青葉と共にマニラを出港、マタ31船団と合同[279][276]
    • 18時30分 - ルソン島のサンタクルーズに到着[280]
  • 11月6日
    • 7時00分 - サンタクルーズを出港[281]。船団はリンガエン湾西方でアメリカ軍の潜水艦(ブリームギターロレイトンレイの4隻)の攻撃を受けた[282][271]。ギターロは「カゴの中の最大のスモモ=熊野」に魚雷9本を発射し、爆発音から3本命中を主張[282][271]
    • 9時20分 - 陸岸に大爆音と大水柱、熊野から魚雷航跡確認できず[283]
    • 9時55分 - 熊野は潜望鏡(ブリーム)を発見し、取り舵で魚雷を回避[284]。ブリーム、アメリカ軍時間8時43分に熊野に対し魚雷4本を発射、命中音2回を確認する[282][271]
    • 10時40分 - 青葉前方に潜望鏡を発見する[285]
    • 10時42分 - 潜望鏡(レイトン)を発見、魚雷6本を取舵で回避、爆雷8個を投下・2発命中により敵潜撃沈と記録[286]。アメリカ軍時刻9時43分、レイトンが魚雷6本を発射して3本の命中を確認し熊野撃沈と錯覚[282][287]
    • 10時48分 - 15ノットで航行中[288]、魚雷4本を右舷至近距離に発見する。魚雷2本が艦首右舷および右舷機械室附近に命中[289]。右舷のバルジに幅5m、長さ10mの破孔が生じた[290]。全機関室が満水となり傾斜11度、既に13mもがれていた艦首は更に15mが脱落し、計28mを喪失した[291]。一番砲塔は前に傾き[292]、熊野の各所で浸水被害が生じた[273]。被雷位置は北緯6度11分、東経119度44分[293]。一方で熊野に魚雷4本を発射したレイは潜航退避しており、1時間後に浮上すると停止した熊野とタンカーを確認した[282]。この後、レイ(ブリームとも)は海中の峰に座礁して浸水、熊野に対する再攻撃を断念した[282][287]。熊野は1時間45分の間に23本の魚雷を発射されていた事になる[282]
    • 10時50分 - アメリカ軍機による空襲を懸念して自艦の魚雷1本を投棄[294]
    • 11時00分 - 青葉は『われ曳航能力なし』と信号し、船団に続行した[295]。青葉乗組員は帽子を振って別れを告げたという[296]。2D型戦時標準貨物船道了丸(日本郵船、2,274トン)、駆潜艇18号・37号が救援のため残置された[297]
    • 11時30分 - 右傾斜8度に減少[298]
    • 14時25分 - 応急処置に成功、右傾斜11度で安定[299]。曳航作業進まず。
    • 18時30分 - 右傾斜4度、浸水量約5000トンと推定[300]
    • 20時00分 - 貨物船道了丸による曳航成功[301][287]
  • 11月7日
    • 7時00分 - 向い潮により道了丸による曳航前進困難[276]、苦労しながらサンタクルーズへ向かう[302]
    • 16時20分 - サンタクルーズ到着[303]。艦首部喪失のため、後甲板に搭載していた1.5トン錨を艦尾から投入して固定[273]第21号掃海艇、熊野救援命令を受領[304]
  • 11月8日
    • 道了丸、サンフェルナンドへ向け出港。
    • 第21掃海艇はサンタクルーズ到着、熊野警戒任務に就く[305]
  • 11月9日
    • 台風による暴風雨で走錨、座礁の危機があったが代用錨と掃海艇の協力により、急場をしのぐ[275][306]
    • 復水器の破損や蒸気漏れのため台湾(高雄)到着までに必要な真水500tが不足、ドラム缶を使い川から真水を毎日30tずつ運ぶ[275]。艦首部をはじめ、損傷箇所の補強・応急修理を行う[307]
  • 11月12日 - 駆潜艇20号と慶州丸が到着[308]
  • 11月16日
    • 掃海艇21号より真水の補給を受ける[309]
    • マニラ停泊中の特設掃海艇第21長運丸(長崎合同汽船、195トン)に、熊野の警護を行うよう命令が下った。
  • 11月17日
    • 掃海艇21号より真水の補給を受け、重油を移載[310]。同艦はマニラに向かう[311]
    • 第21長運丸、サンタクルーズ到着。警戒艇は第21長運丸に交代する[312][313]
  • 11月19日 - F6Fヘルキャット延べ32機に機銃掃射され、戦死4名、重軽傷者19名を出す[314]
  • 11月20日 - 係留したまま試運転を行い、一軸運転に成功するも蒸気漏洩多し[315]
  • 11月21日 - 速力6ノット発揮可能になる[316]
    • 同日 - 第七戦隊解隊[317]。熊野は利根と共に第五戦隊に編入された[318][319]
  • 11月24日 - 海防艦八十島(旧寧海級巡洋艦平海)と戦車運搬艦3隻(112号、142号、161号)に熊野の戦傷者十数名を移乗させ、マニラへの移送を依頼する[320]
  • 11月25日
    • 7時00分 - F6F十数機が来襲、警戒艇第21長運丸を攻撃して炎上させる[321]
    • 9時00分 - アメリカ軍機約90機が来襲、八十島以下4隻を攻撃する[322]。船団は全滅し、便乗していた熊野戦傷者全員戦死[323]
    • 12時10分 - 長運丸が爆沈[324]
    • 14時30分 - 米空母タイコンデロガの艦載機(F6Fヘルキャット8、SB2Cヘルダイバー13、TBFアベンジャー9、計30機)の空襲が始まる[325]
    • 14時40分 - 魚雷5本・爆弾4発が命中[326]。傾斜が増し、左舷へ転覆する[327]
    • 15時15分 - 沈没[328]。脱出者はF6Fヘルキャット1機、TBFアベンジャー2機の機銃掃射を浴びた[329]
    • 15時35分 - アメリカ軍機は去り、桟橋から派遣された内火艇カッターボートでの救助が始まった[330]。沈没までに99名が戦死、沈没時の戦闘で熊野の人見艦長・真田副長・鳥越主計長以下399名が戦死した[275][331]。当時生存者は636名(准士官以上51名、下士官兵554名とも)であったが、490名は陸上部隊に編入されたという記録が残る[332]、その後の陸戦(マニラの戦い)で、更に497名が戦死したとされる[333][334]

戦後の慰霊[編集]

1944年(昭和19年)12月5日附で白石信秋中佐(熊野砲術長)は横須賀鎮守府附となる[335]1945年(昭和20年)1月20日附で、金剛型戦艦1番艦金剛と重巡洋艦2隻(熊野、那智)は除籍された[2]。生還した左近允尚敏中尉(熊野航海士)は3月15日附で松型駆逐艦」航海長に任命[336]。7月28日に梨が撃沈されると、8月8日附で姉妹艦初桜航海長に補職[337]。8月15日の終戦を迎えた。

一方、被雷した熊野をサンタクルーズまで曳航した道了丸は、サンフェルナンド、香港、高雄、基隆を経由して大阪に到着。その後、熊野の生まれ故郷である神戸に回航されて修理を受ける。1945年(昭和20年)3月23日17時12分、サイ05船団に加入して石垣島に向かう途中、米潜スペードフィッシュ(USS Spadefish, SS-411)から発射された魚雷1本が右舷に命中。この時、道了丸は震洋28隻、築城材料、機雷、弾薬、食糧、震洋隊隊員189名を含む兵員・便乗者計323名を乗せており、被雷と同時に搭載していた震洋や弾薬が誘爆。破片を飛散させながらわずか25秒で轟沈し、船員39名、兵員21名、震洋隊隊員129名を含む便乗者262名が戦死した。

1968年(昭和43年)12月2日、観光中のダイバーがサンタクルーズに眠る熊野の船体を発見した。なお、熊野の艦内にあった約60柱の遺骨を持ち帰ったという[338]

1978年(昭和53年)11月19日[339] - 遺族など関係者の手により、呉市長迫公園(旧海軍墓地)に慰霊碑が建立された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』120-122頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 須賀彦次郎 大佐:1936年12月1日[25] - 1937年10月31日[35]

艦長[編集]

  1. 西村祥治 大佐:1937年10月31日[35] - 1938年11月15日[40]
  2. (熊野兼日向艦長)西村祥治 大佐:1938年11月15日[40] - 1938年12月15日[41]
  3. 西村祥治 大佐:1938年12月15日[41] - 1939年5月18日[42]
  4. 八代祐吉 大佐:1939年5月18日[42] - 1939年11月15日[46]
  5. 有馬馨 大佐:1939年11月15日[46] - 1940年10月15日[49]
  6. 小畑長左衛門 大佐:1940年10月15日[49] - 1941年5月24日[51]
  7. 田中菊松 大佐:1941年5月24日[51] - 1943年2月17日[133]
  8. 藤田俊造 大佐:1943年2月17日[133] - 1944年3月29日[192]
  9. 人見錚一郎 大佐:1944年3月29日[192] - 11月25日戦死[340](同日附で海軍少将)[341]

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • 石渡幸二 「栗田提督論/レイテ沖海戦の指揮官達」『太平洋戦争の提督たち』 中央公論社、1997年12月。ISBN 4-12-203014-5
  • 岩崎剛二 「遺骨なく遺髪なく 第十六戦隊司令官・左近允尚正中将の運命」『海と空の八人の武人の生涯 最前線指揮官の太平洋戦争』 光人社NF文庫、2003年4月(原著1995年1月)。ISBN 4-7698-2379-7
  • 生出寿 『砲術艦長 黛治夫 海軍常識を覆した鬼才の生涯』 光人社NF文庫、1996年6月(原著1988年)。ISBN 4-7698-2124-7
  • 生出寿連合艦隊・名指揮官の生涯 戦場の将器 木村昌福』 光人社、1997年12月。ISBN 4-7698-0835-6
  • 奥宮正武 『太平洋戦争と十人の提督(上)』 朝日ソノラマ、1983年8月。ISBN 4-257-17030-1
  • 奥宮正武 「9 栗田健男中将 ― 終始前線で苦闘した海の武将 ―」『太平洋戦争と十人の提督(下)』 朝日ソノラマ、1983年8月。ISBN 4-257-17031-x
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 木俣滋郎 「13.重巡洋艦『熊野』」『撃沈戦記 海原に果てた日本艦船25隻の航跡』 光人社NF文庫、2013年6月(原著1988年)。ISBN 978-4-7698-2786-3
  • 古村啓蔵ほか 『重巡十八隻 軍縮条約が生んだ最先端テクノロジーの結晶』 潮書房光人社、2015年4月。ISBN 978-4-7698-1590-7
    • 戦史研究家伊達久『重巡戦隊の編成変遷とその航跡の全貌』
    • 当時熊野罐部指揮官・海軍大尉本城誠治『機関員が体験した「熊野」ソロモンの死闘 甲板上の様子はまるきり不明、不安と焦燥の中で艦底に戦う夜戦記録
    • 当時鈴谷艦長・海軍大佐寺岡正雄『「鈴谷」最後の艦長レイテ沖決死の突撃行 至近弾により次々と誘爆、全艦火の海と化し沈没したサマール沖の実相
    • 当時利根艦長・海軍大佐黛治夫『不滅の重巡「利根」の悔いなき航跡 落日せまる太平洋を縦横無尽に疾駆したライオン艦長の戦場報告
    • 戦史研究家落合康夫『日本海軍重巡洋艦十八隻戦歴一覧』
  • 左近允尚敏 『捷号作戦はなぜ失敗したのか レイテ沖海戦の教訓中央公論社、2010年10月。ISBN 978-4-12-004169-3 著者は熊野の航海士としてレイテ沖海戦に参加した。
  • 外山三郎 『図説 太平洋海戦史 第2巻 写真と図説で見る日米戦争光人社、1995年7月。ISBN 4-7698-0710-4
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 竹村悟 「第六章 青葉は沈まず」『太平洋戦記ノンフィクション 軍艦青葉は沈まず 完勝!第一次ソロモン海戦』 今日の話題社、1986年4月。ISBN 4-87565-117-1
  • イアン・トール著、村上和久訳 「第十二章 決戦のミッドウェイ」『太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで 下』 文藝春秋、2013年6月。ISBN 978-4-16-376430-6
  • 豊田穣 『雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦 栄光の生涯』 光人社NF文庫、2004年(原著1983年)。ISBN 978-4-7698-2027-7
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 文藝春秋編 「だれが真の名提督か <司会>野村實松田千秋小島秀雄黛治夫野元為輝横山一郎」『完本・太平洋戦争(下)』 文藝春秋、1991年12月。ISBN 4-16-345930-8
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 牧島貞一『炎の海 報道カメラマン空母と共に』(光人社、2001年) ISBN 4-7698-2328-2
    著者は日映カメラマン。ミッドウェー海戦後乗艦、南太平洋海戦まで「熊野」に乗艦。
  • 「丸」編集部『丸スペシャルNo122 重巡最上型/利根型』(潮書房、1987年)
  • 「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第7巻 重巡III』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0457-1
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集12 重巡 最上・三隈・鈴谷・熊野・利根・筑摩』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年5月。ISBN 4-7698-0782-1
  • 「丸」編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • 元最上航海長・海軍大佐山内正規『七戦隊三隈と最上の衝突 ミッドウェー海戦もうひとつの悲劇
    • 元熊野掌航海長兼通信長・海軍大尉青山総市『前衛部隊熊野マリアナ沖決戦記』
    • 元鈴谷艦長・海軍大佐寺岡正雄『七戦隊鈴谷サマール沖の最期』
    • 元熊野航海長・海軍中佐山縣侠一『レイテ還り熊野の孤独な戦い』
  • 「丸」編集部編 『巡洋艦戦記 重巡最上出撃せよ』 光人社、2011年8月(原著1990年)。ISBN 978-4-7698-2700-9
    • 連合艦隊最後の決戦場レイテ沖海戦回想録―左近允尚敏『われらが軍艦 重巡「熊野」の最期』
    • ミッドウェーの惨劇を艦長が吐露する痛恨の手記―曾爾章『重巡最上出撃せよ ミッドウェー海戦もうひとつの悲劇
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.38 最上型重巡』(学習研究社、2002年) ISBN 4-05-602880-X
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 官幣大社熊野坐神社社務所編 『官幣大社熊野坐神社年表』 官幣大社熊野坐神社社務所、1942年2月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和9年度海軍予算査定資料』。Ref.A09050137200。
    • Ref.C10100488600『明治37年3月1日~明治37年12月1日 軍艦熊野丸現状報告』
    • Ref.C05110099200『第34号 水雷母艦熊野丸日本海海戦航跡図(熊野丸戦闘報告付図)』
    • Ref.C10080514900『熊野丸購入の件』
    • Ref.C10080514900『水雷母艦熊野丸機関部戦時日誌 大正3年8月』
    • Ref.C05110833900『第1286号の3 12.10.22酒保設置の件 軍艦熊野』
    • 『第5641号 12.11.6寄贈品受納に関する件』。Ref.C05110921000。
    • Ref.C05034684400『第384号 11.10.12軍艦能野進水式に参列の為兵庫県へ出張の件』
    • 『機密川営第15号の2022 軍艦熊野命名式次第書並式場設備に関する件』。Ref.C05034775600。
    • 『官房機密 第1414号の2 11.11.21 軍艦熊野用砲塔輸送の件』。Ref.C05035374300。
    • 『第八輯 観兵式及観艦式 第二編 紀元二千六百年特別観艦式 第三章 実施』。Ref.A10110010200。
    • 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030046200。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030046300。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030046400。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030046500。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030046600。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030046700。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030046800。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030040400。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030023000。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030023100。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(8)』。Ref.C08030023200。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030047200。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030047300。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030047400。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030047500。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030047600。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030047700。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030047800。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年11月30日 第16戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030054100。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030767200。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030767300。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030767400。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030767500。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030767600。
    • 『昭和17年9月~昭和17年11月 第7戦隊作戦記録綴 其の2(1)』。Ref.C08030767900。
    • 『昭和17年9月~昭和17年11月 第7戦隊作戦記録綴 其の2(2)』。Ref.C08030768000。
    • 『昭和17年9月~昭和17年11月 第7戦隊作戦記録綴 其の2(3)』。Ref.C08030768100。
    • 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030768400。
    • 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030768400。
    • 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030768400。
    • 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030768400。
    • 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030768400。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年1月31日 第7戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030769100。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年1月31日 第7戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030769200。
    • 『昭和16年12月1日~昭和18年3月15日 第9戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030049500。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101000。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年7月19日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030117000。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年7月19日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030117100。
    • 『昭和18年7月1日~昭和18年12月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030105800。
    • 『昭和18年9月1日~昭和18年9月30日 佐伯防備隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030408700。
    • 『昭和17年1月12日~昭和19年1月1日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌(8)』。Ref.C08030048900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年4月30日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030571800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年4月30日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030571900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年4月30日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030572000。
    • 『昭和19年6月1日~昭和19年6月30日 軍艦熊野戦時日誌』。Ref.C08030746500。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030572300。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030572400。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030572500。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030572600。
    • 『昭和19年10月1日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(3)第7戦隊』。Ref.C08030039300。
    • 『昭和19年10月18日~昭和19年10月25日 軍艦鈴谷戦闘詳報』。Ref.C08030568900。
    • 『昭和19年10月20日~昭和19年10月28日 捷号作戦戦闘詳報(比島方面決戦)(6)/自昭和十九年十月二十三日至同年十月二十六日 第七戦隊戦斗詳報(菲島沖海戦ヲ含ム)第七戦隊司令部』。Ref.C08030037100。
    • 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日 第16戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030057200。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年10月31日 特設運送船日栄丸戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030685700。
    • 『昭和19年8月1日~昭和20年4月30日 第21号掃海艇戦時日誌(2)』。Ref.C08030611500。
    • 『第1表/2.1944年10月18日以降増援兵力』。Ref.C14061098700。
    • 『昭和15年12月25日現在10版内令提要追録第8号原稿/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071993800。
    • 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071997700。
    • 『昭和15年12月25日現在10版内令提要追録第8号原稿/ 巻1/第6類機密保護』。Ref.C13071993000。
    • 『昭和17年8月10日. 昭和20年7月13日 内令及び海軍公報(軍極秘)/昭和20年1月』。Ref.C12070204000。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f #艦船要目p.3『熊野|二等巡洋艦|長(米)190.50|幅(米)18.20|喫水(米)4.50|排水量(噸)(基準)8,500|速力(節)33.0|短艇數9|神戸川崎造船所|昭和9-4-5|11-10-15|12-10-31|15.5c/m…15 12.7c/m高角8|(艤装略)』
  2. ^ a b #内令昭和20年1月p.31『内令第五〇號(軍極秘) 呉鎮守府在籍 軍艦 熊野|佐世保鎮守府在籍 軍艦 金剛 軍艦 那智 右帝國軍艦籍ヨリ除カル 昭和二十年一月二十日 海軍大臣』
  3. ^ 昭和12年10月31日付 海軍内令 第768号改正、海軍定員令「第48表 二等巡洋艦定員表 其ノ4」。士官35、特務士官9、准士官12、下士官200、兵618。この数字は飛行科要員を含み特修兵を含まない。
  4. ^ #捷号日誌(3)第7戦隊p.8『熊野/士官37、特准29、下士官310、兵715、其ノ他3、合計1094』
  5. ^ a b c #艦艇類別等級表(昭和15年12月25日)p.2『艦艇類別等級表|軍艦|巡洋艦|二等|最上型|最上、三隈、鈴谷、熊野』
  6. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.42『ニ等巡洋艦"最上 もがみ" 全要目{排水量8,500噸 速力33.0節 備砲15.5糎砲15門 12.7糎高角砲8門 魚雷發射管12門 起工昭和6年10月 竣工昭和10年7月 建造所呉海軍工廠} 最上級15糎砲軽巡は、倫敦條約の産物であるといつてもよい。勿論條約などに關係なく英米は建造する豫定でゐたのであらうがはつきりと10,000噸15.5糎砲と極限を定めたのは條約である。米國の"ブルツクリン"英國の"マンチエスター"は各12門であるらしが、わが國では一足お先に最上、三隈の2隻を竣工させた。我國最初の三聯砲塔であると同時に、最も進化した装備と艦内諸設備は全く目を瞠るばかりである。明日の海軍を擔ふ氣鋭の新戰部隊に嘱望する所は大きい。後續の"三隈 みくま"は昭和10年8月竣工したが"鈴谷 すゞや"や"熊野 くまの"は最近進水を遂げ、次に"利根 とね" "筑摩 ちくま"と建造計畫はすゝんでゐる。』
  7. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.138『熊野(くまの) 艦種 二等巡洋艦 艦名考 紀州熊野に採る』
  8. ^ #ハンディ判艦艇写真集12p.70『艦名の由来』
  9. ^ 進水、命名、艦船籍、類別、等級 pp.19-23』 アジア歴史資料センター Ref.C06091630000 『明治38年8月10日付 海軍大臣官房発行 官房第3040号』
  10. ^ 進水、命名、艦船籍、類別、等級 pp.19-23』 アジア歴史資料センター Ref.C06091630000 『明治38年8月10日付 海軍大臣官房発行 官房第3040号』
  11. ^ #官幣大社熊野坐神社年表p.37『昭和12年・皇紀2597年|○五月十五日、軍艦熊野艦ニ當社御神璽奉斎ニツキ同艦乗組南出大尉参拝、○十月三十日、本社御神璽ヲ軍艦熊野ニ鎮祭』
  12. ^ #第5641号寄贈品受納に関する件p.5
  13. ^ #S1905熊野日誌(2)p.3『(1944年)6月1日0830 熊野神社例祭』、p.45『7月1日 熊野神社例祭』
  14. ^ #昭和9年度海軍予算査定資料p.15『昭和六年補充計畫被代艦調』
  15. ^ 第614号 9.3.23第4中型巡洋艦甲板製造の件訓令中改正の件』 アジア歴史資料センター Ref.C05110732200 
  16. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.203『◎二等巡洋艦熊野命名ノ件 昭和九年三月十日(達三三)艦艇製造費ヲ以テ昭和八年度ニ於テ建造ニ着手ノ二等巡洋艦一隻ニ左ノ通命名セラル 株式會社川崎造船所ニ於テ建造 八千五百噸級巡洋艦 熊野クマノ』
  17. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.203『◎敷設艦沖島命名ノ件 昭和九年三月十日(達三四)艦艇製造費ヲ以テ昭和八年度ニ於テ建造ニ着手ノ敷設艦一隻ニ左ノ通命名ス 株式會社播磨造船所ニ於テ建造 敷設艦 沖島オキノシマ』
  18. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.68『昭和九年三月十日(内令八二)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 巡洋艦二等ノ欄最上型ノ項中「鈴谷」ノ下ニ「、熊野」ヲ加ヘ、敷設艦ノ項中「八重山」ノ下ニ「、沖島」ヲ加フ』
  19. ^ 第2860号12.7.31軍艦熊野、駆逐艦荒潮及朝雲工事概括表変更認許の件 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C05110732900 
  20. ^ a b c d e f g #ハンディ判艦艇写真集12p.101(重巡洋艦『熊野』行動年表)
  21. ^ #軍艦熊野命名式次第書並式場設備に関する件p.14
  22. ^ 『第384号 11.10.12軍艦能野進水式に参列の為兵庫県へ出張の件』p.3
  23. ^ 昭和11年10月16日 海軍公報第2887号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070358100 ○進水 神戸川崎造船所ニ於テ建造中ノ軍艦熊野ハ昨十五日進水セリ』
  24. ^ #軍艦熊野用砲塔輸送の件pp.3-4
  25. ^ a b 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクションhttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959458 p.20
  26. ^ 昭和11年12月11日 海軍公報第2931号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C12070358800 『○艤装員事務所設置 軍艦熊野艤装員事務所ヲ在神戸監督官事務所内ニ、驅逐艦江風艤装員事務所ヲ株式會社藤永田造船所内ニ設置シ本月七日孰モ事務ヲ開始セリ』
  27. ^ 昭和12年7月8日 海軍公報(部内限)第2657号 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.C12070366600 『○艤装員事務所移動 軍艦熊野艤装員事務所ヲ神戸海軍監督官事務所内ニ設置中ノ處七月三日ヨリ之ヲ呉海軍工廠構内本艦内ニ移動ス』
  28. ^ 昭和12年8月12日 海軍公報(部内限)第2687号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C12070367100 『○艤装員事務所移轉 軍艦熊野艤装員事務所ヲ呉海軍工廠構内ニ設置中ノ處本月八日神戸海軍監督官事務所内ニ移轉セリ』
  29. ^ 昭和12年10月4日 海軍公報(部内限)第2731号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C12070368200 『○事務所移轉 軍艦熊野艤装員事務所ヲ自九月二十八日 至十月六日 呉海軍工廠構内ニ移轉ス』
  30. ^ 昭和12年10月14日 海軍公報(部内限)第2740号 p.38』 アジア歴史資料センター Ref.C12070368300 ○事務所移轉 軍艦熊野艤装員事務所ヲ呉海軍工廠構内ニ設置中ノ處十月九日之ヲ神戸海軍監督官事務所ニ移轉ス』
  31. ^ #日本軍艦集2600年版p.30『二等巡洋艦 熊野(くまの) 基準排水量8,500噸、長さ190.5米、幅18.20米、平均吃水4.5米、速力33.0節、備砲15.5糎砲15門、12.7糎砲8門、魚雷發射管12門、起工昭和9年4月5日、進水昭和11年10月15日、竣工昭和12年10月31日、建造所神戸川崎造船所―三隈と同型。ほかに鈴谷があり、利根、筑摩(この二艦15.5糎砲12門)がある。』
  32. ^ #艦船要目p.3『鈴谷|二等巡洋艦|(艦要目略)|横須賀工廠|昭和8-12-11|9-11-20|12-10-31|15.5c/m…15 12.7c/m高角8|(艤装略)』
  33. ^ #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.20『大潮(艦要目略)舞鶴工廠|11-8-5|12-4-19|12-10-31|(兵装略)』
  34. ^ #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.20『満潮|(艦性能略)|藤永田造船所|10-11-5|12-3-15|12-10-31|(艦兵装略)』
  35. ^ a b c 昭和12年10月31日(発令10月31日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  36. ^ 故海軍中将須賀彦次郎位階追陞ノ件 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.A11115017200 
  37. ^ 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.16澤本補職、p.20水崎免職・柴田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  38. ^ 昭和12年12月3日 海軍公報(部内限)第2780号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C12070368900 ○旗艦指定 第七戰隊司令官ハ十二月一日旗艦ヲ熊野ニ指定セリ』
  39. ^ 昭和12年12月7日 海軍公報(部内限)第2783号 p.10』 アジア歴史資料センター Ref.C12070369000 『○将旗掲揚 第四航空戰隊司令官ハ十二月五日将旗ヲ能登呂ニ掲揚セリ/第一根拠地隊指揮官ハ十二月五日将旗ヲ朝日ニ掲揚セリ/第七戰隊司令官ハ十二月六日将旗ヲ熊野ニ掲揚セリ/第二航空戰隊司令官ハ十二月六日将旗ヲ龍驤ニ掲揚セリ』
  40. ^ a b c 昭和13年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第261号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074500 
  41. ^ a b c d 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第273号 p.11澤本免職・清水補職、p.14西村免職・平岡補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  42. ^ a b c 昭和14年5月18日(発令5月18日付)海軍辞令公報(部内限)第337号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  43. ^ 昭和14年5月20日(発令5月20日付)海軍辞令公報(部内限)第338号 p.44』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  44. ^ 昭和14年5月24日(水)海軍公報(部内限)第3215号 p.21』 アジア歴史資料センター Ref.C12070380700 『○将旗掲揚 第六戰隊司令官ハ五月二十二日将旗ヲ利根ニ掲揚セリ』
  45. ^ 昭和14年5月26日(金)海軍公報(部内限)第3217号 p.29』 アジア歴史資料センター Ref.C12070380700 『○残務整理 第七戰隊司令部ニ係ル残務整理ハ自今第六戰隊司令部ニ於テ行フ』
  46. ^ a b c d 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.22三川補職、p.27八代免職、p.30有馬補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  47. ^ 昭和14年11月15日 海軍公報(部内限)第3363号 p.51』 アジア歴史資料センター Ref.C12070381900 『○旗艦指定 第二艦隊司令長官ハ第二水雷戰隊ノ旗艦ヲ神通ニ、第七戰隊ノ旗艦ヲ熊野ニ、第八戰隊ノ旗艦ヲ利根ニ、第三潜水戰隊ノ旗艦ヲ五十鈴ニ十一月十五日孰モ指定セリ|第八戰隊司令官ハ十一月十六日旗艦ヲ利根ニ指定セリ』
  48. ^ #紀元二千六百年特別観艦式・第三章p.1
  49. ^ a b c d 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  50. ^ 昭和15年11月1日(発令11月1日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.1三川免職・栗田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079300 
  51. ^ a b c 昭和16年5月26日(発令5月24日付)海軍辞令公報(部内限)第642号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081100 
  52. ^ a b 昭和16年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第695号 p.9前田免職、p.10瀧川補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 
  53. ^ 昭和16年9月20日(発令9月20日付)海軍辞令公報(部内限)第716号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082200 
  54. ^ 昭和16年11月1日(発令11月1日)海軍辞令公報(部内限)第738号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083000 
  55. ^ 昭和17年8月15日(発令8月15日)海軍辞令公報(部内限)第921号 p.21』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086600 
  56. ^ 昭和17年11月11日(発令11月10日)海軍辞令公報(部内限)第985号 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088000 
  57. ^ #戦隊行動調書p.7『編成 1D(熊野 鈴谷) 2D(三隈 最上)』
  58. ^ #十人提督(下)304頁
  59. ^ a b c d #太平洋戦争の提督たち85-88頁『バダビヤ沖の栗田提督』
  60. ^ #完本太平洋戦争下444頁
  61. ^ #S1704七戦隊日誌(1)pp.6-7『(一)「ベンガル」湾北部機動作戦』
  62. ^ #戦隊行動調書p.7『三.二六 馬来部隊機動部隊 北方隊(1D/7S 白雲) 南方隊(2D/7S 天霧)
  63. ^ #戦場の将器32-33頁
  64. ^ #S1704七戦隊日誌(1)pp.33-34『四.参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動』
  65. ^ 昭和17年5月1日(発令5月1日付)海軍辞令公報(部内限)第851号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072112000 
  66. ^ #戦隊行動調書p.7『五.二丸 攻略部隊支援隊(将旗/7S) 7S 8dg 日栄丸』
  67. ^ #ミッドウエー海戦戦時日誌(1)pp.4-5
  68. ^ #ミッドウエー海戦戦時日誌(1)p.3
  69. ^ a b c #太平洋戦争の提督たち88-91頁『ミッドウェー海戦の奇怪な行動』
  70. ^ a b c d #十人提督(下)305-306頁
  71. ^ a b c d #戦場の将器34-40頁『重巡三隈、最上救助異聞』
  72. ^ #重巡洋艦戦記61頁
  73. ^ #重巡洋艦戦記62頁
  74. ^ #太平洋の試練(下)321頁
  75. ^ #重巡洋艦戦記62-65頁『一番艦赤々』
  76. ^ #重巡洋艦戦記65-67頁『高速で触衝した最上と三隈』
  77. ^ #重巡最上出撃せよ283-288頁『目前の巨大な艦影』
  78. ^ #十人提督(下)305-307頁
  79. ^ a b c #太平洋戦争の提督たち91-93頁『ハプニングの果てに』
  80. ^ #太平洋の試練(下)323頁『三隈の沈没』
  81. ^ a b c #十人提督(下)308頁
  82. ^ a b #図説太平洋海戦史第2巻86頁
  83. ^ #重巡洋艦戦記72-73頁
  84. ^ #戦場の将器42-43頁
  85. ^ #戦場の将器43-45頁
  86. ^ #戦隊行動調書p.7『八.二五 最上、7Sヨリ除カル』
  87. ^ #S1704七戦隊日誌(3)p.33『(二)第二小隊(最上) 八月五日應急修理完成一二〇〇佐世保ニ向ケ「トラック」発 八月十一日〇九〇〇佐世保着修理ニ従事 八月二十五日第七戰隊ヨリ除カル』
  88. ^ 昭和17年6月25日(発令6月25日付)海軍辞令公報(部内限)第889号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085900 
  89. ^ a b 昭和17年7月13日(発令7月13日付)海軍辞令公報(部内限)第898号 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086200 
  90. ^ #S1704七戦隊日誌(3)p.5『(一)第七戰隊(二小隊缺) (1)七月八日迄呉在泊整備竝ニ作戰準備ヲ實施シ八日〇九〇〇呉發桂島泊地ニ回航爾後十七日迄内海西部ニ於テ出動諸訓練竝ニB作戰準備ヲ整フ』
  91. ^ #戦隊行動調書p.7『七.一四 南方部隊B作戦部隊。七.二八~八.二 2dg 15dg 7S指揮ス』
  92. ^ #S1704七戦隊日誌(3)pp.5-6『(2)七月十七日〇八〇〇第七戰隊(最上缺)第十五駆逐隊第二駆逐隊旭東丸日本丸ヲ率ヰB作戰部隊集合地ニ向ケ桂島泊地出撃二十五日昭南水道西口泊地着補給竝ニB作戰各部隊ト作戰ニ関スル諸打合セヲ實施シタル後第七戰隊(最上缺)第十五駆逐隊(黒潮缺)第二駆逐隊(夕立缺)ヲ率ヰ二十八日〇八四〇「メルギー」ニ向ケ昭南水道西口發二十九日午前ベラク島北西方(北緯五度三二分東経九八度四五分)ニ於テ敵潜水艦一隻ヲ撃沈(略)三十日一六四〇「メルギー」着南西方面艦隊ニ合同ス』、p.9『四.参考(イ)麾下艦船部隊ノ行動』
  93. ^ #S1708十六戦隊日誌(2)p.3『「カルカッタ」「マドラス」間敵交通線破壊拿捕 船舶ノ回航 会敵部隊ノ撃滅』
  94. ^ #S1704七戦隊日誌(3)p.18『(イ)昭和十七年七月二十日B作戰部隊ヲ編成セラレ第七戰隊(最上缺)第十五駆逐隊(陽炎缺)第二駆逐隊ハB作戰部隊機動部隊南方隊トシテ本職之ヲ指揮シ上記南方隊(早潮陽炎夕立春雨缺)ハ七月二十八日昭南水道西口發「メルギー」ニ向ケ進出中ナリ』
  95. ^ #S1704七戦隊日誌(3)pp.29-30『(二)八月七日敵ノ有力ナル攻略部隊(巡洋艦駆逐艦二十数隻輸送船約四〇隻)ハ機動部隊支援ノ下ニ「ツラギ」及「ガダルカナル」方面ニ来襲シ之ヲ攻略セリ 我基地航空部隊、外南洋方面部隊ハ全力ヲ挙ゲテ之ヲ反撃シ敵ノ海上兵力ノ大部ヲ撃破シタルモ「ツラギ」及「ガダルカナル」ヲ奪回スルニ至ラズ 聯合艦隊ノ大部ヲ南洋群島方面ニ集中シ陸軍部隊ト協同「ガダルカナル」方面奪回作戰ヲ開始ス』
  96. ^ #S1704七戦隊日誌(3)p.29『(一)八月一日戰艦一、航空母艦二、巡洋艦又ハ駆逐艦九隻ヨリナル敵ノ機動部隊「ツリンコマリ」ノ北東方海面ニ出現セル等ノ爲B作戰ヲ一時延期セラレ「メルギー」ニ待機中ノ処外南洋方面ノ情勢急迫セシヲ以テB作戰ヲ取止メ同部隊ノ大部ヲ外南洋方面作戰ニ参加セシメラル』
  97. ^ #戦隊行動調書p.7『八.二二 機動部隊夜戦部隊(将旗7S) 7S(最上欠)10S 筑摩』
  98. ^ 牧島『炎の海』289頁
  99. ^ 牧島『炎の海』292頁
  100. ^ #S1704七戦隊日誌(4)p.3『(一)前月末第二次「ソロモン」海戰参加後九月五日「トラック」ニ帰投整備次期作戰準備ヲ完成シ「ガ」島奪還作戰支援ノ爲十日〇六〇〇「トラック」出撃「ガ」島北東海面ニ進出敵艦隊ヲ索メタルモ捕捉スルニ至ラズ 「ガ」島作戰ヲ十月ニ延期ノ爲令ニ依リ「トラック」ニ帰投二十三日一五一一入泊セリ 爾後「トラック」ニ於テ次期作戰ニ備ヘ整備ヲ実施ス』
  101. ^ #S1704七戦隊日誌(4)pp.12-13『(一)上旬「トラック」ニ於ケル作戰準備ヲ整ヘ機動部隊前衛トシテ十日一〇一五「トラック」出撃「ガ」島北東海面ニ進出陸軍部隊輸送ヲ支援スルト共ニ敵増援部隊ノ補足撃滅ニ任ズ 十五日一四〇〇味方攻撃隊ノ攻撃セル敵増援部隊ノ残敵ヲ夜戰ニ依リ撃滅セントシ「ソロモン」群島東方海面ヲ南下セシモ夜戰実施ノ見込ナキヲ以テ一九一八反転北上十七日一一〇〇主隊ニ合同補給ヲ実施ス』
  102. ^ #S1704七戦隊日誌(4)p.13『本作戰行動中熊野旗艦故障續出ノ爲爾後ノ作戰任務ヲ考慮シ十八日〇九〇八旗艦ヲ熊野ヨリ鈴谷ニ変更ス』
  103. ^ #叢書83ガ島戦232頁
  104. ^ #S1704七戦隊日誌(4)p.12『(三)本期間中ノ変化 十八日〇九〇八旗艦ヲ鈴谷ニ変更二十日一〇二九熊野ハ機動部隊本隊ニ編入』
  105. ^ #叢書83ガ島戦248頁
  106. ^ #S1704七戦隊日誌(4)p.33『二十|〇九五〇|熊野ヲ本隊ニ第十一戰隊ヲ前衛ニ編入 熊野一.二號機(搭乗員共)ヲ第八戰隊ニ、三號機ヲ霧島ニ移載、三號機搭乗員ハ之ヲ鈴谷ニ派遣セシメラル(機動部隊信令第一六〇號第一六四號)』
  107. ^ #叢書83ガ島戦273-274頁『支援部隊の編制』
  108. ^ #S1704七戦隊日誌(4)p.13『爾後「ガ」島北東海面ヲ機宜行動二十六日南太平洋海戰ニ参加シタル後主隊ト共ニ三十日一四一九「トラック」ニ帰投ス』
  109. ^ #叢書83ガ島戦325-327頁『兵力の再編制』
  110. ^ #S1711七戦隊日誌(1)p.22『11月1日1717第三艦隊司令長官/一. 左ノ各艦(隊)ハ左記ニ依リ内地ニ帰投修理整備作業ニ任ズベシ(1)回航地 艦名:横須賀 翔鶴第四駆逐隊(萩風欠)、秋月/呉:熊野筑摩、第十七駆逐隊第1小隊秋雲 佐世保:瑞鳳、第十七駆逐隊第2小隊 (2)行動(イ)11月2日1400以後「トラック」発各回航地毎ニ先任艦長指揮シ回航スルモノトス。但シ呉佐世保ニ回航スルモノハ途中迄同一行動ヲ執リ分離時迄瑞鳳艦長指揮スベシ(以下略)』
  111. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.6『(六)熊野ハ十一月二日「トラック」発内地ニ回航七日呉着諸整備実施ノ上二十二日呉発陸軍輸送任務ニ従事ス』
  112. ^ #S1612九戦隊日誌(4)p.9『11月23日/熊野谷風 陸兵輸送任務ニ関シ本職ノ指揮下ニ入ル』
  113. ^ a b c #叢書83ガ島戦409頁『二 陸軍兵力の南東方面集中輸送』
  114. ^ #S1612九戦隊日誌(4)p.11『熊野谷風1100「マニラ」着 9s1200「マニラ」発 球磨1400「マニラ」発』
  115. ^ #S1612九戦隊日誌(4)p.11『熊野谷風1158「マニラ」発』
  116. ^ #S1612九戦隊日誌(4)p.15『當隊ハ前月下旬ヨリ一時本職ノ指揮下ニ在リシ球磨及熊野谷風ト共ニ第65旅団ヲ「マニラ」ヨリ「ラボール」ニ向ケ急送中ナリシ處12月3日「ラボール」着、4日熊野谷風ノ「ラボール」着ヲ以テ本輸送任務ヲ終了、6日「トラック」ニ帰投ス』
  117. ^ #S1612九戦隊日誌(4)p.21『12月4日 熊野谷風 0630「ラボール」着 第九戦隊0700「ラボール」発(第六十五旅団 自「マニラ」至「ラボール」輸送任務終了) 熊野谷風ニ対スル本職ノ指揮ヲ解ク』
  118. ^ #S1709第八艦隊日誌(3)p.46『熊野谷風|12-4|GF電令作三九八號ニ依リ外南洋部隊ニ編入』
  119. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.37『(三)十一月五日熊野ヲ外南部隊支援隊ニ編入同六日旗艦ヲ熊野ニ復皈ス』
  120. ^ #戦隊行動調書p.7『一二.六 将旗ヲ熊野ニ変更、摩耶ヲ除ク』
  121. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.38『(一)「ガ」島増援作戰支援ノ為支援隊〔第七戰隊《熊野欠》摩耶〕有明夕暮ヲ率ヰ十二月二日〇七〇〇「カビエン」出撃三日〇九〇〇「ショートランド」ニ進出主隊ニ合同同日一四〇〇主隊ト共ニ「ショートランド」出撃「ソロモン群島」北方海面ヲ機宜行動シ「ガ」島増援輸送部隊ノ支援ニ任ジタル後四日一五一七「ショートランド」ニ皈投一八〇〇主隊ト共ニ「ショートランド」發五日〇九五五「ラボール」着熊野ヲ合同、二一〇〇第七戰隊摩耶春雨望月ヲ率ヰ「ラボール」発六日〇六三七「カビエン」着同日摩耶春雨ヲ分離「トラック」ニ回航セシム同日一〇〇〇旗艦ヲ熊野ニ復皈ス』
  122. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.38『(二)七日〇六〇〇第七戰隊望月ヲ率ヰ「カビエン」北方海面ニ出動諸訓練ニ従事シタル後八日「カビエン」ニ皈投「ソロモン」方面作戰支援竝ニ「カビエン」方面警戒ニ任ズ』
  123. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.39『(三)十二月十二日〇五一二支援隊(第七戰隊)風雲夕雲ヲ率ヰ「カビエン」出撃一六一二「ロレンガウ」ニ進出東部「ニューギネア」方面増援部隊ノ補給竝ニ支援ニ任ジタル後十三日一三〇〇支援隊ヲ率ヰ「ロレンガウ」発十四日〇七五〇「カビエン」着尓後「カビエン」方面ニ在リテ「ソロモン」群島方面作戰支援竝ニ「カビエン」方面警戒ニ任ズ』
  124. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.41『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  125. ^ #叢書83ガ島戦511頁
  126. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.4『(ハ)作戰指導 (一)全月ヲ通ジ「カビエン」方面ニ在リテ「ソロモン」群島方面作戰支援竝ニ「カビエン」方面警戒ニ任ズ (二)一月四日鈴谷ヲ分離内地ニ回航修理整備ニ従事セシム』
  127. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.7『二三|鳥海ヲ支援隊ニ編入』
  128. ^ #叢書83ガ島戦534-536頁『外南洋部隊兵力部署』
  129. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.12『二七(天候略)〇八四五 川内入港支隊ニ合同』
  130. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.16『(一)二月十一日迄「カビエン」方面ニ在リテ「ソロモン」群島方面作戰支援竝ニ「カビエン」方面警戒ニ任ズ』
  131. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.16『(二)二月九日機動部隊ニ復皈ヲ命ゼラレ二月十一日一七〇〇第七戰隊(鈴谷缺)鳥海第十戦隊(谷風浦風)ヲ率ヰ「カビエン」発十三日〇八三〇「トラック」着鈴谷ヲ合同機動部隊本隊ニ復皈尓後月末まで「トラック」ニ在リテ「カ」號作戰支援ニ任ズルト共ニ訓練整備ニ従事ス』
  132. ^ #S1704七戦隊日誌(6)pp.18-20『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  133. ^ a b c d 昭和18年2月17日(発令2月17日)海軍辞令公報(部内限)第1055号 p.46』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 
  134. ^ 昭和18年2月15日(発令2月12日付)海軍辞令公報(部内限)第1053号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 
  135. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.29『(一)三月二十四日迄「トラック」ニ在リテ諸訓練竝ニ整備ニ従事ス』
  136. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.29『(二)三月二十日熊野中圧「タルビン」不具合ニ付旗艦ヲ鈴谷ニ変更ス』
  137. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.29『(三)三月二十四日呉ニ回航修理ノ命アリ同日〇八〇〇第七戰隊浦風天津風ヲ率ヰ「トラック」発同日一五二〇出撃ノ警戒ニ協力セシ天津風ヲ分離シ諸訓練ヲ實施シツツ北上二十八日一〇〇〇豊後水道入口近ク湾口附近警戒ニ協力ノ萩風ヲ合同一四三〇豊後水道沖ノ島着浦風次イデ萩風ヲ分離同日二三一〇宮島沖ニ假泊二十九日〇七五〇呉着整備ニ従事ス』
  138. ^ #S1704七戦隊日誌(6)pp.32-34『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  139. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.37『(一)全月ヲ通ジ呉ニ在泊整備竝ニ訓練ニ従事ス』
  140. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.42『(二)五月十一日整備ヲ完了シ諸訓練ノ爲内海西部ニ回航シタルモ十二日北方方面情勢ノ急変ニ應ズル爲整備後ノ諸訓練終了後呉ニ於テ急速北方々面作戰準備ヲ整ヘ十三日内海西部ニ回航諸訓練ニ従事シツツ待機ス』
  141. ^ #ニミッツの太平洋海戦史157-159頁
  142. ^ #戦隊行動調書p.8『五.一七 最上7Sニ編入(七.二迄内地ニテ調整)』
  143. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.41『備考 五月十七日機動部隊軍隊区分ニ依リ最上ヲ第七戰隊ニ編入』
  144. ^ #S1704七戦隊日誌(6)p.42『(四)五月二十日機動部隊ハ豊後水道ニ於テ集結二十一日横須賀ニ回航北方作戰準備ヲ完成シ二十五日木更津沖ニ回航待機ス (五)二十九日待機ヲ解カレ横須賀ニ回航三十日第七戰隊(最上欠)ヲ率ヰ第三戰隊第十戰隊ト共ニ諸訓練ニ従事シツツ内海西部ニ回航ス』
  145. ^ #S1704七戦隊日誌(6)pp.40-41『(二)「アリューシャン」方面ニ対シ熾烈ナル航空攻撃ヲ加ヘツツアリシ敵ハ五月十二日遂ニ大部隊ヲ以テ「アッツ」島ニ来襲セリ 我方ハ同島守備隊ヲ以テ同島ヲ死守スルト共ニ聯合艦隊ノ大部ヲ東京湾ニ集結敵艦隊ノ来寇ニ備ヘ極力救援ノ策ヲ講ゼントセシモ敵ノ攻撃急ニシテ遂ニ五月三十日同島守備隊玉砕スルニ至リ「アッツ」島放棄ノ已ムナキニ至レリ』
  146. ^ #S1704七戦隊日誌(6)pp.45-46『麾下艦船部隊ノ行動』
  147. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.9『15日27dg(時雨)GF電令作第590号AdB電令作第218号ニ依リAdBニ復帰、16日27dg(白露欠)ハGF電令作第593号ニ依リ将旗3Sノ指揮下ノ下ニ3S、7S(最上欠)2sf(龍鳳)五十鈴雲鷹冲鷹7dg16dg(雪風)浜風谷風凉風清波新月等ト共ニ横須賀発、21日「トラック」着(将旗)2sfノ指揮ヲ解カル爾後27dg(時雨)ハ前記「ナウル」輸送任務ニ従事』
  148. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.5『(五)六月十五日前進部隊ニ編入セラレ六月十六日第三戰隊司令官指揮ノ下ニ第三戰隊第七戰隊(最上欠)第二航空戰隊(龍鳳)五十鈴雲鷹沖鷹第七駆逐隊第十六駆逐隊(雪風)第二十七駆逐隊(白露欠)浜風谷風涼風新月清波ト横須賀發二十一日「トラック」着』
  149. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.5『(六)六月二十三日輸送任務ノ為第七戰隊(最上欠)新月涼風有明ヲ率ヰ「トラック」発二十五日「ラボール」着同日第七戰隊(最上欠)有明涼風ヲ率ヰ「ラボール」発二十七日「トラック」到着尓後「トラック」ニ在リテ警戒待機竝ニ諸訓練ニ従事ス』
  150. ^ 昭和18年7月7日(発令7月7日付)海軍辞令公報(部内限)第1167号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092100 
  151. ^ #S1709第八艦隊日誌(8)p.7『七.九|7Sヲ支援部隊ニ編入シ支援部隊指揮官ヲ7S司令官ニ改ム 筑紫ヲR方面防備部隊ニ編入』
  152. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.12『一.九日7S(最上欠)ハ作戰ニ関シ南東方面部隊指揮官ノ指揮下ニ入リ外南洋部隊支援部隊ニ編入セラル』
  153. ^ #S1704七戦隊日誌(7)pp.12-13『(二)九日南東方面情勢急変ニ依リ作戰ニ関シ南東方面部隊指揮官ノ指揮ヲ受クルコトトナリ第七戰隊(最上欠)有明朝凪ヲ率ヰ〇四〇〇「トラック」出撃、十日〇六〇二「ラボール」ニ進出尓後外南洋部隊支援部隊ニ編入サレ同隊ヲ指揮シ「ラボール」ニ於テ作戰準備ヲ整ヘ待機ス』
  154. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.25『(一)4sd兵力ノ2sd編入竝ニ旗艦ノ変更』
  155. ^ #戦隊行動調書p.8『七.一五 外南洋部隊夜戦部隊(将旗7S) 7S(最上欠)鳥海川内雪風浜風清波三日月水無月松風』
  156. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.17『機密外南洋部隊電令作第三七九号作戰ノタメ3sd(川内)16dg(雪風)浜風夕暮清波ヲ合セ夜戰部隊ヲ編成之ヲ指揮ス』
  157. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.13『(三)十六日外南洋部隊電令作第三七九号ニ依リ外南洋部隊海上主力ヲ以テ「クラ」湾方面ニ敵艦隊ヲ索メテ之ヲ強襲撃滅スルト共ニ一部ヲ以テ「コロンバンガラ」作戰輸送ヲ實施スルニ決シ夜戰部隊〔7S(最上欠)3sd(川内)16dg(雪風)浜風夕暮清波〕ヲ率ヰ二二〇〇「ラボール」ヲ出撃セシモ外南洋部隊電令作第三八三號ニ依リ夜戰ヲ中止「ブカ」島北東海面ヨリ反転十七日一九二五「ラボール」ニ入港セリ』
  158. ^ #S1704七戦隊日誌(7)pp.13-14『(四)十八日外南洋部隊電令作第三七九號ノ作戰(夜戰)ヲ再興サレ十九日夜ヲ期シテ夜戰ヲ決行スルコトトナリ十八日2200夜戰部隊(前項ノ兵力ニ鳥海ヲ加フ)ヲ率ヰ「ラボール」ヲ出撃「ボーゲンビル」海峡北口ニ於テ輸送隊〔30dg(三日月)水無月松風〕ヲ合同後「ソロモン」諸島中水道ニ進入2100輸送隊ヲ分離「コロンバンガラ」ニ人員物件ノ揚搭ヲ實施セシメ夜戰部隊ハ「ビスビス」角北西方ニ進出セシモ敵水上兵力ニ會敵セズ2300反転、帰途敵航空機ト交戰夕暮清波ヲ失ヒタルモ尓余ノ部隊ハ二〇日1730頃「ラボール」ニ帰投セリ』
  159. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.17『十九日附7S(最上欠)外南洋部隊ニ編入 外南洋部隊電令作第三七九号作戰ノ為、鳥海3sd(川内)16dg(雪風)浜風夕暮清波ヲ以テ夜戰部隊ヲ編成30dg(三日月)水無月松風ヨリ成ル輸送隊ト併セ指揮ス』
  160. ^ #ニミッツの太平洋海戦史172頁
  161. ^ #S1709第八艦隊日誌(8)pp.35-36『(1)主隊水雷戰隊 「クラ」海湾北方海面ニ進出セシモ敵ヲ見ザルヲ以テ2300反転帰途ニ就ク之ヨリ先1900頃ヨリ敵機ノ執拗ナル触接ヲ受ケツツアリシニ20日0035ヨリ0045ニ亘リ「ベララベラ」島北方海面ニ於テ敵SBD雷撃機五機ト交戰爾後0403迄間歇的ニ来襲セル敵飛行機ト交戰シツツ「ショートランド」島南方ヲ経テ「ラボール」ニ向フ 此ノ間敵飛行機ノ雷撃ニ依リ20日0035夕暮沈没0045熊野中破(右舷200番「ビーム」附近大破口舵機故障二十四節航行可能)又夕暮ノ救援ニ向ヒタル清波0230以後消息ナク沈没セルモノト認メザルヲ得ザルニ至レリ(以下略)』
  162. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.35『(イ)夕暮 轟沈 (ロ)清波 夕暮ノ救助ニ向ヒタル儘消息不明(註)夕暮清波共乗員ノ状況不明手掛リナシ』
  163. ^ #S1704七戦隊日誌(7)pp.35-36『(ハ)熊野魚雷一命中 (1)二〇一乃至二一四番「ビーム」間水線下五米ヨリ上甲板ニ至ル間魚雷命中ニ依ル破口及変形/(2)一七三番「ビーム」水線下外軸軸管附近原因不明ニ依リ変形亀裂/(3)十一、十二、五、六兵員室舵取機室後部「ビルヂポンプ」室軸室五番砲塔下部空所浸水/(4)四.五番砲塔反跳使用不能/(5)六米及八米測距儀振動ニ依リ使用不能』
  164. ^ #撃沈戦記(2013)172-173頁『米軍機の反跳爆撃』
  165. ^ #S1807三水戦日誌(1)p.19『…2000以後敵哨戒機ノ連續触接ヲ受ケ各艦交戦0043夕暮ニ1命中船体切断沈没、清波ハ直ニ反転夕暮ノ救難ニ赴キ0209救助ヲ終リ皈途ニ就キタルモ0230以後連絡杜絶消息ナシ、熊野亦舟尾ニ1命中操舵不具合トナリシモ應急處置ニヨリ航行可能トナリ部隊後方ニ續キ航行0153浜風ヲシテ熊野ノ直接護衛ヲ命ズルト共ニ命ニ依リ3sd(川内)ハ夜戦部隊(熊野浜風輸送隊欠)ヲ嚮導熊野ヲ護衛シツヽ0403迄間歇的ニ来襲スル敵機ト交戦シツツ「ショートランド」島南方ヲ経テ1730「ラバウル」着…』
  166. ^ #戦隊行動調書p.8『七.二一 将旗ヲ鈴谷ヘ』
  167. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.14『(五)七月二十一日旗艦ヲ鈴谷ニ変更尓後月末迄「ラボール」ニ在リテ待機シツツ訓練整備ニ従事ス』
  168. ^ #重巡十八隻286-287頁『罐室で味わう死の恐怖』
  169. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.14『(六)熊野ハ十九日夜戰ニ於テ損傷シ修理ノ為機動部隊ニ復帰ヲ命ゼラレタルヲ以テ「ラボール」ニ於テ應急修理ノ上二十九日一三〇〇「ラボール」發駆逐艦皐月望月ノ護衛ヲ附シ「トラック」ニ回航セシム』
  170. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.51『(ハ)熊野ハ「トラック」ニ於テ應急修理ノ上内地回航損傷箇所ノ修理ニ従事、最上ハ「トラック」ニ於テ訓練ニ従事セシム』
  171. ^ #S1809佐伯防備隊日誌(2)pp.3-4『九月一日二一二九呉防戦司令官(宛略)電令作第三一九號中第一項ヲ左ノ通改ム 熊野雪風二日〇九〇〇北緯一三二度一五分東経一三二度八分(A点)ヲ経テ深島ニ向フ実速力十六節A点迄ノ航路二六七度』
  172. ^ 昭和18年11月1日(発令11月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1249号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094100 
  173. ^ 昭和18年11月15日(発令11月15日)海軍辞令公報(部内限)第1261号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094400 
  174. ^ 昭和19年3月15日(発令3月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1370号 p.30』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096600 
  175. ^ #S1812熊野日誌(1)p.5
  176. ^ #戦隊行動調書p.8『一二.七 将旗ヲ熊野ヘ』、#S1812熊野日誌(1)pp.5,35『7日0900 旗艦ヲ本艦ニ復帰』
  177. ^ #戦隊行動調書p.8『一二.二五 戊三号輸送部隊(将旗7S) 第一部隊(7S(最上欠)満潮谷風) 第二部隊(2sd(能代)大淀山雲)』
  178. ^ #S1812熊野日誌(1)pp.38-39
  179. ^ #S1812熊野日誌(1)p.10『26日0540大和左舷ニ横付ス 0600物資移載始ム 1255横付ヲ離ス 1318大和艦尾ニ假泊 2000假泊地発(「カビエン」ニ向フ)』
  180. ^ #S1812熊野日誌(1)p.12『29日1315出港(「カビエン」ニ向フ)』
  181. ^ #S1812熊野日誌(2)p.3
  182. ^ 昭和19年1月1日(発令1月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1292号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095200 
  183. ^ #戦隊行動調書p.8『昭和19 一.一 利根筑摩 7Sニ編入』
  184. ^ #第八戦隊日誌(8)p.27『(ハ)昭和十九年一月一日附ヲ以テ第八戰隊解隊セラレ、筑摩及利根ハ第七戰隊ニ編入セラル』
  185. ^ #S1812熊野日誌(2)pp.46-47
  186. ^ #S1812熊野日誌(2)pp.48-51
  187. ^ #戦隊行動調書p.8『三.一 1KdF 2Fヘ編入』
  188. ^ #S1812熊野日誌(3)p.23『将旗ヲ筑摩ニ移揚』
  189. ^ #S1812熊野日誌(3)p.25『28日2000第七戦隊司令官/艦隊区分ヲ一時左ノ通改ム 第一小隊1筑摩2筑摩 第二小隊3鈴谷 4最上5熊野』
  190. ^ 昭和19年3月25日(発令3月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1388号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096900 
  191. ^ 昭和19年9月13日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1592号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  192. ^ a b c 昭和19年4月1日(発令3月29日)海軍辞令公報(部内限)第1055号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097000 
  193. ^ #S1812熊野日誌(3)p.51『4月6日1400七戦隊司令官/本日旗艦ヲ熊野ニ復帰セリ』
  194. ^ #S1905熊野日誌(1)p.3『5月1日/二. 大和摩耶其ノ他駆逐艦入港』
  195. ^ #戦隊行動調書p.8『五.一八以降「タウイタウイ」ニテ訓練待機』
  196. ^ #S1905熊野日誌(2)pp.6
  197. ^ #戦隊行動調書p.8『あ号作戦成果 筑摩水偵 敵哨戒機1撃墜。熊野水偵 敵KdB発見報告触接』
  198. ^ #重巡洋艦戦記162-164頁『洋上決戦の好機』
  199. ^ #S1905熊野日誌(2)p.7『八. 0840 対空戦闘(味方ノ誤)』
  200. ^ #重巡最上出撃せよ177頁
  201. ^ #S1905熊野日誌(2)p.9
  202. ^ #重巡洋艦戦記177-178頁『針ねずみ熊野の再出発』
  203. ^ 昭和19年7月5日(発令7月1日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1526号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  204. ^ #S1905熊野日誌(2)p.47
  205. ^ 昭和19年7月28日(発令7月21日)海軍辞令公報(部内限)第1548号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100200 
  206. ^ #S1905熊野日誌(3)p.55『1YB二七日1235/1YB信令第131号 左ニ依リ工事ヲ実施スベシ 一. 特積通信装置送受信器各一装備(大和金剛妙高熊野矢矧能代最上) 二. 同右受信器一装備(武蔵長門榛名羽黒高雄鳥海、摩耶鈴谷利根筑摩)』
  207. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.4『第七戦隊(《将旗》熊野鈴谷筑摩利根)ハ第一遊撃部隊ノ第二部隊(3S、7S、10S(《将旗矢矧、17dg、野分》及清霜)ニ属シ第一部隊ト共ニ1YBノ主力トシテ「シビアン」海経由「サンベルナルヂノ」海峡突破「レイテ」泊地突入ヲ企図ス』
  208. ^ 昭和19年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(甲)第1620号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101600 
  209. ^ #重巡洋艦戦記244-245頁
  210. ^ #ニミッツの太平洋戦争史306-307頁『最初の椿事』
  211. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.6『一時1YB対潜直衛ニ任ジタル後 前路警戒ヲ実施シツツ「サンホセ」基地ニ進出』
  212. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.6『対空戦斗前発進「サンホセ」基地ニ避退。』
  213. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.12『第B3警戒航行序列(輪形陣)』
  214. ^ #重巡最上出撃せよ165頁
  215. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか17頁
  216. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.47『戦果並に消耗兵器(一)十月二十四日(対空戦斗)』
  217. ^ #重巡最上出撃せよ166-167頁
  218. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか18頁
  219. ^ #S1910鈴谷詳報p.6『0735 熊野駆逐艦ノ雷撃ヲ受ケ艦首ニ命中』
  220. ^ #撃沈戦記(2013)174-175頁『レイテ湾海戦に取り残されて』
  221. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)pp.20-21,33『0724/熊野ノ右艦首雷跡三本発見(敵駆逐艦ノ発射セルモノト認ム)一本艦首ニ命中10番「フレーム」ヨリ前方切断 波切不良ノ為出シ得ル速力14節 其ノ他被害軽微機関異常ナシ』
  222. ^ #重巡最上出撃せよ169-170頁
  223. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.21『0732/将旗熊野→7S「筑摩艦長一時指揮ヲ執レ」』
  224. ^ #重巡洋艦戦記212-214頁『至近弾をくらう』
  225. ^ #重巡最上出撃せよ171-172頁
  226. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.23『0800頃/熊野(漂泊)鈴谷熊野附近ニ漂泊ス。熊野ヨリ「カッター」ヲ降シ司令官及司令部職員ノ一部(参謀四名司令部附士官二名下士官二名)鈴谷ニ移乗ス』
  227. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.8『0830/熊野ハ単艦「サマール」島ニ接岸北上セシム』
  228. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか20頁
  229. ^ #S1910鈴谷詳報p.7『1130 御勅諭御寫眞ヲ利根ニ奉移ス 7S司令官将旗ヲ利根ニ移揚セラル』
  230. ^ #重巡洋艦戦記215-216頁『静かなる最期』
  231. ^ #重巡洋艦戦記247-248頁『あわや航空魚雷を回避』
  232. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか20頁、#捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.34『1445熊野→1AF・2AF・GF/瑞雲 天山ノ爆撃ヲ受ク 異状ナシ 1400の位置「サンベルナルヂノ」灯台の90度45浬針路西速力15節』
  233. ^ #重巡最上出撃せよ173-176頁『血迷った味方機の一弾』
  234. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.9『1730/単独分離北上セル熊野ハ「サンベルナルヂノ」海峡東口ニ艦上機十数機ト交戦』
  235. ^ #重巡最上出撃せよ178-181頁
  236. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.35『2010熊野→1YB/一. 1715ヨリ約45分間「サンベルナルヂノ」海峡ニテ敵艦上機三十機ノ雷爆ヲ受ク 二. 戦果撃墜2機確実 三. 零戦数機上空ニテ空戦撃墜3機 四. ?航路ハ予定通「コロン」ニ向フ』
  237. ^ #重巡洋艦戦記248-249頁『爆弾三発を受く』
  238. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.10『0810~0850頃/熊野単独回航中ミンドロ島「サンホセ」ノ南415浬附近ニ於テ対空戦斗被爆 一時航行不能』
  239. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか23頁
  240. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)pp.54-55『(ロ)被害:熊野 中部爆弾一命中並ニ左舷至近爆弾其ノ他』
  241. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.38『1002熊野→1YB/我敵艦上機約30機ノ雷爆撃ヲ受ケ中央ニ爆弾1命中1缶ノ外使用不能出シ得ル速力2節 我「コロン」ニ向フ 地点ヤナサ35(ミンドロ島サンホセ基地沖)0930』
  242. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか23頁
  243. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.10『1030/熊野微速航行中再ビ対空戦斗一時航行不能トナリシモ応急処置ニヨリ自力9節可能トナル』
  244. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.10『1330/霞 足柄《2YB》ハ熊野ニ合同警戒ニ當ル』-p.41『1515 将旗1sd→各隊/熊野ト合同コロン湾ニ向フ速力9節(錨甲板切断シアリ2缶4軸ヲ使用中)1830入泊予定錨泊不能ニ付直接補給船ニ横付補給ノ要アリ』
  245. ^ #重巡最上出撃せよ184-185頁
  246. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.10『1830/熊野(足柄、霞護衛)コロン湾着』
  247. ^ #S1905日栄丸日誌(7)pp.5,21『10月26日那智→日栄丸 21戦隊/足柄ノ補給ハ那智終了後行フ 補給量庫量満載 那智補給終了見込ミ1930 熊野ハ舟左ニ横付補給ス』
  248. ^ #S1905熊野日誌(4)p.38『10月26日2000頃/日栄丸ニ依ル重油補給終了』
  249. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.42『1YB→各隊/(一)浜風清霜ハ予定変更ナルベク速ニコロンニ回航熊野ノ警戒ニ任ズベシ (二)熊野ハ要スレバ南西方面艦隊派遣修理班ニヨリ応急修理ノ上「マニラ」ニ回航、内地回航ニ応ズル 差當リノ整備ニ着手セヨ』
  250. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.43『(ホ)本戦斗後ノ状況』
  251. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)pp.45-46
  252. ^ #捷号日誌(3)第7戦隊p.32『29日0638熊野→7S(人事局長、呉人事部長)/25日、26日戦斗ニ於ケル人員ノ被害右ノ通 戦死56名(少尉1、予少尉2、准士官2)、重傷19名(総員入院少尉2、予少尉1)、軽傷80名(入院30)』
  253. ^ #S1905熊野日誌(4)p.37『10月27日0030頃/警戒艦タル浜風藤波未着ナルモ空襲ノ状況ト測量トニ鑑ミ先行スルニ決シ行動予定ヲ日栄丸ニ托シ単艦出港ス』
  254. ^ #重巡最上出撃せよ188頁
  255. ^ #S1905熊野日誌(4)p.39『10月27日0500頃/沖波追及合同ス』
  256. ^ #捷号日誌(3)第7戦隊pp.37-38『27日1840 熊野→清霜、浜波/熊野機密第271810番電 熊野 沖波 28日0730「マニラ」着の予定』『28日0129浜風→1YB/一. 浜風、清霜28日熊野ニ合同 任務終了後「ブルネイ」ニ進出ノ予定 二. 「コロン」ニ於テ応急修理班ノ用意無キニ付乗船中』
  257. ^ #S1905熊野日誌(4)p.39『10月28日0730「熊野沖波「マニラ」着」』
  258. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか24頁
  259. ^ #重巡最上出撃せよ192-193頁
  260. ^ #S1905熊野日誌(4)p.41『回航準備完了セルモGKF司令部ト折衝ノ結果一隻ノ護衛艦モ得ラレズ遂ニ高雄回航ヲ断念。当地ニテ整備。護衛艦都合出来次第高雄回航ニ決シ其ノ旨1YB 7Sヘ打電ス』
  261. ^ #捷号日誌(3)第7戦隊p.46『31日GF→各隊/GF機密第310943番電 一. 熊野青葉ハ十一月四日以後「マニラ」発呉ニ回航修理ニ従事スベシ 二. GEB指揮官ハ右両船ニ対シ適宜ノ護衛船ヲ附スルカ又ハ最寄船団ニ加入スベシ』
  262. ^ a b #重巡洋艦戦記249-250頁『修理後ふたたび戦列へ』
  263. ^ #ニミッツの太平洋戦争史377頁
  264. ^ a b #撃沈戦記(2013)176-178頁『マタ三一船団を守って』
  265. ^ #S1907十六戦隊日誌(2)pp.25-26
  266. ^ #青葉は沈まず253頁
  267. ^ 昭和19年3月10日(発令3月10日)海軍辞令公報(部内限)第1365号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096500 
  268. ^ #八人武人生涯83頁
  269. ^ #重巡最上出撃せよ194-195頁
  270. ^ #S1905熊野日誌(4)p.43『11月5日0740頃/F6F×2ヲ発見 引続キ「マニラ」上空方面ニ戦爆数十機ヲ認ムルモ来襲セズ』
  271. ^ a b c d #撃沈戦記(2013)179-180頁『敵潜水艦の攻撃に生き残る』
  272. ^ #S1905熊野日誌(4)p.43『11月5日1830頃/途中九六陸攻 練習機等ノ対潜直衛ヲ受ケ「サンタクルーズ」入港 青葉に横付 同艦ニ清水ヲ補給ス』
  273. ^ a b c #重巡洋艦戦記250-252頁『曳航でサンタクルーズへ』
  274. ^ #S1905熊野日誌(4)p.43『11月6日0700/「サンタクルーズ」出港 予定ノ如ク接岸北上開始 隊形左ノ如シ』、p.53『当時ノ警戒航行序列左ノ如シ』
  275. ^ a b c d #重巡洋艦戦記252-253頁『四百名が艦と運命を共に』
  276. ^ a b c d e f g #ハンディ判艦艇写真集12pp.134-135『満身創痍で沈んだ"熊野"』
  277. ^ #S1905熊野日誌(4)p.41『10月29日1725『二. 本艦乗員ノ応急処置ニ依リ主機械四軸 二.七缶使用可能 燃料残額800屯実速10節』
  278. ^ #S1905熊野日誌(4)p.42『11月4日1000回航準備完了(二缶四軸使用 舟首波防装置 最大発揮可能速力18節)』
  279. ^ #S1905熊野日誌(4)p.33『4日0417 GF→青葉(熊野)/NSB電令作第85号 一. 青葉ハ五日「マニラ」発「マタ」31船団に同行 内地ニ回航修理ニ従事スベシ 二. 熊野ハ右船団ニ同行ス』
  280. ^ #S1905熊野日誌(4)p.25『作戦経過概要/5日0100マニラ出港、1830サンタクルーズ入港』
  281. ^ #S1905熊野日誌(4)p.62『11月6日0700「サンタクルーズ」出港後…』
  282. ^ a b c d e f g #捷号作戦はなぜ失敗したのか27-28頁
  283. ^ #S1905熊野日誌(4)p.43『11月6日0920頃/左正横100米附近ニ大爆音大水柱1 引続キ右後方300米ノ陸岸ニ大爆音大水柱1アリ』
  284. ^ #S1905熊野日誌(4)p.44『11月6日0955/左60度3500米ニ潜望鏡発見。直ニ潜没 発射セルヲ認メ取舵一杯前進一杯 舟首ヲカハシ原針路ニ復ス 水偵並ニ駆潜艇射点附近ヲ攻撃ス』
  285. ^ #S1905熊野日誌(4)p.44『11月6日1040頃/青葉 艦首ニ潜望鏡発見』
  286. ^ #S1905熊野日誌(4)p.44『11月6日1042頃/左60度2500米ニ潜望鏡発見 取舵一杯前進一杯 潜望鏡艦首附近トナレル頃潜没 仝時ニ魚雷発射 雷跡6本 右舷ヲ反航ス。駆潜艇射点附近爆雷攻撃。本艦ハ(潜水艦)直上ヲ通過シツツ爆雷投射8箇、内2発ハ激震ト共ニ黒色大水柱上リ撃沈概ネ確実ナルモノト認ム』
  287. ^ a b c #撃沈戦記(2013)180-181頁
  288. ^ #S1905熊野日誌(4)p.47『2.当時ノ艦状態 爆雷投射直後 艦速約15節』
  289. ^ #S1905熊野日誌(4)p.47『2. 命中点 右舷前部機関室及錨鎖庫右舷』
  290. ^ #S1905熊野日誌(4)p.47『損傷状況<3>F/48を中心に「バルヂ」に幅約5米長さ約10米の破孔』
  291. ^ #S1905熊野日誌(4)pp.44-45『11月6日1048/面舵ヲ取リ原針路ニ向ケツツアリシガ陸岸側ヨリ雷跡数本(飛行機ノ報告ニ依レバ4本)ヲ右後方至近ニ発見回避ノ余裕ナク右舷前機及舟首ニ命中、全機並ニ各軸室共ニ満水 一番砲塔ヨリ前部切断 航行不能トナル 直ニ浸水遮防並ニ傾斜復元ニ努ム(最大傾斜11度)』
  292. ^ #S1905熊野日誌(4)p.48『損害状況<2>一番砲塔若干前方に傾斜』
  293. ^ #S1905熊野日誌(4)p.33『11月6日1240熊野/熊野機密第061105番電 敵潜ノ雷撃ヲ受ケ航行不能』
  294. ^ #S1905熊野日誌(4)pp.45,49『11月6日1050頃/視界内敵機十数機アリシヲ以ツテ魚雷1本ヲ投棄ス』
  295. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか26頁
  296. ^ #青葉は沈まず258頁
  297. ^ #S1905熊野日誌(4)p.45『11月6日1100頃/ch18 ch37 道了丸ヲ残シ船団続行ス』
  298. ^ #S1905熊野日誌(4)p.45『11月6日1130頃/傾斜右8度ニ減ズ 漂流ス 道了丸ニヨル被曳航ヲ計画セルモ実施ニ至ラズ』
  299. ^ #S1905熊野日誌(4)p.33『11月6日1630熊野/熊野機密第061425番電 進水遮防効キ右傾斜11度ニ喰止メ居レリ』
  300. ^ #S1905熊野日誌(4)p.46『11月6日1830頃/再ビ道了丸ニテ被曳航ヲ試ム。当時浸水量約5000屯傾斜右4度』
  301. ^ #S1905熊野日誌(4)p.46『11月6日2000頃/被曳ニ成功(艦尾曳航實速1節ニテ「サンタクルーズ」ニ向ウモ道了丸ノ操縦意ノ如クナラズ』
  302. ^ #S1905熊野日誌(4)p.46『11月7日0700頃/CD18及CD26ヲ補助曳艦トシテ舟首両舷ヲ曳航ヲ試ミタルモ成功セズ』
  303. ^ #S1905熊野日誌(4)p.62『1048遂ニ2本被雷航行不能トナリ道了丸ニ曳航セラレテ11月7日1620「サンタクルーズ」入港』
  304. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.20『七日〇九三〇所(宛略)HiB電令第五五三號 第二十一號掃海艇ハ準備出来次第「マニラ」出撃「サンタクルーズ」在泊ノ熊野警戒ニ任ズベシ(以下略)』
  305. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.22『八日二〇一五(宛略)一九〇〇「サンタクルーズ」着 海一八ト交代 貴電令第五五三號任務ニ就ク』
  306. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.7『九(天候略)一三〇五軍艦熊野ノ舩尾ニ投錨』
  307. ^ #S1905熊野日誌(4)p.62『二缶一軸使用自力航行ヲ目念トシテ全乗員一致協力最善ノ努力ヲ盡シ…』
  308. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.8『十二(天候略)〇七〇〇駆潜二〇號ト慶州丸入港ス』
  309. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.8『十四(天候略)一七一二熊野ニ横付ケ{眞水移載ス 重油補給ス』
  310. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.9『十七(天候略)一三〇五熊野ニ横付ケ眞水移載ス並ニ重油補給ス』
  311. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.9『十七(天候略)二四〇〇出港(マニラニ向フ)』
  312. ^ #S1908第21号掃海艇(2)p.9『十七(天候略)〇五一〇第二十一長運丸入港(任務交代ス)』
  313. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか29頁
  314. ^ #S1905熊野日誌(4)p.64『1335より1435迄G戦延三十二機来襲銃爆撃を繰返ス。戦果、撃墜二機、被害戦死4名(内少尉1)、重軽傷者19名 其ノ他ナシ』
  315. ^ #S1905熊野日誌(4)p.65『二缶一軸使用係留運転ヲ実施 機械ハ結果良好ナルモ蒸気漏洩極メテ多キヲ以テ尓後極力修理ニ努ム』
  316. ^ #S1905熊野日誌(4)p.62『11月20日状況確認ノ為係留運転ヲ実施シ畧自力航行可能(発揮可能推定速力六節)ノ見込ヲ得ルニ至リ』
  317. ^ 昭和19年11月29日(発令11月21日付)海軍辞令公報(甲)第1655号 p.53から』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102000 
  318. ^ #戦隊行動調書pp.5,8『5S/1121 熊野利根5Sヘ』『7S/11.21.将旗ヲ撤ス』
  319. ^ #S1905熊野日誌(4)p.27
  320. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか30頁
  321. ^ #重巡最上出撃せよ219頁
  322. ^ #S1905熊野日誌(4)p.66『0905/約90機ノ編隊ヲ発見セルモ編隊ノママ本艦ノ20粁附近ヲ西航沖合航行中ノ八十島船団ヲ攻撃スルヲ認ム』
  323. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか30頁
  324. ^ #S1905熊野日誌(4)p.66『1210/炎上中ノ長運丸爆雷誘爆セルモノノ如ク轟沈ス』
  325. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか30-31頁
  326. ^ #S1905熊野日誌(4)p.69『(ニ)被害 爆弾命中 四發・航空魚雷命中 五本(沈没)』
  327. ^ #S1905熊野日誌(4)p.67『1440/艦ハ間モナク左ニ横転シトナリ次デ艦首沈下暫時艦尾「スクリュー」附近水面上ニアリ』
  328. ^ #重巡最上出撃せよ228頁
  329. ^ #S1905熊野日誌(4)p.67『1515/全没ス。敵機ハ泳ギ居ル乗員ニ対シ爆弾2発ヲ投ジ且F6F×1、TBF×2ハ低速ニテ周囲ヲ旋回 固定銃旋回銃ヲ以テ執拗ニ銃撃ヲ加フ』
  330. ^ #S1905熊野日誌(4)p.67『1535/敵機避退ス。乗員ハ桟橋派遣中ノ内火艇「ランチ」「カッター」ニテ収容』
  331. ^ #撃沈戦記(2013)182-183頁『米空母機により沈没』
  332. ^ #10月18日以降増援兵力p.3『(方面)北比|(地區)マニラ|(所轄)熊野|(進出期日)(編制期日)一九四四.一一.二五|(員數)四九〇』
  333. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか31頁
  334. ^ #重巡最上出撃せよ250頁では(生存者639名、陸戦で494名戦死、戦死者累計989名)
  335. ^ 昭和19年12月11日(発令12月5日付)海軍辞令公報(甲)第1665号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102200 
  336. ^ 昭和20年3月26日(発令3月15日)海軍辞令公報(甲)第1755号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103900 
  337. ^ 昭和20年8月16日(発令8月8日)海軍辞令公報(甲)第1887号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106900 
  338. ^ 昭和43年12月27日毎日新聞14版13面
  339. ^ 山村 洋行. “呉海軍墓地内建立慰霊碑等一覧 (PDF)”. チャンネルNippon. 2014年7月20日閲覧。
  340. ^ #S1905熊野日誌(4)p.28
  341. ^ 昭和20年2月16日(発令12月19日付)海軍辞令公報(甲)第1723号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103400 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]