寧海 (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寧海
艦歴
発注:
起工: 1931年2月20日
進水: 1931年10月10日
就役: 1932年7月31日
その後: 1944年9月19日戦没
除籍: 1944年11月10日(日本海軍)
性能諸元
排水量: 基準:2,526t
全長: 106.7m
全幅: 11.95m
吃水: 4.0m
機関: 9,500hp
三軸三段膨張式レシプロ機関3基
艦本式4罐
最大速: 22.0kt
航続距離: 12ktで5,000浬
燃料:
乗員数: 361名
兵装: 50口径14cm連装砲3基
40口径7.62cm単装高角砲6基
ヴィッカーズ式40mm機銃8丁
マキシム8mm機銃10丁
53.3cm水上魚雷発射管連装2基
航空機×1

寧海(ニンハイ、NING HAI)は、中華民国海軍の寧海級巡洋艦の1番艦。日中戦争で日本海軍航空隊の空襲を受け、揚子江で擱座[1]。後に日本海軍に捕獲・修理され、海防艦五百島(いほしま/いおしま)となった[2]

艦歴[編集]

寧海[編集]

日本播磨造船所相生工場で1931年(昭和6年)2月20日、起工。同年10月10日、進水。1932年(昭和7年)7月30日、竣工。

進水式の「寧海」。

前年9月の満州事変および同年1月の第1次上海事変により関係が悪化した中華民国への引き渡しが危ぶまれたが同年9月1日に中国軍に編入され、第一艦隊を編成した。

1934年(昭和9年)6月5日に練習艦隊(司令・王壽廷少将)に編入された。同年の東郷平八郎の国葬の際に日本に派遣された[3]が、6月5日国葬には間に合わず儀仗隊を下関から列車で東京に向かわせて弔意を示し、本艦の横浜入港は6日となった。

日中戦争中の1937年(昭和12年)9月20日支那方面艦隊司令長官長谷川清中将は、揚子江に停泊し南京攻略戦において脅威となっていた中国海軍巡洋艦2隻(寧海、平海)および所在艦艇に対する航空攻撃を下令[4]。9月21日の攻撃予定は悪天候のため取止め[5]9月22日(第一次攻撃、第二次攻撃、第三次攻撃)と9月23日(第四次攻撃、第五次攻撃、第六次攻撃)、空母加賀第二航空戦隊)航空隊および基地航空隊の九二式艦上攻撃機九五式艦上戦闘機九四式艦上爆撃機九六式艦上爆撃機による波状攻撃を実施する[5]鎮江上流の揚子江沿岸所在の4隻(平海、寧海、應瑞《巡洋艦、2,750トン》、逸仙《砲艦、1,500トン》)は戦闘能力を喪失[6]。「寧海」は60kg爆弾4発、水中有効弾5発を受け炎上、擱座した[6]

同年12月4日、第24駆逐隊(海風山風江風涼風)等と共に南京を目指して揚子江を遡上中の砲艦保津(艦長上田光治中佐)は、内火艇を派遣して擱座した「寧海」を調査、捕獲を宣言した[7]。この時、附近の中華民国軍は陸上陣地から機銃射撃を行い、保津乗組員に負傷者が出た[7]。「保津」は封鎖線を突破して「寧海」に接近、保津乗組員を収容して錨地に戻った[7]南京攻略後の1938年(昭和13年)に浮揚され、日本に曳航された。

五百島[編集]

1938年(昭和13年)6月3日に播磨造船所相生工場に到着、7月11日に御蔵と仮称した。太平洋戦争突入後の1944年(昭和19年)同年6月1日、「平海」は海防艦「八十島(やそしま)」と改名[2]。「寧海」は「五百島(いほしま)」と改名[2]。2隻(五百島、八十島)は日本海軍に編入され、海防艦に類別された[8]。「五百島」は呉鎮守府[9]。 海上護衛任務に従事していたが、9月19日御前崎南方でアメリカの潜水艦シャード(USS Shad,SS-235)の雷撃により沈没した。9月25日には二等巡洋艦に種別、類別変更の予定であった(八十島《平海》のみ、巡洋艦に類別変更)[10]

同年11月10日、「五百島」は役務を解かれ[11]、水上機母艦「秋津洲」等と共に除籍された[12][13]

歴代艦長[編集]

  • 艤装員長
    • 福地秋二 少佐:1944年6月1日[14][15] - 1944年6月28日[16]
  • 海防艦長
    • 福地秋二 少佐:1944年6月28日[16] - 1944年9月19日 戦死認定、同日付 任海軍中佐[17]

同型艦[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中國方面海軍作戦(1)408頁(爆撃を受け擱坐した中國巡洋艦寧海)
  2. ^ a b c #S19達6月p.1『昭和十九年六月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 海防艦 五百島(イホシマ)(舊艦名寧海) 海防艦 八十島(ヤソシマ)(舊艦名平海)』
  3. ^ 第2576号 9.6.2 外国海軍指揮官接待に関する件』 アジア歴史資料センター Ref.C05023436600 
  4. ^ 中國方面海軍作戦(1)407-408頁『長谷川長官、江陰方面中國艦艇攻撃下令』
  5. ^ a b 中國方面海軍作戦(1)408-409頁『攻撃経過』
  6. ^ a b 中國方面海軍作戦(1)409-410頁『攻撃成果並に所見』
  7. ^ a b c 中國方面海軍作戦(1)459頁『「寧海」の捕獲』
  8. ^ #内令昭和19年5月(3)p.2『内令第七百二十號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年六月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 海防艦、第二號型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ| |五百島、八十島|』
  9. ^ #内令昭和19年6月p.41『内令七九六號 海防艦 五百島 右本籍ヲ呉鎮守府ト定メラル|呉鎮守府在籍 海防艦 五百島 右警備海防艦ト定メラル 昭和十九年六月二十八日 海軍大臣』
  10. ^ 昭和19年9月29日(金)海軍公報第4812号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C12070496900 『内令第一一〇九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣 軍艦、巡洋艦二等大淀型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ| |八十島| 海防艦ノ部中「、八十島」ヲ削ル』
  11. ^ #内令(秘)昭和19年11月(2)p.27『内令第一二五三號 横須賀鎮守府練習兼豫備艦 軍艦 迅鯨|呉鎮守府豫備海防艦 海防艦 五百島 右役務ヲ解カル|呉鎮守府在役特務艦 特務艦 隠戸 右第四豫備特務艦ト定ム』
  12. ^ #内令(秘)昭和19年11月(2)pp.21-22『内令第一二四七號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十九年十一月十日 海軍大臣|軍艦、航空母艦大鷹型ノ項中「雲鷹、」ヲ、同水上機母艦ノ項中「、秋津洲」ヲ、同潜水母艦ノ項中「迅鯨、」ヲ、敷設艦ノ項中「、八重山」「、蒼鷹」ヲ削ル 驅逐艦、一等卯月型ノ項中「、皐月」ヲ削ル 海防艦、占守型ノ項中「、平戸」ヲ、同第二號型ノ項中「、第十號」ヲ、同「|五百島」ヲ削ル 輸送艦、一等第一號型ノ項中「第三號、第四號、第五號、」ヲ、同二等第百一號型ノ項中「、第百二十七號」「、第百三十四號」ヲ削ル 驅潜艇、第一號型ノ項中「、第十號」ヲ、同第十四號型ノ項中「、第三十二號」「、第五十五號」ヲ削ル』
  13. ^ #内令(秘)昭和19年11月(2)pp.27-28『内令第一二五四號 横須賀鎮守府在籍 軍艦 秋津洲 軍艦迅鯨|呉鎮守府在籍 軍艦 雲鷹|佐世保鎮守府在籍 軍艦 八重山|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 蒼鷹 右帝國軍艦籍ヨリ除カル|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 皐月 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 海防艦 平戸|呉鎮守府在籍 海防艦 五百島|佐世保鎮守府在籍 第十號海防艦 右帝國海防艦籍ヨリ除カル|呉鎮守府在籍 第三號輸送艦 第四號輸送艦 第五號輸送艦|佐世保鎮守府在籍 第百二十七號輸送艦 第百三十四號輸送艦 右帝國輸送艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 第三十二號驅潜艇|呉鎮守府在籍 第五十五號驅潜艇|舞鶴鎮守府在籍 第十號驅潜艇 右帝國驅潜艇籍ヨリ除カル|呉鎮守府在籍 特務艦 勝力 右帝國特務艦籍ヨリ除カル 昭和十九年十一月十日 海軍大臣』
  14. ^ 昭和19年6月1日付 海軍辞令公報(部内限)第1499号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099400 
  15. ^ 昭和19年6月8日付 海軍辞令公報(部内限)第1509号「訂正記事」』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099500 
  16. ^ a b 昭和19年7月5日付 海軍辞令公報 甲(部内限)第1526号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  17. ^ 昭和20年11月12日付 海軍辞令公報 甲 第1979号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072108200 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和19年1月〜6月達/6月』。Ref.C12070125000。
    • 『昭和19年1月〜7月内令/昭和19年5月(3)』。Ref.C12070197600。
    • 『昭和19年6月内令』。Ref.C12070195400。
    • 『昭和19年9〜12月秘海軍公報号外/11月(2)』。Ref.C12070497800。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 中國方面海軍作戦(1) 昭和十三年三月まで戦史叢書第72巻、朝雲新聞社、1974年3月。

関連項目[編集]