橋立 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese cruiser Hashidate.jpg
艦歴
発注
起工 1888年8月6日
進水 1891年3月24日
就役 1894年6月26日
退役 1925年12月25日に廃船
その後 1927年にスクラップとして処分
性能諸元
排水量 基準:4,217トン
全長 89.9m
全幅 15.6m
吃水 6.4m
機関 2軸レシプロ蒸気機関 円罐6基 5,400馬力
最大速 16.0ノット
乗員 360名
兵装 32cm砲1門
12cm砲11門
47mm砲6門
35.6cm魚雷発射管4門

橋立(はしだて)は、大日本帝国海軍防護巡洋艦松島型防護巡洋艦の3番艦である。

概要[編集]

建造にいたる経緯については、「松島」を参照。「三景艦」のうち、唯一の国産艦である。これは何としても主要艦艇の国産化を目指したい海軍の強い意向であったが、当時の日本の技術力ではまだ背伸びをしている感があった。結果として、建造期間が他2隻よりも長く、竣工したのが日清戦争開戦直前であった。一説には、この橋立の竣工を待って開戦に踏み切ったとも言われる。

主砲の32cm(38口径)単装砲は前部甲板に据え付けられ、「厳島」と艦形が似ているが、副砲以下の装備に若干相違がある。

日清戦争では松島、厳島とともに奮戦して北洋艦隊を撃破し、日露戦争では、松島、厳島、そして旧敵の「鎮遠」の3隻と組んだ第三艦隊第五戦隊の旗艦をつとめた。

この橋立という艦名は、現在でも海上自衛隊が保有する特務艦の名として受け継がれているが、特務艦は海外の海軍将校などを招いて外交として歓待するための特別船の為、防護巡洋艦であった本艦のような戦闘を目的とした艦ではない。

略歴[編集]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 日高壮之丞 大佐:1894年6月23日 - 1895年5月18日
  • 有栖川宮威仁親王 大佐:1895年5月18日 - 1895年7月25日
  • 有馬新一 大佐:1895年7月25日 - 1895年12月27日
  • 片岡七郎 大佐:1895年12月27日 - 1896年11月5日
  • 上村正之丞 大佐:1897年6月1日 - 1898年9月1日
  • 小倉鋲一郎 大佐:1898年9月1日 - 1899年5月1日
  • 桜井規矩之左右 大佐:1899年5月1日 - 1899年5月24日
  • 梨羽時起 大佐:1899年5月24日 - 1900年5月20日
  • 宮岡直記 大佐:1900年11月6日 - 1901年8月30日
  • 井手麟六 大佐:1902年10月6日 - 1903年9月11日
  • 加藤定吉 大佐:1903年10月12日 - 1905年1月7日
  • 福井正義 大佐:1905年1月7日 - 1905年11月21日
  • 石橋甫 大佐:1905年11月21日 - 1906年8月30日
  • 山縣文蔵 大佐:1906年8月30日 - 1907年8月5日
  • 西山実親 大佐:1907年8月5日 - 1908年8月28日
  • 山口九十郎 大佐:1908年9月25日 - 1908年12月10日
  • (兼)今井兼胤 大佐:1908年12月10日 - 1908年12月23日
  • 今井兼胤 大佐:1908年12月23日 - 1909年12月1日
  • 秋山真之 大佐:1909年12月1日 - 1910年4月9日
  • 町田駒次郎 大佐:1910年4月9日 - 1910年12月1日
  • 舟越楫四郎 大佐:1910年12月1日 - 1911年12月1日
  • 布目満造 大佐:1911年12月1日 - 1912年12月1日
  • 吉岡範策 大佐:1912年12月1日 - 1914年8月23日
  • 正木義太 大佐:1914年12月1日 - 1915年2月22日
  • (心得)犬塚助次郎 中佐:1915年2月22日 - 1915年9月13日
  • (心得)大石正吉 中佐:1915年9月13日 - 1916年4月1日
  • 大石正吉 大佐:1916年4月1日 - 1916年4月4日
  • (兼)岡田三善 大佐:1916年4月4日 - 1918年12月1日
  • (兼)村上鋠吉 大佐:1918年12月1日 - 1919年11月20日
  • (兼)増田幸一 大佐:1919年11月20日 - 1920年11月12日
  • 樺山信之 中佐:1920年11月12日[1] - 1921年9月17日[2]
  • 吉富新八 大佐:1921年9月17日[2] -

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2486号、大正9年11月13日。
  2. ^ a b 『官報』第2741号、大正10年9月19日。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]