畝傍 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese cruiser Unebi 1886.jpg
艦級概観
艦種 防護巡洋艦
艦名 山名
前級 浪速型
次級 千代田型
艦歴
発注 1883年度計画
起工 1884年5月27日
進水 1886年4月6日
就役 1886年10月18日
その後 1886年12月3日 シンガポール出港後行方不明[1]
除籍 1887年10月19日 認定[1]
性能諸元
排水量 常備:3,615トン
全長 98.0 m
全幅 13.1 m
吃水 5.7 m
機関 石炭専燃円罐9基
+直立型二段膨張式二気筒レシプロ蒸気機関2基2軸推進
5,500 hp
石炭700トン
最大速力 18.5ノット(機関航行時)
乗員 280 - 400名
兵装 35口径24 cm単装砲4門
35口径15 cm単装砲7門
オチキス 5.7 cm単装砲2門
ノルデンフェルト式25 mm4連装機砲10基
ノルデンフェルト式11 mm10連装機銃4基
35.6 cm水上魚雷発射管4門
装甲 甲板傾斜部:62 mm
上部装甲帯:125 mm
バーベット、砲塔、ケースメイト:150 mm

畝傍(うねび)は[2]大日本帝国海軍防護巡洋艦である。フランスで建造された最初の日本海軍軍艦で、1886年明治19年)10月に完成、日本回航される途中、同年12月上旬にシンガポール出発後、消息不明となった[3][1]

艦名は奈良県畝傍山より名づけられた[4]。 正式な艦名は「畝傍艦」である[5]

概要[編集]

フランスで完成後にル・アーヴルで撮られた「畝傍」。

来る対清戦争に備えて、海軍卿川村純義により出された軍艦船増強の建議により購入された、大甲鉄艦3隻のうちの1隻(他の2隻はイギリス製の浪速高千穂[6]。 本艦の外見はやや旧式な3バーク機帆船だが、防護甲板を主防御としたれっきとした防護巡洋艦である。機関航行時の最大速力は18.5ノット。甲板上に24センチ砲4門、15センチ砲7門、35.6センチ水上魚雷発射管4門を備える。1884年明治17年)、価格153万円でフランス地中海鉄工造船所(FCM)[7]ル・アーヴル造船所に発注された。同年5月27日、起工[4]6月5日、日本海軍は本艦を正式に畝傍と命名した[2][8]。候補艦名は畝傍の他に、蜻蛉(あきつ)磐余(いわれ)があった[9]

1886年(明治19年)4月6日、進水[10]10月18日[11][4]、畝傍はフランス人艦長ルフェーブルの指揮下、北フランスのル・アーヴルから日本へ向けて出港した。飯牟礼俊位海軍大尉以下日本海軍将兵(日本側回航員)[12]、駐日フランス人の家族を乗せ、造船所雇用のフランス人乗員70数名の手によって回航。12月3日、寄港地シンガポールを出港(12月14日から15日に横浜港到着予定)[4][13]。 その後、南シナ海洋上で行方不明となる[14]。 12月下旬、甲鉄艦扶桑海門が土佐沖から八丈島にかけての海面捜索を実施[13]。諸外国船も捜索に協力したが手がかりは得られず[15][16][17][18]、謎の失踪となった[4][19]。全乗客乗員計90名の消息は未だ不明である。1887年(明治20年)10月19日、亡失認定[4][14]

日本は軍艦の回航に保険をかけており、約124万5千3百円の保険金が下りたので、畝傍の代艦として防護巡洋艦千代田をイギリスに発注した[20]。また畝傍の同型艦となる予定だった防護巡洋艦秋津洲(横須賀海軍工廠)は、イギリス式の巡洋艦として再設計・建造されることになった[21]

また、日本は畝傍の建造費の残額を払う必要が無くなったが、フランスは残額を回収するため、水雷砲艦千島を建造した。しかし千島も回航中の1892年(明治25年)11月30日瀬戸内海でイギリス商船衝突、遭難してしまった(千島艦事件[22][23][24]

なお、畝傍の名は当艦が初代であるが、この亡失により縁起が悪い名前であると言われるようになり、現状では後の艦に継承されていないため1代限りの名称となっている。

消息不明の原因に関する諸説[編集]

本艦はフランス艦伝統のタンブル・ホーム(英語版)構造を採用した結果、甲板面積が狭くなり、その狭さを上部構造物を高くすることで補ったためにトップ・ヘビーで復原性が不足するという、フランス艦伝統の欠陥まで併せ持っていた[25]。さらに三本マストに加え、日本側の意向により過大な武装を搭載したため、トップ・ヘビーと復元力不足がさらに増大しており、そのため南シナ海で設計の想定外である台風に遭遇して転覆沈没したという見方が有力である[26]。また台風でなくとも、急にを切ると艦が大きく傾斜し、そこに横波を受けると復原力不足から一瞬で転覆する危険性もあった。畝傍の喪失は、日本海軍がフランス式の設計をとりやめる一因になった[21]

1954年昭和29年)5月に、やはり南シナ海で、弱い熱帯低気圧から急激に強い勢力に発達した台風3号に巻き込まれた辰和丸が遭難し、大規模な捜索にもかかわらず漂流物の類は全く発見されなかった事実がある。南シナ海など低緯度熱帯)の洋上では冬季でもしばしば台風の発生がある事、当時の気象観測体制は極めて未発達で、陸地から遠く離れた台風の多くは探知されずに終わった事などから、畝傍の喪失も同様のものであった可能性は十分考えられる。

喪失当時、台風で沈没したとしても普通は何らかの漂流物が見つかるものであると考えられていたが、何も見つからなかったため、「畝傍は南洋の無人島に漂着して修理している」[27]、「畝傍は海賊拿捕され海賊船として活動している」[28]、「畝傍は清国海軍に撃沈された」[29]など、様々な憶測が語られた[27][30]冒険小説押川春浪は、西南戦争を生きのびた西郷隆盛が畝傍に乗船してシベリアを冒険するという小説を発表した[27]。 中にはこっそり後をつけてきたロシア海軍に捕獲されたというものまであり、この噂は日露戦争の際に「捕獲された畝傍がバルチック艦隊の一員として日本に襲来する」と言われるまでになったと伝わる。

青山霊園『畝傍の森』。畝傍の記念碑(左)と千島 (通報艦)の砲身。

登場作品[編集]

宇宙一の無責任男
吉岡平によるライトノベルシリーズ。第2巻『明治一代無責任男』に登場。このシリーズでは、畝傍はラアルゴン帝国のタイムワープ実験によって7000年後の未来宇宙空間に飛ばされてしまった。という設定になっている。
海から来たサムライ
矢作俊彦による明治期のアメリカに併合されるハワイを舞台にした冒険小説。アメリカに拿捕され、武装を奪われた畝傍がハワイ沖に遺棄されている。武装はダイヤモンドヘッド要塞に設置されている。
海底軍艦シリーズ
押川春浪による1900年代の少年小説。このシリーズでは、畝傍は南海の孤島に漂着した後、そこで秘密組織「東洋団結」によって「第二うねび」「第三うねび」といった同型艦が量産されていた。という設定になっている
新戦艦高千穂
平田晋作による1930年代の少年小説。本作では、畝傍艦は北極を探検中に遭難したことが判明し、その結果北極が日本領土となった。という設定になっている。
信天翁航海録
raiL soft2010年平成22年)に発売したノベルゲーム。消失した畝傍のその後を描いた作品。
魔界都市<新宿>
菊池秀行による1980年代のライトノベル。京也達が訪れた「安息の地」の中で、魔界都市に現れる「がまぐち」に飲み込まれたものが集まる場所が存在し、その中に畝傍も存在した。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『海軍省仏国ニ於テ新造ノ巡洋艦ニ名ヲ命ス』。Ref.A15110818400。
    • 『仏国へ注文の巡洋艦へ名号被附度件』。Ref.C11019076200。

脚注[編集]

  1. ^ a b c #明治の海軍物語コマ55(原本93)『明治二十年十月十九日軍艦畝傍が支那海に於て亡没せるものと認定され、大センセーションを起した。同艦は佛國フォルヂ・エー・シヤンチエー社で建造された三千六百十五噸の巡洋艦で、明治十九年四月進水、同年十月竣工、十月十八日佛國を發し、本邦への回航の途中、十二月三日新嘉坡出港以後其の行衛が不明になつたのであつた。』
  2. ^ a b #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ197『◎軍艦畝傍命名ノ件 明治十七年六月五日(丙九〇)今般佛國注文セシ軍艦ヲウネト命名ス此旨爲心得相達候事』
  3. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ237(原本82頁)『一、初めて軍艦を佛國に註文す―明治十七年(一八八四)「畝傍」ヲ註文し、明治十九年竣工、本邦への回航途次「シンガポール」出發後行衛不明トナル』
  4. ^ a b c d e f #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ31(原本35頁)『傍畝(うねび) 艦種巡洋艦 三檣「バーク」 艦名考山名に採る、畝傍山は大和國高市郡に在り、白橿村の中央に起る一座の丘陵にして他に連接せず、土俗之を慈明寺山と呼ぶ、此地神武天皇創國の皇居(橿原宮)の在しり所なるを以て人口に膾炙す、今畝傍山の東南に橿原神宮、東北に神武天皇御陵あり。
    艦歴明治19年4月佛國にて進水、同年10月18日佛國を發し本邦への回航の途中、12月3日、新嘉坡投錨以後其の踪跡不明と爲り、遂に同20年10月19日に至り、亡没せるものと認定せられたり。
    ―要目― 長322呎/幅43呎/吃水918呎6吋/排水量3,615噸/機關 汽雙螺旋/馬力5,500/速力17.5/乗組人員 /船材 鋼/兵装 24拇克砲 4/15拇克砲 7/機砲 8/6听速射砲 2/發射管4/起工 明治17-5-27/進水 同19-4/竣工 同19-10/建造所 佛國フォルヂ・エー・シャンチェー社』
  5. ^ 明治20年10月19日官報第1293号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○海軍省告示第四號 畝傍艦昨年十二月三日横濱ニ向ヒ新嘉坡解纜以來踪跡ヲ得サルニ依リ亡没シタルモノト認定シ乗員モ亦死失ト見做シ之カ處分ヲ爲ス 明治二十年十月十九日 海軍大臣伯爵西郷從道』
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ22『明治十七年 一月小野濱造船所ヲ神戸ニ設置シテ主船局ノ所管トシ艦船ノ製造修理ヲ行ハシメラル(二十三年三月止)/此ノ年畝傍ノ製造ヲ佛國ニ註文シ浪速及高千穂ヲ英國ニテ、武藏ヲ横須賀造船所ニテ起工シ第二、第三、第四水雷艇竣工ス/同年十一月十八日外國ヘ註文セル軍艦ノ本邦廻航ニ關スル事務ハ主船局ニ、其ノ乗員ニ關スル主務ハ軍事部ニ各所掌ヲ定ム』
  7. ^ フランス南東部ヴァール県の都市、ラ・セーヌ=シュル=メールに本社を置く造船会社。第一次世界大戦及び戦間期にはシャール 2CFCM36といった戦車も開発・製造した
  8. ^ #海軍省畝傍命名p.1『六月五日 海軍省佛國ニ於テ新造ノ巡洋艦ニ名ヲ命ス』
  9. ^ #仏国注文巡洋艦名号pp.5-6『アキウネイワ
  10. ^ 月曜会記事 第17号 明治19年11月印刷(3)p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C15120183900 『新艦畝傍號(略)畝傍號ハ日本政府ノ注文ニ由リ地中海鍛鉄造舩會社ノ製造セル所ニシテ本年四月六日其進水式ヲ行ヒタリ(以下略)』
  11. ^ 明治19年10月23日官報第996号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2『○軍艦發着 畝傍艦ハ去ル十八日佛國ヲ出艦セリ(海軍省報告)』
  12. ^ #明治文明綺談コマ86-87(原本159-160頁)『明治の紀聞』
  13. ^ a b 明治20年3月2日官報第1098号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○畝傍艦捜索顛末』
  14. ^ a b #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ22『明治十九年 軍艦畝傍佛國ヨリ囘航ノ途次十二月二十五日新嘉坡ヲ出港後踪跡不明トナル(二十年十月十九日亡没ト認定ス)此ノ年起工セラレタルモノハ満珠、干珠、鳥海、愛宕、高雄及赤城ニシテ竣工ヲ見タルハ前記畝傍ノ外浪速及高千穂ナリ』
  15. ^ 明治20年3月3日官報第1099号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○畝傍艦捜索顛末(昨二日ノ續)』
  16. ^ 明治20年3月4日官報第1100号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3『○畝傍艦捜索顛末(昨三日ノ續)』
  17. ^ 明治20年3月7日官報第1102号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3-4『○畝傍艦捜索顛末(一昨五日ノ續)』
  18. ^ 明治20年3月8日官報第1103号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ3-4『○畝傍艦捜索顛末(一昨七日ノ續)』
  19. ^ #S05、海軍写真帖コマ29『軍艦龍驤と畝傍』
  20. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ22『明治二十年 畝傍ノ保險金一,二四五,三〇九圓ノ収入ニヨリ其ノ代艦トシテ千代田ノ製造ニ着手シタル外、八重山及水雷艇小鷹ヲ起工シ葛城及大和ヲ竣工ス』
  21. ^ a b #日本巡洋艦物語284-285頁『なぜ一隻のみで終わったか』
  22. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ223(原本55頁)『同(明治)二五・一一・三〇|軍艦千鳥、愛媛縣堀江沖ニテ英船「ラヴェンナ」號ト衝突沈没ス』
  23. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ39(原本51頁)『千島(ちしま) 艦種砲艦 三檣「スクーナー」型 艦名考地名(北海道千島)に採る。艦歴明治25年4月1日佛國にて竣工、同月佛國出發、同年11月24日長崎着、同月30日愛媛縣堀江(現・松山市)沖に於て英國商船ラベンナ號と衝突沈没。
    ―要目― 長233呎/幅25呎6吋/吃水9呎6吋/排水量750噸/機關 汽雙螺旋/馬力5,000/速力22/乗組人員99/船材 鋼/兵装 速射砲11/起工 明治23-1-29/進水 同23-11-26/竣工 同25-4-17/建造所 佛國ロワールール社』
  24. ^ #明治の海軍物語コマ64-65(原本111-112頁)
  25. ^ #明治文明綺談コマ92-93(原本170-172頁)『畝傍の行方の巷説』
  26. ^ #明治文明綺談コマ88-90(原本163-167頁)『國民の落膽』
  27. ^ a b c #明治文明綺談コマ88(原本162-163頁)『三年の日子を費ひ、百六十萬弗といふ大金を支拂ふ新鋭艦であつてみれば、國民がその行方不明に對して、どうしても諦めきれなかつた氣持は、想像出來るのである。畝傍艦は南洋の孤島に漂着して、そこで故障の修理をしてゐるのだらうと考へるのは、一番無理のない所であらう。/大分昔になる押川春浪が冒險小説を書いて、大いに當時の中學生などを熱狂させたものだが、その中には盛んに此の行方不明になつた「畝傍」が現れてきて、劍侠美女をのせて活躍してゐる。「畝傍」はやはり南洋方面の無人島にかくれてゐて、謎の軍艦として支那海を暴れ廻り、日本に仇なすものをやつゝけるのである。/同じくこれらの小説の中には、城山で戰死したと思はれた西郷隆盛が生きてゐて、怪人としてシベリアを舞臺に活躍するのである。/畝傍艦と云ひ西郷隆盛と云ひ、明治時代に生を享けた人間にとつては、そのまゝで忘れられるのは惜しくてならないのである。/押川春浪が書いたのは空想小説で、傳説ではないが、これは一種の「英雄不死傳説」であり、讀者にうけるわけだつたのである。』
  28. ^ #幼年冒険小説集コマ10-11(原本2-4頁)『〔一〕噂の幽霊船』
  29. ^ #幼年冒険小説集コマ14-15(原本10-12頁)『〔四〕恨みは長し畝傍艦』
  30. ^ #明治文明綺談コマ90-92(原本167-170頁)『畝傍の行方の巷説』

関連項目[編集]

注記[編集]

外部リンク[編集]