筑摩 (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左側が艦尾
艦歴
発注 1907年度計画
起工 1910年5月23日
進水 1911年4月1日
就役 1912年5月17日
除籍 1931年4月1日
その後 1935年頃 撃沈処分
性能諸元
排水量 常備:5,000t
全長 144.8 m / 134.1m(垂線間長)/140.5m(水線長)
全幅 14.2m
吃水 5.1m
機関 イ号艦本式混焼罐×16基
カーチス式タービン直結方式×2基、2軸推進、22,500hp馬力
燃料 石炭1,128t 重油300t
最大速力 26.0kt
航続距離
乗員 414名
兵装 45口径15.2cm単装砲8門
40口径7.6cm単装砲4門
45.7cm水上魚雷発射管3門
装甲 舷側:89mm
甲板水平部:22mm
甲板傾斜部:57mm
司令塔:102mm

筑摩(ちくま)は、日本海軍防護巡洋艦筑摩型1番艦である。艦名は筑摩川(千曲川、信濃川の上流部)にちなんで名づけられた。

筑摩型は防護巡洋艦と類別されているが舷側装甲を持っていた。機関にタービンを搭載するなど近代的軽巡洋艦への過渡的巡洋艦であった。

艦歴[編集]

1910年、佐世保工廠で起工、1912年5月17日に竣工し、二等巡洋艦に類別。日本海軍の巡洋艦として初めてタービン機関を採用し、同型艦三隻には性能実績を調査するためにそれぞれ異なるタイプの機関を搭載している。

第一次世界大戦では、南太平洋南シナ海インド洋での作戦に参加した。1914年(大正3年)8月末、英国との共同作戦によりインド洋・南洋方面で英国船を襲撃していたドイツのエムデンに対抗するため『伊吹』とともにシンガポール経由でジャワ島方面に向かったが、出撃の情報が到着の数日前にシンガポールで流布し、ドイツ側に察知されてエムデンを捕捉することができず、この間エムデンはベンガル湾で英国汽船5隻を撃沈、シンガポール日本領事館の駐在武官荒城海軍少佐が「シンガポールの在留日本人が噂を流したことで作戦が失敗し、英国に対して面目を失した」として日本語紙記者に住民に対し警告を発するよう求めたとされている[1]

1921年から1924年までおもに中国水域の警備活動に従事した。1926年ころ横須賀海兵団岸壁に繋留され、1931年4月1日に除籍され廃艦第3号と仮称。

1935年頃、実艦的として撃沈処分された。

歴代艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 片岡栄太郎 大佐:1911年12月1日 - 1912年4月20日 *兼佐世保海軍工廠艤装員
  • 山崎米三郎 大佐:1912年4月20日 - 1912年6月29日 *兼佐世保海軍工廠艤装員(- 1912年5月17日)
  • 向井弥一 大佐:1912年6月29日 - 11月13日
  • 小山田仲之丞 大佐:1912年11月13日 - 1913年12月1日
  • 井原頼一 大佐:1913年12月1日 - 1914年2月26日
  • 下平英太郎 大佐:1914年2月26日 - 1914年4月7日
  • (兼)小山田仲之丞 大佐:1914年4月7日 - 5月6日[2]
  • 阪本則俊 大佐:1914年5月6日 - 1915年2月1日
  • (心得)松村菊勇中佐:1915年2月1日 - 8月6日
  • (心得)田口久盛 中佐:1915年9月25日 - 12月13日
  • 田口久盛 大佐:1915年12月13日 - 1916年1月28日
  • 田尻唯二 大佐:1916年1月28日 - 12月1日
  • 牟田亀太郎 大佐:1916年12月1日 - 1918年2月12日
  • 中川寛 大佐:1918年2月12日[3] - 1918年6月1日[4]
  • (兼)飯田延太郎 大佐:1918年6月1日[4] - 7月5日
  • (兼)大内田盛繁 大佐:1918年7月5日 - 9月25日
  • 大見丙子郎 大佐:1918年9月25日 - 11月1日
  • (兼)大見丙子郎 大佐:1918年11月1日 - 11月25日
  • 末次信正 大佐:1918年12月1日 - 1919年8月5日
  • 横地錠二 大佐:1919年8月5日 - 1920年12月1日
  • 白石信成 大佐:1920年12月1日 - 1921年11月20日
  • (心得)永野永三 中佐:1921年11月20日[5] - 12月1日
  • 永野永三 大佐:1921年12月1日[6] - 1922年11月20日[7]
  • 田岡勝太郎 大佐:1922年11月20日 - 1923年6月1日
  • 栗原祐治 大佐:1923年6月1日[8] - 11月20日[9]
  • (心得)中原市介 中佐:1923年11月20日[9] - 12月1日[10]
  • 中原市介 大佐:1923年12月1日[10] - 1924年11月1日[11]
  • 福井愛助 中佐:1924年11月1日[11] - 1925年1月15日[12]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南洋及日本人社 『南洋の五十年』 南洋及日本人社、章華社、1938年、217-218頁。NDLJP:1462610/138オープンアクセス
  2. ^ 『官報』第530号、大正3年5月7日。
  3. ^ 『官報』第1657号、大正7年2月13日。
  4. ^ a b 『官報』第1749号、大正7年6月3日。
  5. ^ 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  6. ^ 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  7. ^ 『官報』第3093号、大正11年11月21日。
  8. ^ 『官報』第3251号、大正12年6月2日。
  9. ^ a b 『官報』第3375号、大正12年11月21日。
  10. ^ a b 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  11. ^ a b 『官報』第3659号、大正13年11月3日。
  12. ^ 『官報』第3718号、大正14年1月16日。

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 『造艦技術の全貌』興洋社、昭和27年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]