ラ・セーヌ=シュル=メール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Seyne-sur-Mer

Blason La-Seyne-sur-Mer.svg
Port la seyne.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ヴァール県
(arrondissement) トゥーロン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 83126
郵便番号 83500
市長任期 マルク・ヴュイユモ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération Toulon Provence Méditerranée
人口動態
人口 58,252人
2007年
人口密度 2 628人/km2
住民の呼称 Seynoises, Seynois
地理
座標 北緯43度06分00秒 東経5度53分00秒 / 北緯43.1度 東経5.8833333度 / 43.1; 5.8833333座標: 北緯43度06分00秒 東経5度53分00秒 / 北緯43.1度 東経5.8833333度 / 43.1; 5.8833333
標高 平均:m
最低:0 m
最高:352 m
面積 22.17km2 (2 217ha)
La Seyne-sur-Merの位置(フランス内)
La Seyne-sur-Mer
La Seyne-sur-Mer
公式サイト ville de La Seyne-sur-Mer
テンプレートを表示

ラ・セーヌ=シュル=メールフランス語:La Seyne-sur-Merオック語プロヴァンサル方言:La Sanha de Mar、ミストラル語:La Sagno de Mar)は、フランスプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏ヴァール県の都市。

地理[編集]

ヴァール県南東部、地中海に面する。西のマルセイユと東のサントロペの中間に位置する。

コミューン内のサブレット地区は、マリーナと漁港のあるリゾート地である。

地中海性気候で、夏暑く冬は相対的に湿気が多く温暖である。港は時に強風に襲われることがあり、1983年11月28日に風速148kmを記録した。コミューンに吹き付けるミストラルを、北部のモール山地が遮る。平均気温は15.9℃で、霜が降りることはまれだが1986年2月10日に-7.5℃を記録したことがある。

歴史[編集]

ラ・セーヌとは、湾の付け根にある湿地帯に生えるアシを指す。この植物はシアーニュ(siagne)とも呼ばれ、時を経てラ・セーヌと呼ばれるようになった。憲章によると、ラ・セーヌの集落はかつてシス=フールに属していた。

2世紀以上にわたり、ラ・セーヌには造船所があった。最初にできたのは1711年で、木造のボートを建造していた。19世紀半ばに造船業は発展を遂げ、この時代に金属製のボートがつくられるようになった。19世紀初頭に潜在的に汚染された製造活動(ハイドロカーボンや金属による)を経験し、その後ほとんどが組み立て作業となった。1848年に造船所は数千平方メートル以上拡張され、1300人が働いていた。1855年からフォルジュ・エ・シャンティエ・ド・ラ・メディテラネ社(fr)が製造部門を運営するようになった。会社は公民両方に船を建造することで業績を伸ばした。第二次世界大戦中の1944年4月29日、組み立て部門など一部が爆撃で被害を受けた。しかしその後再建され、1949年には25ヘクタールの拡張が行われた。オイルショック直前の1973年には、ラ・セーヌの造船所には5000人以上が雇用されていた。

1985年から活動は大幅に減り、1989年に最後の船が建造されて、ラ・セーヌの造船所は閉鎖された。経済活動の核を失い、他部門への転換と多様化が求められた。結果としてコミューンは海の観光に軸を移した。

交通[編集]

  • 空港 - トゥーロン=イエール空港(およそ32km離れている)
  • 道路 - トゥーロンマルセイユの間を走るA50
  • 鉄道 - TERプロヴァンス=アルプ=コート=ダジュール、ラ・セーヌ=シス=フール駅

出身の著名人[編集]

姉妹都市[編集]