ダイヤモンドヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイヤモンドヘッド
Starr 070402-6230 Prosopis pallida.jpg
標高 232 m
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州 オアフ島
位置 北緯21度15分35.0秒
西経157度48分42.3秒
山系 ハワイ諸島
種類 タフリング
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)は、アメリカ合衆国ハワイ諸島オアフ島にある火山火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり丘を形成した火山砕屑丘である。

概要[編集]

ハワイ先住民は「マグロの額」という意味でハワイ語で「レアヒ」(Lēʻahi)と呼んでいる。19世紀イギリスの水夫たちがこの山を登った時、火口付近の方解石の結晶をダイヤモンドと間違え「ダイヤモンドヘッド」と名付けたといわれる。

20世紀に入り、海を一望できるダイヤモンドヘッドはオアフ島の沿岸防衛に理想的な場所とされ、1904年に連邦政府に買い上げられたのち、1908年から1943年まで大砲の砲台などが据え置かれ、軍事要塞と化していった。結局1度も使われないまま現在に至るが、ダイヤモンドヘッド頂上まで通る道やトンネルは、この際に作られた資材運搬等の登山道を利用したものである。

火口

周辺は住宅地で、公営バスTheBus」の停留所も設けられている。山体はアメリカ合衆国の州記念物だが、一部は政府のアンテナ基地が設営されているため非公開である。火口の内側の駐車場から山頂へは約1kmの道のりであり、往復1時間から2時間程度である。登山路は未舗装であり、狭くて急な階段やトンネルがあるため、サンダル履きなどは適さない。

地史[編集]

オアフ島の東部を形成したコオラウ火山が260万年前に活動開始し、その後約100万年にわたって休止。その後、Honolulu Volcanic Series英語版と呼ばれる独立単成火山群を形成する火山活動が始まった。この活動の一つとして、約40-50万年前[1]に生まれたのがダイヤモンドヘッドである。

噴火は数日も続かない爆発型のものであった。この原因は、当時海面が今より高く、マグマが海水と接触したためと推定される。先述の火山活動がオアフ島南東部のパンチボウル、ハナウマベイ、ココヘッドやマナマ島などの小規模な火山を生み出した。

本火山群の最新の活動期と考えられるKoko Fissureが3万年前頃であり[2]、本火山群で将来新たな噴火が生ずる可能性は否定できないと考えられている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 出典: A geologic tour of the Hawaiian Islands: Oʻahu - USGS、2017年4月閲覧
  2. ^ a b 出典: オアフ島ホノルル火山活動によるタフリングの地形分析(2007) - 磯望・黒田圭介・安永典代、2017年4月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]