石橋幹一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石橋 幹一郎(いしばし かんいちろう、1920年大正9年)3月1日 - 1997年平成9年)6月30日)は、日本の実業家ブリヂストンの社長・会長を務めた。ブリヂストンタイヤ創業者の石橋正二郎の長男。

来歴・人物[編集]

石橋正二郎の長男として福岡県久留米市に生まれる。1937年(昭和12年)旧制・中学明善校(現在の福岡県立明善高等学校)卒業、福岡高等学校 (旧制)九州大学教養部の前身)を経て1年間の浪人後に東京帝国大学に進学。 1943年(昭和18年)東京帝国大学法学部を卒業後に海軍主計課の短期現役に志願し同年9月に海軍経理学校入学。1944年(昭和19年)に同校を卒業。

戦後[編集]

1945年(昭和20年) 高文に合格するもののブリヂストンタイヤ入社。

1952年(昭和27年) 7年間の工場勤務を経て副社長に就任

1963年(昭和38年) 社長に就任

1973年(昭和48年) 会長に就任

1983年(昭和58年) アメリカファイアストン買収を主導するなど、ブリヂストンを世界的企業に成長させた。 資本と経営の分離を標榜し、自身が会長に就任した際には、石橋家以外から社長を抜擢するなど同族企業からの脱皮も図った。

1985年(昭和60年) 名誉会長に就任し代表権を返上。

1989年(平成元年)~1991年(平成3年) 日本経済団体連合会副会長に就任。

1997年(平成9年) 相談役に就任。直後の6月30日に77歳で死去した。

1981年(昭和56年) 藍綬褒章を受章

1986年(昭和61年) ベルギー王冠勲章コマンドール章を受章

1989年(平成元年) フランス文芸勲章オフィシェ章を受章。また久留米市名誉市民となる。

1995年(平成7年)には私財を投じて久留米市の石橋美術館の別館を寄贈した。

プリンス自動車役員[編集]

富士精密工業との合併前の首脳陣[編集]

昭和27 (1952)年3月、東京京橋ブリヂストン・ビルでのプリンス車の発表展示会にて。たま自動車の首脳陣(「プリンス自動車工業」への社名変更や、富士精密工業との合併前)。左から外山保(専務 元立川飛行機試作工場長)、鈴木里一郎(社長)、石橋正二郎(会長 ブリヂストン社長)、石橋幹一郎(常務)。当時、石橋父子は、たま自動車と富士精密工業の役員を兼ねた。

富士精密工業役員(1951年(昭和26年)4月30日時点)は、以下の通り(※岡本和理-(中島飛行機出身。プリンス自動車工業動力機構部長、日産中央研究所排気研究部長、日産工機社長、オーテックジャパン顧問を歴任)による)。

  • 取締役会長 石橋正二郎
  • 取締役社長 団伊能
  • 取締役副社長 上条憲治
  • 取締役専務 新山春雄
  • 取締役常務 石橋幹一郎・天瀬金蔵・今井一雄・柴本重理・中川良一
  • 監査役 重田益次・加嶋五郎


※写真より、当時石橋幹一郎も名を連ねている事が分かる[1]。 また、幹一郎は、プリンス・セダンや、S6系プリンス・グロリア試作車まで、プリンスの新車発表会や完成記念撮影の場に、父正二郎と共にたびたび現れていることも確認出来る。

親族[編集]

遺産相続[編集]

ブリヂストン株式5000万株、土地、建物、美術品等の評価総額1646億円を遺したが、子供3人で相続した際に、相続税額が約1035億円となり、1998年(平成10年)当時の最高額となった[2]

参考文献[編集]

  • 石橋幹一郎追悼集刊行委員会編 『石橋幹一郎 思い出と素顔』石橋幹一郎追悼集刊行委員会、1999年(平成11年)

出典[編集]

  1. ^ 岡本和理著 『エンジン設計のキーポイント探究』平成13年 (2001) 6月1日発行(非売品)
  2. ^ 出典:1998年(平成10年)6月23日夕刊 日本経済新聞