右近権左衛門 (11代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

11代目右近 権左衛門(うこん ごんざえもん、前名・義太郎[1]1889年明治22年)11月 - 1966年昭和41年)4月27日[2])は、日本実業家資産家[3]、福井県多額納税[1][4]。右近商事社長[1][4]日本火災海上保険の会長[2]

人物[編集]

福井県・右近権左衛門の長男[1][4]1914年3月、慶應義塾大学理財科卒業[5]1917年家督を相続し義太郎を改め襲名した[1]海運業を営み会社重役である[1]

趣味は洋画、園芸[1]。宗教は真宗[1]。住所は兵庫県芦屋市[1]大阪市西区西長堀北通[4]

家族・親族[編集]

右近家
北前船主の館・右近家
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『人事興信録 第14版 上』ウ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月27日閲覧。
  2. ^ a b 右近 権左衛門とはコトバンク。2016年9月27日閲覧。
  3. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』7頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 上』ウ1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年4月29日閲覧。
  5. ^ 『慶応義塾総覧 大正3年』196-199頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第4版』う9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。

関連項目[編集]