松平信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松平信子

松平 信子(まつだいら のぶこ、明治19年(1886年)7月 - 昭和44年(1969年5月8日)は、松平恒雄の夫人である。侯爵鍋島直大の四女、娘に秩父宮妃勢津子、姉に梨本宮妃伊都子がいる。

来歴[編集]

明治19年(1886年)、鍋島侯爵家に生まれて裕福な環境で育った。母榮子が外交官に嫁ぐことを望んだため、旧会津藩主・松平容保の六男恒雄と婚約。華族女学校(後の学習院女学部)卒業後の明治39年(1906年)秋、19歳で単身渡欧して結婚する。

貞明皇后に仕えてその信頼を得、宮廷内に大きな発言権を有していた。昭和30年代には東宮御教育参与として、時の皇太子・明仁親王の妃選考メンバーの一員であったが、学習院の同窓会組織・常磐会の会長を務めていたため外されてしまう(妃は華族すなわち学習院出身者に限る暗黙のルールがあった)。

このような経緯もあってか、皇太子と平民である正田美智子との結婚に際し、香淳皇后雍仁親王妃勢津子宣仁親王妃喜久子梨本伊都子柳原白蓮らと共に激しく反対。成婚後も美智子妃に対する猛烈な批判を続け、反対派の領袖として君臨した。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]