松平一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松平 一郎
Matusdaira Icirō.jpg
生誕 1907年11月15日
ロンドン
死没 (1992-12-24) 1992年12月24日(85歳没)
日本赤十字社医療センター
出身校 東京帝国大学
職業 東京銀行会長
カリフォルニア・ファーストバンク会長
配偶者 松平豊子
子供 松平恒忠、徳川恒孝松平恒和

松平 一郎(まつだいら いちろう、1907年明治40年)11月15日 - 1992年平成4年)12月24日)は日本の銀行家会津松平家の分家当主で、東京銀行カリフォルニアファーストバンクの各会長。 秩父宮妃勢津子は妹、徳川宗家第18代当主の徳川恒孝は次男。

経歴[編集]

松平容保の六男松平恒雄鍋島直大の四女信子の長男として、ロンドンに生まれる。成蹊中学水戸高を経て、1932年(昭和7年)に東京帝国大学文学部支那哲学科[1]を卒業。さらに同大学経済学部にも学ぶ[2]。この間の1928年(昭和3年)に勢津子(節子)が秩父宮雍仁親王に嫁いだ。1934年(昭和9年)、横浜正金銀行に入行し本店勤務となるが、近衛歩兵第1連隊で兵役に就き、陸軍少尉に任官している[3]。翌年12月の除隊直後に徳川宗家17代当主徳川家正の長女、豊子と結婚した。媒酌は近衛文麿夫妻である[4]。正銀の天津支店勤務を経て1939年(昭和14年)にサンフランシスコ支店に移る。翌々年に大東亜戦争太平洋戦争)が勃発すると抑留を受け、各地の収容所を転々とした。交換船によって帰国後、本店勤務を経て昭南(シンガポール)支店に赴任。日本の敗戦の際は再び収容所生活を送った[3]

正金銀行が廃止されると、その後継銀行である東京銀行に勤務し、1952年(昭和27年)にはロンドン支店開設のため英国に赴任。帰国後は日比谷支店長となるが、1958年(昭和33年)には取締役支店長として再びロンドンに赴き、約4年在勤している。1973年(昭和48年)に会長職を退任後は相談役として経営に携わる。カリフォルニア・ファーストバンク会長の在任は24年におよび退任は1978年(昭和53年)である[3]

社会の一線を引いた後はロータリアンとして世界各国や日本国内を夫婦で訪れ、財団管理委員、本部理事などを務めている。日本フィンランド協会会長ほか諸団体の役員でもあった。会津会名誉会員[5]

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『東京帝国大学要覧』(昭和7年度)
  2. ^ 帝国秘密探偵社『大衆人事録 東京編』(第13版)「松平恒雄」
  3. ^ a b c 『父 松平一郎のこと』
  4. ^ 『春は昔』150頁
  5. ^ 『会津会会報第61号』1950年
  6. ^ 役員 上野学園大学”. 学校法人 上野学園大学. 2014年3月7日閲覧。
  7. ^ 日本フィンランド文化友好協会会長の松平恒忠氏が叙勲”. フィンランド大使館. 2014年1月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 若松コロニー(松平夫妻はここで没した子守少女おけいの墓参を果たした。)

外部リンク[編集]