杉山金太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

杉山 金太郎(すぎやま きんたろう、明治8年(1875年9月19日 - 昭和48年(1973年)3月10日)は、日本実業家。豊年製油(現J-オイルミルズ)会長。

長男・元太郎の妻・淑子は元式部官牧野伸通(明治の元勲大久保利通の二男牧野伸顕の長男)の次女[1]

経歴[編集]

明治8年(1875年和歌山県海草郡川永村永穂(現和歌山市)に小百姓の長男として生まれる[2]

紀州藩徳川家で設立した徳修学校を出ると、叔父教師をしていた広島県福山市尋常中学誠之館を受験し三年に編入した[3]。中学四年に進級すると同時に意を決し誠之館を退学して大阪に出た[3]。大阪商業学校(現大阪市立大学)に入学した[3]。この学校は西洋人の先生もおり英語を厳しく勉強させられた[4]

明治27年(1894年)卒業すると神戸の米国貿易商社に入社[5]。神戸横浜各支店勤務の後大正2年(1913年)、横浜支店輸出部支配人となる[6]

大正6年(1917年)、中外貿易会社を創立[6]

大正13年(1924年)、豊年製油株式会社の社長に就任[6]昭和29年(1954年)10月会長に選ばれる[6]

人物像[編集]

趣味読書[6]宗教浄土真宗[6]

家族・親族[編集]

元治(実業家)
元信(実業家)
  • 妻・チヨ子(神奈川県、日本紙輸出合資会社代表社員市川元八長女[7][6]
杉山によれば「私の家のことははじめに述べた通り、紀州の一小農に過ぎないが、市川家の方は静岡県富士郡の出身で、父は立志伝中の人であり、開港初頭に横浜に出て来て問屋として成功されたのであった[8]」という。

参考文献[編集]

  • 私の履歴書 第四集』 日本経済新聞社 1957年 147-186頁

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤朝泰 著 『豪閥 地方豪族のネットワーク』159頁
  2. ^ a b c d 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』149頁
  3. ^ a b c 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』151頁
  4. ^ 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』152頁
  5. ^ 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』153頁
  6. ^ a b c d e f g h 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、す38
  7. ^ 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』184頁
  8. ^ 杉山金太郎『私の履歴書 第四集』185頁

外部リンク[編集]