東京ローンテニスクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京ローンテニスクラブ
英語: Tokyo Lawn Tennis Club
Lawn Tennis-1.jpg
東京ローンテニスクラブ
(2017年9月24日撮影)
前身 東京ローンテニス倶楽部
設立年 1900年
種類 一般財団法人
法人番号 7010405000538 ウィキデータを編集
地位 一般社団・財団法人法
本部 東京都港区南麻布5-6-41
貢献地域 日本
ウェブサイト http://www.tltc.jp/

一般財団法人東京ローンテニスクラブ(とうきょうろーんてにすくらぶ、英語: Tokyo Lawn Tennis Club)は、日本最古の名門テニスクラブで、会員相互の親睦行事、内外知名テニス選手の招待競技会の開催を通じて、スポーツの発展と国際親善を促進するための法人。元文部科学省所管。

概要[編集]

1900年明治33年)に、現在の国会議事堂の敷地にテニスコート用の土地が宮内庁を介して供与され、東京ローンテニス倶楽部が創立された。1940年昭和15年)に南麻布に移転し、1942年(昭和17年)5月に財団法人化(旧文部省所管)した。名誉会員には天皇皇后上皇夫妻など皇族方が名を連ね、一般会員には各国大使、旧華族、有名企業のトップなどが所属する。

事業内容[編集]

東京ローンテニスクラブホームページより[1]

国際親善
クラブ行事
  • 新入会員歓迎会(4月)、お盆パーティー(7月)、クリスマスパーティー(12月)
  • クラブ選手権を始めとする各種トーナメントの開催
社会貢献

出典・脚注[編集]

  1. ^ 平成22年度事業報告書”. 財団法人東京ローンテニスクラブ. 2012年9月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]