中山栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 栄一(なかやま えいいち、1895年10月 - 1976年8月21日)は、日本の政治家衆議院議員。

来歴・人物[編集]

茨城県出身。早稲田大学商学部卒業。龍ケ崎町会議員、茨城県会議員、同参事会員などを歴任。

1946年、戦後初の衆院選茨城県選挙区から無所属で出馬し当選。その後、公職追放となり[1] 、追放解除後は茨城県第1区において第25回第27回第29回第30回第31回総選挙で当選し、衆議院議員を通算6期務めた。1969年12月の第32回総選挙には出馬せず引退。

その他、石橋内閣第1次岸内閣北海道開発政務次官第1次佐藤内閣行政管理政務次官、衆議院災害対策特別委員会理事、衆院農林水産委員会委員などの要職を歴任した。

1976年8月21日死去。享年81。

中山利生は実子。

脚注[編集]

  1. ^ 公職追放の該当事項は「翼壮団長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、421頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。