時崎雄司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

時崎 雄司(ときざき ゆうじ、1940年1月6日-)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

青森県出身。1962年専修大学法学部卒。茨城県庁生協常務理事、県労働金庫理事、県職員組合委員長、日本社会党茨城県組織局長を経て、1990年の総選挙旧茨城1区から立候補して初当選、1期務めた。1993年の総選挙で落選。1996年の総選挙では民主党から新設された茨城1区より立候補したが落選した。その後は民進党で茨城県総支部連合会倫理委員長を務める[1]。民進党の分裂後は国民民主党に参加[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 役員情報” (日本語). 民進党. 2017年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月28日閲覧。
  2. ^ 役員体制国民民主党茨城県連