萩原幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

萩原 幸雄(はぎはら ゆきお、1923年10月[1] - 1978年11月29日[1])は、日本の政治家自由民主党衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

広島県出身[1]1945年東京帝国大学法学部[1]1948年二級事務官吏銓衡に合格[2]内務省地方局に配属される[2]。その後、静岡県調査、税務各課長[1]総理府事務官[1]広島県税務、財政各課長、同総務部長、同副知事などを経て[1]1972年第33回衆議院議員総選挙において広島1区から自由民主党公認で立候補し初当選、次の1976年第34回衆議院議員総選挙でも再選した。党内では地方行政、交通の各副部会長、商工局次長などを務めた[1]1978年、在職中に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』500頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』375頁

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。