河野正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 正美
かわの まさみ
生年月日 (1961-06-30) 1961年6月30日(56歳)
出生地 東京都世田谷区
出身校 愛知医科大学医学部医学科卒業
九州大学大学院単位取得退学 
前職 河野病院院長
所属政党 たちあがれ日本→)
日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会
称号 医師(医学博士)
親族 父・河野正(元衆議院議員
公式サイト 河野正美公式ウェブサイト

選挙区 比例九州ブロック福岡4区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月16日 - 2017年9月28日
テンプレートを表示

河野 正美(かわの まさみ、1961年(昭和36年)6月30日 - )は、日本政治家精神科医日本維新の会所属の元衆議院議員(2期)。

経歴[編集]

東京都世田谷区に生まれ、成城学園初等学校に通った[1]福岡県糟屋郡篠栗町に移り住み、西南学院中学校卒業[2]。1980年、西南学院高等学校卒業。1990年、愛知医科大学医学部医学科卒業。1994年に九州大学大学院医学研究科内科系専攻に入学し、1998年に単位取得退学。2001年医学博士号授与(九州大学)。 1998年4月医療法人済世会河野病院院長に就任し、2005年に医療法人済世会理事長に就任した。 医療制度の改善を求め、政治活動にも従事。2012年6月、たちあがれ日本福岡県第四選挙区支部長に任命される。

  • 福岡県病院協会 理事(2007年-)
  • 粕屋医師会 理事(2010年-)
  • 福岡県精神科病院協会 理事(2000年-2010年)
  • 福岡県精神科病院協会 福岡地区協議会代表(2006年-2010年)
  • 福岡県精神科病院協会 副会長(2007年-2008年)
  • 日本精神科病院協会 代議員(2006年-2010年)

2012年、11月に日本維新の会への合流とともに同衆議院福岡県第四支部長となり、12月の第46回衆議院議員総選挙に出馬。福岡4区では、宮内秀樹自由民主党)に敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活当選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では福岡4区から維新の党公認で出馬、再び宮内に敗れたが、比例で復活当選

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では福岡4区から日本維新の会公認に加え希望の党の推薦で出馬したが、再び宮内に敗れ、比例復活も適わず落選した。この選挙で河野の選挙区での得票率は27.28%に留まった[3][4]

政策[編集]

所属議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『これだけは知っておきたいこころの医療』(みずほ出版新社、2010年、ISBN 978-4-88877-903-6
  • 『これだけは知っておきたいこころのケア』(みずほ出版新社、2015年、ISBN 978-4-88877-921-0)

親族[編集]

  • 父:河野正は、政治家で衆議院議員を8期つとめた。
  • 父方祖父:河野政次郎は、保守系福岡市議を2期務めた。
  • 母方祖父:横山静雄は、日本陸軍の軍人。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]