佐藤正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
佐藤 正夫
さとう まさお
生年月日 (1955-04-09) 1955年4月9日(62歳)
出生地 福岡県北九州市小倉北区
出身校 日本大学生産工学部
前職 福岡県議会議員
所属政党 自由民主党→)
みんなの党→)
無所属
公式サイト 佐藤正夫前衆議院議員オフィシャルサイト

選挙区 比例九州ブロック福岡10区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月21日[1] - 2014年11月21日

選挙区 北九州市小倉北区選挙区
当選回数 4回
在任期間 1995年 - 2011年
テンプレートを表示

佐藤 正夫(さとう まさお、1955年4月9日 - )は、日本政治家。前衆議院議員(1期)。みんなの党組織委員長、福岡県議会議員(4期)を歴任した。

経歴[編集]

福岡県北九州市小倉北区生まれ[2]北九州市立足立小学校北九州市立足立中学校福岡県立小倉南高等学校を経て、日本大学生産工学部卒業[3]

1995年4月、福岡県議会議員選挙に出馬し、初当選[3]。以後、県議を4期つとめる。2009年自由民主党福岡県支部連合会総務会長に就任[4]第22回参議院議員通常選挙福岡県選挙区公認候補を決める公募で、改選になる吉村剛太郎ではなく大家敏志が選出されたことに反発。2010年4月、自民党を離党し、吉村と共に県連から除名処分が下った[5]。同年7月の第22回参議院議員通常選挙で福岡県選挙区にみんなの党から立候補するも落選[6]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙福岡10区にみんなの党から立候補[7]。前回比例九州ブロック単独当選の山本幸三、前回小選挙区当選の城井崇に次ぐ45,698票で落選するも比例復活で初当選した[8]

2014年11月21日衆議院は解散。更にその直前、所属していたみんなの党が多数決で解党することを決めた。同月25日、12月の第47回衆議院議員総選挙において福岡10区から無所属で出馬するも、落選した[9]

政策[編集]

その他[編集]

  • 2010年、福岡県議会議員4期目に今林久議長の後任として適齢であったが、最大会派の自民党からみんなの党に入党したため議会運営委員長の田中秀子が就任した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]