岡部得三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡部 得三(おかべ とくぞう、1909年明治42年)7月 - 1978年昭和53年)5月3日[1])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

福岡県出身[1]1931年、帝国高等工業学院土木科を卒業[1]

台湾総督府交通局勤務、若松市土木課勤務、岡部組取締役、若松港運取締役、若松商工会議所会頭などを務めた[1]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙おいて福岡県第二区で日本進歩党から出馬して当選[1]。その後、福岡県第二区から第23回第26回第28回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算四期務めた[1]。この間、第2次岸内閣経済企画政務次官民主党党務部長、同政調会副会長、改進党貿易海運振興委員長、自由民主党全国組織委員会副委員長などを務めた[1]

炭鉱国管疑獄により逮捕されたが、起訴猶予処分となった[2]

その後、土地調査委員会委員、同委員長代理を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 – 衆議院議員名鑑』149-150頁。
  2. ^ 『戦後政治裁判史録 1』341-342頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録 1』第一法規出版、1980年。