沼川洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沼川 洋一(ぬまかわ よういち、1931年11月11日 - 2016年10月28日[1])は、日本の政治家。元衆議院議員公明党に所属した。熊本県出身。明治薬科大学卒業。

経歴[編集]

熊本県議会議員などを経て、1983年の第37回衆議院議員総選挙に出馬し初当選。1986年、第38回衆議院議員総選挙で2度目の当選。同年の公明党第54回中央委員会では、副議長に選出。1990年、第39回衆議院議員総選挙で政界を引退。

ほかに、衆議院石炭対策特別委員会委員、社会労働委員会委員、公明党熊本県支部選挙対策委員長などの要職を歴任。

また、薬剤師でもあり、現在明治薬科大学のOB組織である明薬会の熊本支部長などを務めている。

1988年3月28日早朝、熊本市の自宅が火災に遭い、妻、娘2人(うち1人は下記の沼川浩子)、義母(妻の母)の4人が死亡した[2]。火災当時沼川本人は東京に居たため難を逃れた。

アナウンサーの沼川浩子は長女。

2016年10月28日、直腸がんにより死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “沼川洋一氏が死去 元衆院議員”. 日本経済新聞. (2016年10月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H9I_Y6A021C1CZ8000/ 2016年10月29日閲覧。 
  2. ^ 毎日新聞』1988年3月28日付東京夕刊、11面。