広瀬氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

廣瀬氏(ひろせし)、または広瀬氏(同じ読み)は、日本氏族である。主なものとして下記の氏族の流れがある。

広瀬氏の起源[編集]

広瀬氏の起源は、清和源氏及びその孫の宇多源氏末裔と伝えられる。鎌倉時代に、広瀬大社が祀られている大和国広瀬郷(現在の奈良県北葛城郡河合町)から、美濃国広瀬郷(現在の岐阜県揖斐川郡揖斐川町坂内広瀬)及び美濃国本巣郡(現在の岐阜県瑞穂市生津只越)へ領地を移し、広瀬氏の本拠地(美濃国広瀬城・別府城・只越城)としたとされる。また、飛騨国吉城郡広瀬郷(現在の岐阜県高山市国府町瓜巣)にも広瀬氏の飛騨国広瀬城があったとされる。

広瀬兵庫助康親家(岐阜・揖斐川)[編集]

広瀬氏
(揖斐川広瀬氏)
家紋
下り藤
本姓 清和源氏頼親流宇野氏
家祖 広瀬康述
種別 地方豪族
出身地 大和国美濃国
主な根拠地 美濃国揖斐郡
広瀬村 (岐阜県)
著名な人物 広瀬康述(加賀守)
広瀬信親
広瀬康則
広瀬康之
広瀬泰好
広瀬康明
広瀬康親(兵庫助)
凡例 / Category:日本の氏族

広瀬(廣瀬)兵庫助康親は、安土桃山時代武将であり、鎌倉時代から代々続く美濃国広瀬郷(現在の岐阜県揖斐川郡揖斐川町坂内広瀬)の地方豪族。家紋は下り藤。

康親の父・広瀬康則は、美濃国広瀬城の17代目城主であったが、家臣との不和により1572年6月に織田信長の家臣・稲葉一鉄(第3代将軍徳川家光の母・春日局の祖父)に攻められ、42歳で討死・落城した[1]。このため、初代城主だった広瀬康述から続いた372年に渡る美濃国広瀬城の幕がここで一旦閉じることとなった。次期城主の候補者の一人であった康親は武家再興のため、飛騨国広瀬城へ修行に出たとされる。その間、約2年間を過ごし、康親はそこで広瀬兵庫助(兵庫頭)と名乗った。この間、兵庫助は1574年には豊臣秀吉長浜城築城に協力している。広瀬兵庫助には兄弟がおり、長男の康宗は左門九郎と名を変え、弟には久助がいた。1575年に、3人と共に美濃国広瀬郷へ帰郷することとなった。

康宗・兵庫助・九助の3兄弟は、小殿乙若らの従者と共に1576年・1580年と2度、大坂石山の本願寺へ顕如上人の援助のため、一向一揆の抗争に出陣し、本願寺の戦士として信長軍と戦ったが、2度目の出陣の時、1580年の抗争で敗れた。  

天正10年(1582年)6月2日の早朝、本能寺の変が起きた。直後の10数日間、長浜城から豊臣秀吉の母と夫人らを避難させ、兵庫助が警護して治安安定するまで援助したとされる。兵庫助は、伊吹の山中への避難警護と慰労に尽くして、甲津原へ来た所で旧知の寺院で10数日間の滞在をして警護と逃避行の慰労に努めたと伝わる[2]。このため、事態収拾後に秀吉からの恩賞をうけ、家臣となることとなった。 この時、広瀬兵庫助は秀吉から近江国高山・甲津原・杉野の領地と報酬500石が付与されている。 

天正11年(1583年)には、兵庫助が武家修行に行っていたとされる飛騨国広瀬城は、三木氏によって落城させられた。当時、飛騨国広瀬城城主だった広瀬宗城は討死した[3]。天正13年(1585年)には、広瀬兵庫助らは越前国大野城主の金森長近に協力し、羽柴(豊臣)秀吉の命により金森長近と共に三木氏のもとへ侵攻することとなった。広瀬兵庫助はその先導役として活躍し、高堂城・広瀬城に籠もった三木氏を降伏させることに成功した。

慶長5年(1600年)の初夏、兵庫助は近江国(滋賀県)佐和山城主の石田三成から出陣の誘いに応じ、鉄砲隊約7百人を中心とした約千人の部隊で関ヶ原の戦いへ出陣した[4]。 関ヶ原の戦いに敗れた広瀬兵庫助は、領地の近江国高山(滋賀県長浜市)にある福順寺へ入り、「豊昌院理山道義大居士広瀬兵庫頭 新庄城主 慶長5年9月16日」の位牌をまつらせ、住職により髪を剃って広瀬兵庫助(自分自身)を戦死者とした。1602年に福順寺(滋賀県長浜市高山)を終焉の地とし、住職・西了として永遠の平和を誓い、記録を残さず仏門一筋で平和に過ごしたとされる。

広瀬兵庫助康親家の末裔は現代に至るまで、岐阜県・愛知県・滋賀県をはじめとする全国各地で真宗大谷派(東本願寺)の寺院の建立・開基に尽力してきたとされている[5]。仏教の布教を行った寺院は、浄休寺(滋賀県)、啓福寺(滋賀県)、光専寺(滋賀県)の三寺とされており、安土桃山時代に豊臣秀吉の命を受け、いずれも家紋は「五三桐」とした。滋賀県の啓福寺は、後に真敬寺(岐阜県)、真念寺(岐阜県)、啓竜寺(滋賀県)を開基している。



広瀬郷左衛門景房家(山梨・甲州)[編集]

広瀬氏
(甲州広瀬氏)
No image available.svg
不明
本姓 清和源氏頼親流宇野氏
家祖 広瀬郷左衛門景房
種別 地方豪族
出身地 美濃国
甲斐国
主な根拠地 美濃国揖斐郡
広瀬村 (岐阜県)
著名な人物 広瀬郷左衛門景房
広瀬将監正直
凡例 / Category:日本の氏族

広瀬(廣瀬)郷左衛門景房は、安土桃山時代武将。家紋は不明。

上記の広瀬兵庫助康親の先祖である初代当主・広瀬康述の子孫で、第14代当主・康平の弟の広瀬安周(別名・安近)は、山梨県(甲斐国)へ移った。広瀬郷左衛門景房はこの末裔及びこの流れの広瀬氏と伝えられる。

景房は、甲斐石和の郷士で、最初は武田信玄に仕え、板垣信方山県昌景らの部隊に配属された。信玄時代の初期から仕えた剛勇の士で、信玄から「軽薄なる事なき勇士なり」と言わしめた。天正10年(1582年)3月の織田信長甲州征伐甲斐武田家が滅亡すると徳川家康に召しだされ、井伊直政の部隊に配属された。江戸時代は、彦根藩士となった。同藩に広瀬清兵衛家[6]、広瀬茂兵衛家[7]、広瀬助之進家[8]がいた。

家康からもその剛勇を認められ、井伊の赤備えにおいて広瀬と三科のみは旗指物は赤でなくとも良いと許され、白にした広瀬は赤備えの中で一際目立ったと伝わる。また、常に徳川軍の先鋒として最前線に出る直政に無理をするなと自重を促したと伝わる。小牧・長久手の戦い小田原征伐に従軍。1500石を知行する。

関ヶ原の戦いでは上野高崎城の留守居役を務めた。慶長14年(1609年)に徳川家康が名古屋に居城を築城する場所を決める際に、甲州士美濃守だった景房は、「ふけ田(深田)に堀を深くほり候へば、水なかへ抜け、田干あがるもの也」と言ったことにより名古屋城の場所を決定することとなった。翌年の慶長15年(1610年)2月27日より名古屋城の築城は開始された[9]。のちに養子の将義に家督を譲り、隠居料300石を与えられた[6]








広瀬将監正直家(大分・日田)[編集]

広瀬氏
(日田広瀬氏)
家紋
丸に酢漿草
本姓 清和源氏義光流武田氏
家祖 広瀬貞昌
種別 地下人
平民
出身地 不明(甲斐国摂津国筑前国博多とも)
主な根拠地 豊後国日田
大分県
著名な人物 広瀬月化
広瀬三郎右衛門
広瀬淡窓
広瀬久兵衛
広瀬旭荘
広瀬青邨
広瀬林外
広瀬正雄
広瀬勝貞
凡例 / Category:日本の氏族

甲斐国武田氏重臣の板垣氏または山県氏家臣、広瀬(廣瀬)郷左衛門尉景房の弟である広瀬(廣瀬)将監正直を祖先とする広瀬氏。家紋は丸に酢漿草。

初代広瀬五左衛門貞昌は、1673年(延宝元年)に博多から天領であった豊後国日田(現在の大分県日田市)に移り、掛屋「堺屋」を開業。後に屋号を「博多屋」とした。 

咸宜園を開いた広瀬淡窓をはじめ、その子孫に、儒学者俳人が多く出た。月化・桃秋(三郎右衛門の号)・淡窓・秋子・南陔(久兵衛の号)・旭荘・青邨・林外は、広瀬八賢と称される。また、淡窓のあとを継いだ旭荘・青邨・林外は、三広と呼ばれる。

近現代においては、元郵政相の広瀬正雄や元日本民間放送連盟会長となった広瀬道貞、富士紡績社長となった広瀬貞雄や大分県知事の広瀬勝貞など、政界、経済界に名を残している。

著名な人物[編集]





家系[編集]

 広瀬貞昌
  ┃
 源兵衛
  ┃
 久兵衛
  ┣━━┓
  月化 三郎右衛門
     ┣━━┳━━┳━━┓
     淡窓 秋子 久兵衛 旭荘
     ┃     ┃  ┃
     青邨    源兵衛 林外
    (養子)    ┃
     ┃    七三郎
     貞文     ┃
           貞治
           ┃
           正雄
           ┣━━┳━━┳━━┓
           貞雄 道貞 勝貞 興貞


広瀬十郎兵衛家(岐阜・生津只越)[編集]

広瀬氏
(生津只越広瀬氏)
家紋
木瓜二つ引き
本姓 宇多源氏成頼流佐々木氏
家祖 広瀬十郎
種別 地方豪族
出身地 大和国美濃国
主な根拠地 美濃国本巣郡
岐阜県
著名な人物 広瀬十郎左衛門直頼
広瀬但馬入道直氏
広瀬十郎直明
広瀬七郎直康
広瀬十郎直高
広瀬左京
広瀬隼人
広瀬信正
広瀬十郎兵衛泰好
広瀬十郎兵衛正好
広瀬十郎兵衛義重
広瀬茂兵衛
広瀬治三郎
広瀬亀吉
凡例 / Category:日本の氏族

広瀬(廣瀬)十郎兵衛は、美濃国本巣郡の地方豪族。広瀬十郎や広瀬十郎平とも呼ばれていた[10]。家紋は木瓜に二つ引き。広瀬十郎兵衛家は、宇多源氏成頼佐々木氏族である佐々木秀義の末裔と伝えられている。秀義の子孫が広瀬氏を名乗り、大和国広瀬郷より美濃国本巣郡(現在の岐阜県瑞穂市生津只越)へ領地を移したことが始まりと伝わる[10]鎌倉室町時代を描く日本で最初の読本「英草紙(はなぶさぞうし」の第1話では、長姉都産が大和国の広瀬十郎と恋に落ちるストーリーが描かれている。

戦国時代に、揖斐川の広瀬一族の広瀬泰好(上記の広瀬兵庫助の祖父・広瀬康利の弟)が美濃国別府城へ移り、先祖代々続く広瀬十郎兵衛家の跡取りとなったとされる。この為、上記の揖斐川の広瀬兵庫助康親家とは親類関係にあったと考えられる。泰好の子孫に、広瀬十郎兵衛正好がおり、別府城城主であった広瀬隼人や広瀬信正の後を継いだと伝わり、のちに同じ領地内にある只越城へ移ったとされる。広瀬十郎兵衛正好は、現在の富士宮市にある富士山本宮浅間大社に祀られている木花之開耶姫を分霊し、別府城跡及び只越城跡(現在の岐阜県本巣郡只越)に神社を1534年に建立し、その神社を富士神社と名付けた[11]。広瀬十郎兵衛正好はこの地域の守護神としてこの神社に祀られている。

広瀬十郎兵衛正好は、関ヶ原の戦いでは豊臣西軍に味方し、上記の広瀬兵庫助康親と同期であったとされる。関ヶ原の戦いで敗れた後、美濃国本巣郡の広瀬氏の領地は徳川家康の支配下となったうえで広瀬氏は存続していくこととなった[10]

広瀬十郎兵衛家には、恒例行事として地元の元伊勢とされる生津元内宮・元外宮や、三重県伊勢神宮に一族で参詣するなど、一族の中で神道を思想基盤としたしきたりがあったと伝わる。その一環として、本家から分家する際には一族全体の話し合いと取り決めを必要とし、その上で分家させるかどうかを決めていた[10]。広瀬十郎兵衛家は、本家と7系列の分家があるとされ、最後(7つ目)の分家は嘉永3年(1851年)の亀吉(十郎兵衛の弟)の時であるとされる[10]。この時、亀吉はまだ年少であったとされ、取り決めをしたとされるのが生津に住まわれた祖父の広瀬茂兵衛と親類の広瀬治三郎であり、亀吉が20歳になるまで本家で面倒を見る、という内容になっている[10]。なぜ年少の時に亀吉が広瀬十郎兵衛家から分家することとなったのかは定かではない。

現代の広瀬十郎兵衛家については、1891年の濃尾大震災で本巣郡において多大な被害を受けた歴史を持ち、1900年前後に一族及び親類の中に他の地へ移住する動きもあった。明治時代の広瀬十郎兵衛家当主を義重といい、親類と共に愛知県名古屋市西区中村区へ移り住んだとされる。広瀬兵庫助康親家の末裔と同じく、安土桃山時代に豊臣秀吉の命を受け、秀吉の家紋である「五三桐」を伝承している子孫がいると伝えられる。














広瀬左将監利治家(岐阜・飛騨高山)[編集]

広瀬氏
(飛騨高山広瀬氏)
家紋
五つ木瓜(諸説あり)
本姓 宇多源氏成頼流佐々木氏族(清和源氏義光流武田氏族・ 藤原利仁流とも)
家祖 広瀬左近将監利治
種別 地方豪族
出身地 飛騨国
美濃国
主な根拠地 飛騨国吉城郡
岐阜県
著名な人物 広瀬之宗
広瀬宗勝
広瀬常登入道
広瀬美作入道徳静
広瀬左近将監利治
広瀬山城守宗域
広瀬兵庫頭宗直
広瀬助之進
凡例 / Category:日本の氏族

広瀬(廣瀬)左将監利治は、いくつかの諸説があり、清和源氏の末裔とされる揖斐川の広瀬家の流れとも言われている[12]一方、藤原利仁の末裔の流れであるとも言われている。家紋は五つ木瓜とされるが諸説あり。

1200年代後半に飛騨国吉城郡広瀬郷(現在の岐阜県高山市国府町)を中心に勢力をあげていた武将と伝えられている。南朝方についていたとされ、それを理由に1379年に源(足利)義満は、利治の祖先である広瀬之宗から飛騨国広瀬郷の領地を没収されることとなった。その後は、1389年から1390年に起きた美濃の乱(土岐康行の乱)で、広瀬宗勝が佐々木(京極)高秀に味方し、軍功をあげたことにより再び飛騨国広瀬郷は広瀬氏のものとなった。

その後、広瀬左将監利治が高崎城を築城し、さらに飛騨国広瀬城に移ったとされる。川中島の戦いの際には、広瀬山城守宗域は武田信玄に味方したと言われている。飛騨国広瀬城を本拠地とし、上記のそれぞれの広瀬氏とも接点があったと考えられる。






















出典[編集]

  1. ^ https://blogs.yahoo.co.jp/pvhu3515
  2. ^ http://pvhu3515.hatenablog.jp
  3. ^ http://pvhu-3515.cocolog-nifty.com
  4. ^ http://blog.goo.ne.jp/pvhu3515
  5. ^ http://ameblo.jp/pvhu3515/
  6. ^ a b 彦根藩史料叢書 侍中由緒帳 巻3
  7. ^ 彦根藩史料叢書 侍中由緒帳 巻14
  8. ^ 彦根藩史料叢書 侍中由緒帳 巻7
  9. ^ 披沙揀金 : 徳川家康公逸話集
  10. ^ a b c d e f 穂積町史 史料編 巻1
  11. ^ http://www.city.mizuho.lg.jp/secure/2423/kouhou201309.pdf
  12. ^ http://blog.goo.ne.jp/pvhu3515/e/da501936ebda3faaa8335ed61d6e9b22