安平鹿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安平 鹿一(やすひら しかいち、1902年1月3日1967年1月17日) は、日本政治家日本社会党衆議院議員(6期)。

経歴[編集]

愛媛県出身。上京し、日本無産党に入り、活動する。その傍ら荏原町議、東京市議、東京府議を歴任する。人民戦線事件で検挙され[1]、戦後、日本社会党の結成に加わり、中央執行委員となる。1946年第21回衆議院議員総選挙で郷里の愛媛県から立候補して当選する。衆議院議員は6期務め、衆議院労働委員長を歴任した。1963年に政界を引退。引退後は持病の治療にあたっていたが、1967年1月、自宅で死亡している姿で発見された。検死の結果、死因は自殺と判明した。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞』1944年9月26日二面

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ2003年(平成15年)。