青木精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木精一

青木 精一(あおき せいいち、1883年明治16年)4月19日[1] - 1945年昭和20年)4月14日)は、日本の衆議院議員立憲政友会昭和会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

群馬県勢多郡新里村(現在の桐生市)出身。正教神学校を卒業。日露戦争に召集され従軍。日本電報通信社記者となり、シベリア出兵の際には浦塩派遣軍司令部附従軍記者を務めた。その他、大阪新報社東京支局長、中央新聞社政治部長を歴任した。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し当選。以後、当選回数は7回を数えた。その間、岡田内閣逓信政務次官を務めた。

1945年(昭和20年)4月14日、空襲により淀橋区で死去[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]