横井時雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横井 時雄
Pastor Tokio Yokoi.jpg
牧師時代の横井時雄
生誕 (1857-12-02) 1857年12月2日
肥後国(現・熊本県
死没 (1927-09-13) 1927年9月13日(69歳没)
大分県別府市
職業 牧師教育者政治家
配偶者 山本みね(山本覚馬次女)

横井 時雄(よこい ときお、安政4年10月17日1857年12月3日) - 昭和2年(1927年9月13日)は、日本の牧師ジャーナリスト編集者、元逓信官僚、元衆議院議員同志社第3代社長(現・総長)。一時期、伊勢時雄を名のる。父は幕末期に活躍した儒学者の横井小楠

来歴[編集]

1883年の第三回全国基督信徒大親睦会、横井は前から3列目の右から3人目、左隣が宮川、最前列右端が海老名

安政4年(1857年)、熊本藩士・儒学者横井小楠の長男として肥後国上益城郡沼山津(現在の熊本市東区)に生まれる。小楠の横死後、世をはばかって一時伊勢姓を名乗る[1]熊本洋学校に学び、明治9年(1876年)には熊本バンドの結成に参加。同年に上京して開成学校同人社で学び、宣教師カックランから受洗[2]。翌年に同志社英学校に転入。

明治12年(1879年)に同志社を卒業ののち伝道者として愛媛県今治市に赴任、新島襄により按手礼を受けた。明治16年(1883年)には上京して、宮川経輝海老名弾正ら熊本バンドのメンバーと共に、第三回全国基督教信徒大親睦会の幹部として活動する。同年には松山高吉中村栄助とともに同志社社員(理事)となる[3]

明治19年(1886年)、今治教会牧師を辞任。同志社の教師を経たのちに、明治20年(1887年)、再上京し、帰郷した義弟・海老名弾正に代わり、本郷教会の牧師をつとめる傍ら、『基督教新聞』、『六合雑誌』の編集にも携わったほか、内村鑑三を支援した。また、この頃から自由主義神学思想に傾倒していき、明治27年(1894年)にはその思想を鮮明に打ち出した『我邦の基督教問題』を著した。同年から明治29年(1896年)までイェール大学神学校に留学[4]

明治30年(1897年)、丁酉懇話会の設立に加わり、同年に同志社の第3代社長に就任。しかし、「同志社綱領」改訂問題に起因する学内混乱の責任を負い、わずか1年半で社長を辞職した。その後官界に転身し、逓信省官房長をつとめた。明治36年(1903年)、岡山選挙区より立憲政友会公認で衆議院議員選挙に立候補し、当選を果たした。明治42年(1909年)、日本製糖汚職事件で拘禁され、同年5月6日に衆議院議員を辞職[5]。同年8月10日に東京控訴院第一部で、重禁固5ヶ月、追徴金2,500円の有罪判決が言い渡された[6]

雑誌『時代思潮』を発行したほか『東京日日新聞』の主幹もつとめた。

大正8年(1919年)、パリ講和会議に出席。

昭和2年(1927年)、大分県別府市にて死去。

親族[編集]

  • 父は横井小楠
  • 母は小楠の門下生だった矢嶋源助の妹・津世子。津世子の姉妹に徳富久子竹崎順子矢嶋楫子がおり、金森通倫徳富蘇峰徳冨蘆花は親戚。
  • 妹・みや海老名弾正の妻である。
  • 最初の妻・みね(1862-1882)は山本覚馬の次女で、1児をもうけたが20歳で死去。子供は山本覚馬が引き取り養子とした。
  • 後妻は柳瀬義富の五女・豊(トヨ、1869年生)。柳瀬家は愛媛県今治市で木綿商を代々営む旧家で、義富は家業の織物会社「興業舎」(今治タオル草創期の代表企業)の社長を務めた[7]。義富には一男六女があったが、男子は夭折し、豊の妹ヒロ(広子)がタキヒョー滝兵右衛門の三男を婿に迎えて柳瀬家を継いだ[8]
  • 後妻トヨとの長男・横井直興(1891年生)は東京帝国大学法科大学政治科を卒業後文官高等試験に合格し、新潟県北魚沼郡長、新潟県理事官、岡山県理事官ののち1923年に欧米視察、帰国後、地方事務官、愛知県書記官・学務部長、和歌山県書記官・警察部長、大分県書記官・警察部長、千葉県書記官、警察部長などを務めた[9]。義兄(妻の姉の夫)に船田一雄[10]大阪教育大学の横井和子名誉教授は直興の長女[11]
  • 同じく四男の柳瀨存(1894年生)は、生後すぐ母の妹ヒロの養子となり、家業の興業舍社長、今治商業銀行監査役などを務めた[12]。妻の芳子は山口銀行 (大阪)常務・坂野兼通の長女で、芳子の弟にファミリア創業者・坂野惇子レナウン創業者佐々木八十八の娘)の夫・坂野通夫がいる。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』 1463頁
  2. ^ 『同志社山脈』 10-11頁
  3. ^ 同志社々史々料編纂所 『同志社九十年小史』 学校法人同志社、1965年、40頁
  4. ^ 『日本キリスト教歴史大事典』 1463頁
  5. ^ 『官報』第7757号、明治42年5月7日。
  6. ^ 雨宮昭一「日糖事件 - 汚職事件と検察権の拡大」『日本政治裁判史録 明治・後』第一法規出版、1969年、512頁。
  7. ^ 今治綿織物業者「興業舎」の明治から昭和の社業変遷の一面藤本雅之、愛媛県総合科学博物館研究報告,11,35-46,(2006)
  8. ^ 『柳瀬義之遺稿集』柳瀬義之·石橋為之助、1921、「故柳瀬義之君略歴」の項
  9. ^ 横井直興『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  10. ^ 船田一雄『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  11. ^ 「横井和子さんのピアノ演奏会・・」・・横井小楠記念事業実行委員会くまもと経済、2004年10月7日
  12. ^ 柳瀨存『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
中村栄助(臨時社長)
同志社社長
1897年 - 1899年
次代:
下村孝太郎(臨時名誉社長)