天授庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天授庵
天授庵.JPG
東庭
所在地 京都府京都市左京区南禅寺福地町86-8
位置 北緯35度0分38.3秒 東経135度47分32.1秒 / 北緯35.010639度 東経135.792250度 / 35.010639; 135.792250座標: 北緯35度0分38.3秒 東経135度47分32.1秒 / 北緯35.010639度 東経135.792250度 / 35.010639; 135.792250
宗派 臨済宗南禅寺派
寺格 南禅寺塔頭
創建年 暦応2年(1339年)
開基 虎関師錬
中興年 慶長7年(1602年)
中興 細川幽斎
文化財 絹本着色無関普門像・紙本墨画淡彩聖一国師像・方丈障壁画32面ほか(国の重要文化財)
テンプレートを表示

天授庵(てんじゅあん)は、京都市左京区にある臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺塔頭

歴史[編集]

南禅寺開山の無関普門は正応4年12月12日(1292年1月3日)に東福寺龍吟庵で示寂した。南禅寺山内に開山の塔所がないことを遺憾に思った虎関師錬は、暦応2年(1339年) に光厳上皇から塔所建立の勅許を得、翌年天授庵が建立された。戦国時代には衰退したが、慶長7年(1602年)に武将で歌人としても知られる細川幽斎により再興された[1]

建造物[編集]

方丈

細川幽斎により再興された柿皮葺屋根の建物で、内部は長谷川等伯筆の障壁画で飾られている。

  • 障壁画(長谷川等伯筆、重要文化財
    • 禅宗祖師図 - 禅の悟りの境地を表現した禅機図を等伯晩年の簡略化された筆遣いで描いたもので、等伯独特の人物表現が見られる[2]
    • 商山四皓図(しょうざんしこうず)- 中国秦末の国難を避けて商山の山中に隠棲した4人の高士が従者を伴い、ロバに乗る姿を描いたもので、大徳寺真珠庵にも同じ画題の障壁画を描いている[2]

庭園[編集]

東庭 南庭
東庭
南庭
方丈前庭(東庭)
白砂の庭を苔に縁取られた菱形の畳石が横切る枯山水庭園で、切石を組み合わせた直線的な構成は小堀遠州の発案である。
書院南庭
杉や楓が鬱蒼と茂る池泉回遊式庭園で、明治時代に改修されているが南北朝時代の面影を残す。

文化財[編集]

『絹本着色細川幽斎像』

重要文化財[編集]

  • 絹本着色無関普門像 - 南禅寺の開山・無関普門自賛の頂相で、無関の生前に描かれたものとしては現存する唯一の寿像である[3]
  • 紙本墨画淡彩聖一国師(円爾)像 - 無関普門の師である円爾自賛の像で、円爾自賛像としては最初期のものである[4]
  • 絹本着色平田慈均像2幅 - 東福寺道山玄晟(どうざんげんじょう、無関普門の法嗣)の法嗣である平田慈均(へいでんじきん)の頂相で、平田最晩年期の姿が細やかな筆遣いで表されている。
  • 絹本着色細川幽斎像・幽斎夫人像 - 武将であり茶人としても知られた細川幽斎とその夫人の像で、幽斎像には徳川家康の側近として幕政にも参加し「黒衣の宰相」と呼ばれた崇伝が入っている[5]
  • 方丈障壁画32面
    • 紙本墨画禅機図 16面(室中)
    • 紙本墨画画商山四皓図 8面(上間)
    • 紙本墨画松鶴図 8面(下間)
  • 九条袈裟〈田相黄山道文綾/条葉紺繻子地諸尊花鳥文刺繍〉 - 無関普門所用と伝わる九条袈裟で、宋での滞在中にその師から贈られたものである[6]

その他の文化財[編集]

  • 天馬賦(てんばのふ) - 江戸中期の画家・書家池大雅の書で、米芾の「天馬賦」を写したものである[7]

アクセス[編集]

京都市営地下鉄東西線蹴上駅下車 徒歩

脚注[編集]

  1. ^ 『京都の禅寺散歩』、p.82; 『京の茶室 東山編』、pp.36 - 37
  2. ^ a b 『南禅寺』(展覧会図録)p.283
  3. ^ 『南禅寺』(展覧会図録)p.238
  4. ^ 『南禅寺』(展覧会図録)p.240
  5. ^ 『南禅寺』(展覧会図録)p.278
  6. ^ 京都府指定・登録文化財年度別一覧(平成21年3月24日告示 詳細1)(京都府文化財保護課サイト)(重要文化財指定につきリンク切れ)
  7. ^ 『南禅寺』(展覧会図録)p.282

参考文献[編集]

  • 竹貫元勝『京都の禅寺散歩』、雄山閣、1994
  • 岡田孝男『京の茶室 東山編』、学芸出版社、1989
  • 東京国立博物館・京都国立博物館・朝日新聞社編『亀山法皇七〇〇年御忌記念 南禅寺』(展覧会図録)、2004

関連項目[編集]