市原盛宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市原盛宏

市原 盛宏(いちはら もりひろ、安政5年4月5日1858年5月17日) - 大正4年(1915年10月4日)は日本銀行家、政治家

肥後国(現:熊本県)生まれ。1879年同志社英学校を卒業後、同志社で教鞭をとる。また市原は新島襄を校内で補佐し、新島の二度の欧米旅行中、校内で社長代理を務めた。学生の指導に関しては新島と市原は好対照で、市原はあくまでも高圧的で、「学生は教師にはだまって服従すべきもの。批判はけしからぬ」と市原が言い放って学生に怒りを買っていた。こうした高姿勢に対して反発を強めたのが、徳富蘇峰である。学生のストが生じるが、新島襄の自責の杖事件でひとまず収拾を見た。

のちに東華学校で教鞭をとる。留学を経て、同志社に復帰した。この間、小崎弘道の社長代理を務めた。1895年、日本銀行に入行。第一銀行横浜支店長、横浜市長を歴任した後、朝鮮銀行初代総裁に就任[1]。現職のまま、京城で死去。葬儀キリスト教式によって行われた[2]

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市原盛宏とは - コトバンク
  2. ^ 田中良一「蔵原惟郭と市原盛宏-その人となりと業績」、同志社大学人文科学研究所編『熊本バンド研究―日本プロテスタンティズムの一源流と展開』所収、みすず書房、1965年