石河京市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石河 京市(いしかわ きょういち、1898年明治31年)3月16日[1] - 1970年昭和45年)11月29日[1])は、日本の社会運動家、政治家横浜市長

経歴[編集]

岐阜県稲葉郡加納町[1](現岐阜市)で、石河市太郎の四男として生まれる[2]

1928年、神奈川県会議員に選出され、同副議長、横浜市会議員を務めた[1][2]。また、横浜市無産派共同委員会委員、同委員長、全国大衆党神奈川県連合委員、同県連委員長等を歴任し、労働運動を推進した[1]

戦後、1945年日本社会党の結党に加わり[1]1947年の横浜市長選に革新統一候補として出馬して当選し、同年4月9日、横浜市長に就任した[1][2]。戦後の復興に尽力して、市長を一期務めて1951年4月4日に退任した[2]

その後、横浜市信用金庫理事長[1]、日本プレス梱包取締役[2]などを務めるかたわら、原水爆反対運動などを推進した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『市民・社会運動人名事典』30頁。
  2. ^ a b c d e 『日本の歴代市長』第1巻、1042頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。