青木周三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木周三

青木 周三(あおき しゅうぞう、1875年明治8年)8月26日 - 1946年昭和21年)12月1日)は、日本鉄道官僚貴族院勅選議員横浜市長

経歴[編集]

山口県大島郡久賀町(現在の周防大島町)出身。1898年第二高等学校卒業。1902年東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業後、鉄道書記となり、1904年高等文官試験に合格した[1]。その後、鉄道事務官、鉄道庁参事、鉄道院参事、鉄道院理事を歴任した。

1919年筑豊鉄道専務取締役[2]1921年横浜市電気局長に就任し、1923年には助役として関東大震災の対応に尽力した。1924年鉄道省経理局長に転じ、さらに鉄道次官に昇任し、1926年まで務めた。

退任後は貴族院議員に勅選され、1929年には鉄道次官に再任された。1935年、横浜市長に選出され、1941年まで在任した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『神奈川県名鑑』p.421
  2. ^ 『全国市長銘鑑』p.96
  3. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  4. ^ 『官報』第1284号「叙任及辞令」1931年4月14日。

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙) 昭和20年12月増訂』 貴族院事務局、1945年
  • 『神奈川県名鑑』 横浜貿易新報社、1935年
  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』 帝国自治協会、1938年


公職
先代:
早速整爾
日本の旗 鉄道次官
1924 - 1926
次代:
八田嘉明
先代:
八田嘉明
日本の旗 鉄道次官
1929 - 1931
次代:
久保田敬一