細郷道一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細郷 道一
さいごう みちかず
生年月日 1915年11月25日
出生地 神奈川県横浜市
没年月日 (1990-02-15) 1990年2月15日(74歳没)
死没地 東京都文京区
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 国家公務員内務省自治省
自治省官僚・事務次官
所属政党 無所属

Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 第22-24代 横浜市長
当選回数 3回
在任期間 1978年4月17日 - 1990年2月15日
テンプレートを表示

細郷 道一(さいごう みちかず、1915年11月25日 - 1990年2月15日)は、日本政治家内務官僚神奈川県横浜市長(3期)、自治事務次官を歴任した。

概要[編集]

横浜市出身。東京府立一中一高東京帝国大学法学部卒業後、1942年旧内務省に入省。第二次世界大戦敗戦後は自治省に勤務し、1969年自治事務次官横浜駅東口開発公社理事長、公営企業金融公庫総裁を務める。

1978年飛鳥田一雄市長の辞任に伴う横浜市長選挙に公明党民社党新自由クラブ自民党社民連社会党推薦で出馬し、初当選を果たした。横浜市長就任後は飛鳥田前市長が計画した横浜みなとみらい21事業をはじめ、港北ニュータウン横浜市営地下鉄、金沢地区埋め立て事業、横浜ベイブリッジの建設等、いわゆる「横浜市六大事業」の完成に尽力した。飛鳥田が社会党出身の革新市長の代表格であったのに対し、元高級官僚である保守系市長の細郷はみなとみらい21の土地区画整理事業住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)による実施やみなとみらい21への高木文雄の参画等、政府から予算や人脈を誘引し、事業の実施・完成に向けた環境の整備で実績を上げた。1982年再選、1986年3選。1989年11月右足付け根のリンパ節にはれが見つかり東大病院に入院、治療が長引く見通しとなったことから1990年の市長選に出馬しない意向を表明した。同年2月15日、心不全のため74歳で死去。

公職
先代:
飛鳥田一雄
Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市長
第22-24代:1978 - 1990
次代:
高秀秀信