高見之通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高見之通

高見 之通[1](たかみ ゆきみち[2]1880年明治13年)3月27日[3] - 1962年昭和37年)10月30日[2][4])は、日本の政治家弁護士[5][6][7]衆議院議員(当選7回)[2][6]。族籍は富山県士族[8][9]

経歴[編集]

富山県富山市生まれ[1][6]富山県士族・高見之貫の長男[9][10]1908年東京帝国大学法科大学英法科を卒業[7][8]。弁護士の業務に従事する[2]。富山県東岩瀬町長、富山県売薬同業組合長を務め[4]1917年第13回衆議院議員総選挙で初当選した。通算7回当選した[4]立憲政友会総務、政友本党党務委員長を歴任し、戦後は公職追放を経て[11]自由民主党富山県支部最高顧問となった[2]。1962年10月30日、死去[2]

人物[編集]

本職は弁護士であるが、副業であるかのような観があり、実際大事件でなければ扱わなかった[5]

日支親善の念が厚く1918年支那朝鮮に遊び、1921年には米国を一週して排日和緩に努めた[5]

松島遊廓移転問題で詐欺罪起訴されるが、無罪となる(松島遊廓疑獄[12]

1911年家督を相続する[9][10]。趣味は修行三昧[9][10]。宗教は真宗本派[9][10]。住所は富山市千石町[8]、東京市小石川区西江戸川町[5][9](現・東京都文京区水道)。

家族・親族[編集]

高見家

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『新代議士名鑑』204頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度七十年史 第11』296頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年8月19日閲覧。
  3. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年、24頁。
  4. ^ a b c 高見 之通とはコトバンク。2020年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 『東京弁護士名家録 第1巻』43 - 45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2022年6月20日閲覧。
  6. ^ a b c 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』183頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 『帝国大学出身名鑑』タ75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月11日閲覧。
  8. ^ a b c 『人事興信録 第7版』た139頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月11日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第13版 下』タ161 - 162頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 下』タ178頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2022年6月21日閲覧。
  11. ^ 公職追放の該当事項は「東亜建設協会理事長」。(総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、636頁。NDLJP:1276156 
  12. ^ 『明治大正実話全集 第1巻』479 - 503頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年8月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 佐藤幸平『東京弁護士名家録 第1巻』日本法曹要覧発行所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 『明治大正実話全集 第1巻』平凡社、1930年。
  • 校外調査会編『帝国大学出身名鑑』校外調査会、1932年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。
  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。