武石敬治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武石敬治

武石 敬治(たけいし けいじ、安政5年6月13日[1]1858年7月23日) - 明治37年(1904年10月13日[2])は、衆議院議員自由党立憲革新党進歩党憲政党立憲政友会)。

経歴[編集]

出羽国雄勝郡山田村(現在の秋田県湯沢市)出身。里正を務め、1881年(明治14年)には秋田改進党を結成し、自由民権運動を推進した[1]1883年(明治16年)に秋田県会議員に当選。後に副議長に就任した。1889年(明治22年)に大同団結運動がおきると、たびたび東京・大阪を往来して実現に尽力した[1]

1890年(明治23年)、第1回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。合計当選回数は7回を数えた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『衆議院議員列伝』P.253
  2. ^ 『政治家人名事典』

参考文献[編集]

  • 山崎謙編『衆議院議員列伝』衆議院議員列伝発行所、1901年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。