今井雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
今井 雅人
いまい まさと
生年月日 (1962-02-21) 1962年2月21日(56歳)
出生地 日本の旗 岐阜県下呂市
出身校 上智大学文学部卒業
前職 三和銀行従業員
UFJ銀行従業員
金融会社経営
所属政党民主党原口グループ)→)
無所属→)
日本維新の会→)
維新の党→)
民進党松野G)→)
希望の党→)
国民民主党
称号 文学士
ファイナンシャルプランナー
配偶者 高木恵子岐阜放送元アナウンサー)
公式サイト 今井雅人公式サイト「今井雅人が行く!」

選挙区 比例東海ブロック岐阜4区
当選回数 4回
在任期間 2009年8月31日 - 現職
テンプレートを表示

今井 雅人(いまい まさと、1962年2月21日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(4期)。

維新の党幹事長政務調査会長、民進党岐阜県連代表などを歴任し、岐阜放送アナウンサー高木恵子を妻に持つ。

来歴[編集]

岐阜県下呂市で生まれ、下呂市立下呂中学校東海高等学校を卒業し、1年間の浪人生活を経て上智大学文学部英文学科に入学する。

1985年に大学を卒業し、三和銀行に入社した。1989年から5年間、アメリカ合衆国シカゴに赴任する。帰国後は2004年3月までUFJ銀行の為替部門に勤務した。4月に独立してマットキャピタルマネジメントを設立し、慶應義塾大学グローバルセキュリティーセンターや早稲田大学大学院公共経営研究科の研究員を務める。2006年9月に金融情報配信会社「グローバルインフォ株式会社」を設立[1]する。

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に、民主党公認で岐阜4区から立候補する。選挙区自由民主党公認で国土交通大臣金子一義に敗れたが、重複立候補した比例東海ブロックで復活して初当選した。

2012年9月20日に元内閣官房副長官松野頼久らが開いた勉強会へ出席し、大阪市長橋下徹が代表を務める日本維新の会への合流に前向きな意向を示した[2]。2012年9月25日に民主党へ離党届を提出したが[3][4][5]、10月5日に民主党は受理せずに除名処分を下した[6][7]

2012年10月に日本維新の会へ入党して、次期衆議院議員総選挙は岐阜4区ではなく愛知4区へ国替えする意向を一旦は表明したが、11月17日に岐阜4区から出馬する意向を改めて表明[8]する。12月の第46回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認で岐阜4区から立候補して選挙区で金子一義に再び敗れたが、重複立候補した比例東海ブロックで復活して当選する。

2014年の維新の会分党に際して橋下徹共同代表を中心とするグループへの参加を選択し、7月中に新たな体制が発足した日本維新の会で国会議員団政調副会長を務める。

2014年9月に同党が結いの党と合流して維新の党が発足すると、党政調会長代理と国会議員団政調会長代理を務める。12月の第47回衆議院議員総選挙に維新の党公認で岐阜4区から立候補して選挙区で金子一義に三度敗れたが、重複立候補した比例東海ブロックで復活して当選する。

2015年9月8日に維新の党の分裂の原因を作り解任された柿沢未途の後任として、幹事長[9]を務める。2015年10月24日に橋下側は松野頼久を党代表とする執行部の任期は9月までであったと指摘し、独自に党大会を開催する。馬場伸幸衆議院議員を党代表とする新執行部がその場で選出され、幹事長に大阪府議今井豊が選出された。維新の党は執行部を名乗る勢力が2分[10]されて党幹事長は係争状態となった。

2016年3月の民進党結党に伴い、9月まで幹事長代理[11]を務める。2016年の民進党代表選挙玉木雄一郎の推薦人に名を連ねるが[12]玉木の得票は最下位で蓮舫が当選し、蓮舫代表のもとで民進党次の内閣ネクスト内閣府特命大臣行政改革行政刷新[13]を務める。

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙岐阜県選挙区(改選数1)に立候補した民進党所属の現職議員が落選し、県内でただ1人の非自民系国会議員となる。

2017年2月に民進党の森友学園調査チームが発足すると座長として、2017年5月に加計学園問題の疑惑解明チームの座長として、それぞれ政府を糾弾した。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に希望の党公認で立候補して金子の長男の金子俊平に選挙区で四度敗れたが、重複立候補した比例東海ブロックで復活して当選[14]する。11月の希望の党共同代表選挙で玉木雄一郎を支持し[15]、当選した玉木の下で国会対策委員長代理[16]を務める。

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結成された国民民主党に参加[17]。民進党岐阜県連を引き継いだ国民民主党岐阜県連の代表に就任[18]。 5月8日、国民民主党の国会対策委員長代理に就任した[19]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

不祥事[編集]

ラジオ番組[編集]

  • マット今井のマネー勝利宣言(2008年4月15日 - 2009年7月21日、ラジオNIKKEI
  • マット今井のズバッとケーザイ!(2009年10月14日 - 2011年6月29日、ラジオNIKKEI)

著書[編集]

  • 外国為替トレード 勝利の方程式(2005年5月)
  • 外貨投資をやさしく教えてくれる本(2005年7月)
  • 真剣に資産を増やしたい人のためのFX必勝方程式(2010年4月、共著)
  • 夏までは小康?〜為替の中期動向を読む(2009年、アートデイズ

脚注[編集]

  1. ^ グローバルインフォ株式会社 - 会社概要
  2. ^ “民主・今井議員と自民・谷畑議員が維新合流へ”. 読売新聞. (2012年9月20日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120920-OYT1T00538.htm 2012年9月23日閲覧。 
  3. ^ “今井氏と谷畑氏が離党届提出 維新に合流へ”. 朝日新聞. (2012年9月25日). オリジナル2012年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120925040425/http://www.asahi.com/politics/update/0925/TKY201209250133.html 
  4. ^ “民主の今井・自民の谷畑氏が離党届…維新合流へ”. 読売新聞. (2012年9月25日). オリジナル2012年9月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120926193634/http://news.livedoor.com/topics/detail/6983273/ 
  5. ^ “日本維新、東京事務所を開設 今井、谷畑両氏合流へ離党届提出”. 産経新聞. (2012年9月25日). オリジナル2012年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120925113248/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120925/stt12092519240009-n1.htm 
  6. ^ “民主、維新参加の4人除名「明白な反党行為だ」”. 産経新聞. (2012年10月5日). オリジナル2012年10月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121006023403/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121005/stt12100514570011-n1.htm 
  7. ^ “民主が川口氏を除名 維新に参加の松野氏らも”. 朝日新聞. (2012年10月5日). オリジナル2012年11月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121113235009/http://www.asahi.com/politics/update/1005/TKY201210050283.html 
  8. ^ 第三極、岐阜でも動く 維新・今井氏急転「出戻り」岐阜新聞Web 2012年11月18日
  9. ^ “維新が柿沢幹事長を解任、後任に今井氏 馬場・片山氏も更迭”. 日本経済新聞. (2015年9月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H61_Y5A900C1PP8000/ 2015年9月8日閲覧。 
  10. ^ “「維新の党」解党決議 松野氏は無効主張 臨時党大会”. 産経新聞. (2015年10月24日). http://www.sankei.com/west/news/151024/wst1510240066-n1.html 2015年10月25日閲覧。 
  11. ^ “民進党が役員決定 副代表に小野次郎氏ら”. 日本経済新聞. (2016年3月31日). http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS30H3J_Q6A330C1PP8000/ 2016年10月3日閲覧。 
  12. ^ “玉木雄一郎国対副委員長の推薦人名簿”. 産経新聞. (2016年9月2日). http://www.sankei.com/politics/news/160902/plt1609020024-n1.html 2016年10月3日閲覧。 
  13. ^ [1] 民進党 蓮舫「次の内閣」]民進党党基本情報 2016年9月26日
  14. ^ “希望に厳しい現実 今井さん、比例復活も悔しさ”. 中日新聞. (2017年10月23日). http://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2017/gif/CK2017102302000242.html 2017年10月23日閲覧。 
  15. ^ “希望の党共同代表選 玉木雄一郎、泉健太両氏は一本化決裂か 大串博志氏も出馬に意欲”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020044-n1.html 2017年11月17日閲覧。 
  16. ^ “【野党ウオッチ】気になる「第2民進」→「失望の党」?希望の党・玉木体制発足、執行部人事を読み解く”. 産経新聞. (2017年11月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/13918904/ 
  17. ^ “国民民主党が結党、62人参加 幹事長に古川元久氏”. 朝日新聞. (2018年5月7日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASL574QJXL57UTFK00P.html 2018年5月10日閲覧。 
  18. ^ “国民民主 県連を設立へ 代表は今井氏の見通し”. 毎日新聞. (2018年5月9日). http://mainichi.jp/articles/20180509/ddl/k21/010/280000c 2018年5月11日閲覧。 
  19. ^ “役員人事を了承 両院議員総会”. 国民民主党. (2018年5月8日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/08/役員人事を了承%e3%80%80両院議員総会/ 2018年5月23日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  21. ^ 毎日新聞 2012年衆院選アンケート
  22. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会
  23. ^ 賭博と娯楽、線引きどこで 現金は違法、チョコはOK?、朝日新聞、2017年2月20日
  24. ^ “押し引き”が勝負の極意」 ―今井雅人氏 前編 FOREX PRESS為替コラム
  25. ^ プロフィール - 今井雅人公式サイト「今井雅人が行く!」
  26. ^ 読売新聞 2009/09/18

外部リンク[編集]


党職
先代:
設置
希望の党国会対策委員長代理
2017年 - 2018年
次代:
国民民主党
先代:
柿沢未途
維新の党幹事長
今井豊と係争状態
第3代:2015年 - 2016年
次代:
民進党
先代:
柿沢未途
維新の党政務調査会長
第2代:2015年
次代:
井坂信彦