第1次大隈内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第1次大隈内閣
Premier Shigenobu Okuma.jpg
内閣総理大臣 第8代 大隈重信
成立年月日 1898年明治31年)6月30日
終了年月日 1898年(明治31年)11月8日
与党・支持基盤 憲政党
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次大隈内閣(だいいちじ おおくまないかく)は、伯爵大隈重信が第8代内閣総理大臣に任命され、1898年明治31年)6月30日から1898年(明治31年)11月8日まで続いた日本の内閣である。

与党となった憲政党のうち、旧進歩党系の大隈を首相に、旧自由党系の板垣退助を特に内務大臣に迎えて組織したため、大隈の「隈」と板垣の「板」をとって隈板内閣(わいはんないかく)ともいう。日本史上初の政党内閣である[1]

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

1898年(明治31年)6月30日任命[2]。在職日数132日。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 8 大隈重信 Premier Shigenobu Okuma.jpg 憲政党
(旧進歩党系)
伯爵
外務大臣兼任
外務大臣 9 大隈重信 Premier Shigenobu Okuma.jpg 憲政党
(旧進歩党系)
伯爵
内閣総理大臣兼任
内務大臣 13 板垣退助 ITAGAKI Taisuke.jpg 憲政党
(旧自由党系)
伯爵
大蔵大臣 7 松田正久 Masahisa Matsuda cropped.jpg 衆議院[注釈 1]
憲政党
(旧自由党系)
初入閣
陸軍大臣 5 桂太郎 Tarō Katsura cropped.jpg 陸軍大将
子爵
留任
海軍大臣 4 西郷従道 Saigo Judo 1-1.jpg 貴族院
元帥海軍大将
陸軍中将
伯爵
留任
司法大臣 8 大東義徹 Ohigashi Gitetsu.jpg 衆議院[注釈 1]
憲政党
(旧進歩党系)
初入閣
文部大臣 12 尾崎行雄 Yukioozakicrop.jpg 衆議院
憲政党
(旧進歩党系)
初入閣
1898年10月27日免[3]
13 犬養毅 Tsuyoshi Inukai 2.jpg 衆議院
憲政党
(旧進歩党系)
初入閣
1898年10月27日任[3]
農商務大臣 15 大石正巳 Ōishi Masami.jpg 憲政党
(旧進歩党系)
初入閣
逓信大臣 8 林有造 Hayashi Yuzo.jpg 衆議院
憲政党
(旧自由党系)
初入閣
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

内閣書記官長・法制局長官[編集]

1898年(明治31年)7月7日任命[4]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣書記官長 9 武富時敏 Tomitoshi taketomi.jpg 衆議院
憲政党
(旧進歩党系)
法制局長官 6 梅謙次郎 Kenjiro Ume.JPG 松江藩 内閣恩給局長 事務引継
1898年7月27日[5]
7 神鞭知常 Kōmuchi Tomotsune.jpg 衆議院
憲政党
(旧進歩党系)
内閣恩給局長 1898年7月27日任[5]
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

出身党派 国務大臣 その他
ぐん軍部 2
けんせいとうしんぽ憲政党
(旧進歩党系)
4 内閣書記官長、法制局長官
国務大臣のべ5
けんせいとうじゆう憲政党
(旧自由党系)
3
- 9 国務大臣のべ10

内閣の動き[編集]

明治31年(1898年)6月24日、伊藤博文首相は大隈と板垣に政権を委ねるよう上奏するが、明治天皇は伊藤内閣が存続し、大隈と板垣が入閣するものと勘違いして裁可を行った[6]。この際明治天皇は、伊藤に「自由党のみ」を用いるわけにはいかないかと聞いており、大隈と進歩党系に不信感を持っていた[7]。6月27日に大隈と板垣二人に対して組閣の大命が降下した[8]。板垣が内務大臣の地位を望んだため、大隈が内閣総理大臣兼外相となり、6月30日に大隈内閣が発足した[9]

首班が議会(衆議院)に議席を持たない[10]という意味ではやや条件を欠くが、軍部大臣[注釈 2]以外を政党人によって固めたという点では、日本史上初の政党内閣であるといえる。

この首相奏推の元老会議は御前会議として行われ、お通夜のような雰囲気の中、明治天皇は「本当に大丈夫なのか」と何度も念を押したと語り草になっている[11]。明治天皇は過去の経緯もあって大隈個人に対して不信感を持っていた[7]

憲政党は旧進歩党系と旧自由党系の軋轢が強く、特に外相ポストについては板垣は伊東巳代治、自由党系が星亨を望んでいた[9]。しかし大隈は自ら兼務を続けたことに加え[9]、進歩党系が自由党系に比べて多数であるという内紛を抱えたままのスタートとなった[7]。また文部大臣尾崎行雄第2次松方内閣時代に勅任参事官でありながら進歩党の会議に出席したため懲戒免職処分となっており、大隈の保証によって天皇が懲戒を免除する裁可を行っている[12]

新聞紙上では松田正久蔵相・大東義徹法相は情実人事であると批判され[7]、また星は駐米公使を辞任して帰国し、倒閣に向けて動き出すこととなる[13]。また代議士が大臣だけでなく省庁の次官・局長の地位までも占めたために、行政は大混乱した[注釈 3]

星は尾崎文相の共和演説事件を執拗に批判し、10月13日に自由党系は進歩党系との断絶を決めている[14]。10月21日に板垣内相は尾崎の罷免を上奏し、また天皇も大隈に是非を問うこともなく、尾崎の辞職を求めた[15]。更に後継文部大臣を大隈が独断で進歩党系の犬養毅としたことで分裂は決定的となった[15]。10月29日、自由党系は憲政党解党を一方的に宣言し、自由党系のみで憲政党を再結党、板垣ら自由党系三閣僚も辞表を提出した[16]。大隈は進歩党系で閣僚を補充しようとしたが、大隈と板垣二名に対して大命を下していた天皇は許さず、10月31日に大隈らも辞表を提出、内閣は崩壊した[17]

外交[編集]

またアメリカのハワイ併合に対して、「これほど激烈で宣戦布告最後通牒に等しいような外交文書は見たことがない」とマッキンリー大統領に言わしめるような強硬姿勢を示して外交危機を招いた[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 就任後、1898年(明治31年)8月10日施行の第6回衆議院議員総選挙で当選。
  2. ^ 大日本帝国憲法上、政党員は軍部大臣に就任できないと解釈されている(伊藤之雄 & 2019上, p. 489)
  3. ^ 所謂「キャリア官僚」制度はこの反省により生まれた(倉山満 & 自民党の正体, p. 59)。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤之雄大隈重信(上)「巨人」が夢見たもの』中央公論新社、2019年。ISBN 978-4-12-102550-0
  • 倉山満『自民党の正体 こんなに愉快な派閥抗争史』PHP研究所、2019年。ISBN 978-4569826677

外部リンク[編集]