第2次山縣内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第2次山縣内閣
Aritomo Yamagata 5.jpg
内閣総理大臣 第9代 山縣有朋
成立年月日 1898年明治31年)11月8日
終了年月日 1900年(明治33年)10月19日
与党・支持基盤 藩閥内閣官僚内閣
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次山縣内閣(だいにじ やまがたないかく)は、貴族院議員、元老山縣有朋が第9代内閣総理大臣に任命され、1898年明治31年)11月8日から1900年(明治33年)10月19日まで続いた日本の内閣である。

内閣の顔ぶれ・人事[編集]

国務大臣[編集]

1898年(明治31年)11月8日任命[1]。在職日数711日(第1次、2次通算1,210日)。

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣総理大臣 9 山縣有朋 Aritomo Yamagata 5.jpg 長州藩
貴族院
無所属
元帥陸軍大将
侯爵
外務大臣 10 青木周蔵 Aoki Shuzo.jpg 旧長州藩
子爵
内務大臣 14 西郷従道 Saigo Judo 1-1.jpg 薩摩藩
元帥海軍大将
侯爵
大蔵大臣 8 松方正義 Masayoshi Matsukata suit.jpg 旧薩摩藩
伯爵
陸軍大臣 5 桂太郎 Tarō Katsura cropped.jpg 旧長州藩
陸軍大将
子爵
留任
海軍大臣 5 山本権兵衛 Yamamoto Gonnohyoe bust portrait.jpg 旧薩摩藩
海軍中将
海兵2期
司法大臣 9 清浦奎吾 Keigo Kiyoura 3x4.jpg 肥後藩
貴族院
無所属
研究会
文部大臣 14 樺山資紀 Sukenori Kabayama cropped.jpg 旧薩摩藩
海軍大将
伯爵
農商務大臣 16 曾禰荒助 Sone Arasuke 1-1.jpg 旧長州藩
貴族院[注釈 1][2]
無所属
逓信大臣 9 芳川顕正 Count Akimasa Yoshikawa.jpg 徳島藩
子爵
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

内閣書記官長・法制局長官[編集]

1898年(明治31年)11月8日任命[3]

職名 氏名 出身等 特命事項等 備考
内閣書記官長 10 安広伴一郎 Ban'ichirō Yasuhiro cropped.jpg 福岡藩
貴族院[注釈 1][2]
無所属
法制局長官 8 平田東助 Hirata Tosuke (cropped).jpg 米沢藩
貴族院
無所属
茶話会
内閣恩給局長兼任
  1. 辞令のある留任は個別の代として記載し、辞令のない留任は記載しない。
  2. 臨時代理は、大臣空位の場合のみ記載し、海外出張時等の一時不在代理は記載しない。
  3. 代数は、臨時兼任・臨時代理を数えず、兼任・兼務は数える。

勢力早見表[編集]

※ 内閣発足当初(前内閣の事務引継は除く)。

出身藩閥 国務大臣 その他
くげ公家 0
さつま薩摩藩 4
ちょうしゅう長州藩 4
とさ土佐藩 0
ひぜん肥前藩 0
ばくしん幕臣 0
その他の旧藩 2 内閣書記官長法制局長官
10

内閣の動き[編集]

憲政党分裂騒動によって前内閣が倒れると、1898年(明治31年)11月5日に山縣が大命降下を受けて、自派の藩閥官僚を中心とした組閣を行った。当初、地租増徴を実現させるために憲政党(自由派)と連携して地租増徴や日本興業銀行法を実現させた。

だが、その後、同党からの入閣の約束を一方的に反故にして、文官任用令改正を行い、続いて文官分限令文官懲戒令治安警察法の制定、軍部大臣現役武官制の導入などで、政党を政府から排して超然主義による国家運営を目指した。だが、これによって衆議院を敵に回した山縣の政権運営は次第に困難になり、義和団の乱後に憲政党が解党して伊藤博文らと立憲政友会を結成すると、政友会潰しを策して伊藤博文を後継に推して辞任した。

なお、この第2次山縣内閣は閣僚の交代がない連続在任期間として日本国歴代内閣で最長となる711日間を数えている[注釈 2]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1900年(明治33年)9月26日、貴族院勅選議員勅任。
  2. ^ 第2次安倍内閣600日 首相は別荘で静かに人事構想 産経新聞 2014年8月17日閲覧

出典[編集]

外部リンク[編集]