内閣総理大臣の辞令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内閣総理大臣の辞令(ないかくそうりだいじんのじれい)

辞令は縦書きで、発令年月日は和暦、数字は漢数字での記載となる。漢数字には壱・拾などの大字は用いられず、また、十の位は簡略化せずに記載される (例:「一七年」でなく「十七年」、「二一日」でなく「二十一日」)。

国会の指名奏上[編集]

国会は衆議院議員○○君を
内閣総理大臣に指名いたし
ました。
よってここに奏上いたしま
す。
平成○年○月○日
衆議院議長    (自署) 
衆議院事務総長  (自署) 

内閣総理大臣任命の助言と承認[編集]

日本国憲法第六条第一項に
依り○○を内閣総理大臣に
任命するについて
右謹んで裁可を仰ぎま
す。
平成○年○月○日
内閣総理大臣 氏 名

裁可を表すため、この書面に天皇はみずから「可」の文字の印章を押印する。

任命の辞令 (官記) (※「任命する」の後に「。」は付されない)[編集]

氏 名  (新内閣総理大臣) 
内閣総理大臣に任命する
御名御璽
平成○年○月○日
内閣総理大臣  (自署) (前内閣総理大臣) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]