田中はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか はな
田中 はな
生誕坂本 はな
1910年
日本の旗 日本 東京都
死没1995年
日本の旗 日本
出身校大妻高等女学校卒業
配偶者田中角栄
子供田中正法(長男)
田中眞紀子(長女)
坂本木平

田中 はな(たなか はな、1910年明治43年) - 1995年平成7年)[1])は、日本6465内閣総理大臣である田中角栄東京都出身。

経歴[編集]

1910年明治43年)に東京で生まれた。父の坂本木平は内務省出入りの土木会社の坂本組を営んでいた。母は可年。はなが14歳のときに中耳炎の手術を受け、それが原因で、晩年まで右耳が不自由であり、公の場に出ない理由であったと言われている[2]

大妻高等女学校を卒業後、23歳で桜井武と結婚。長女の静子をもうけたが、1935年昭和10年)に離婚。その後、1942年(昭和17年)に田中角栄と結婚。1943年(昭和18年)に長男の正法を出産するも、5歳で病没する。1944年(昭和19年)には長女の眞紀子を出産[2]。また、はなの連れ子であった静子は認知され、池田勇人の甥と結婚。

その後、角栄は1947年昭和22年)の衆議院議員選挙に当選。

1965年(昭和40年)の第26回優駿牝馬競走に優勝したベロナの名義上の馬主(実際の所有は夫の角栄)でもあった。

1972年(昭和47年)7月7日から1974年(昭和49年)12月9日まで内閣総理大臣に就任するも、はなは表舞台に顔を出すことは殆どなく、ファーストレディとしてのつとめは娘の眞紀子が行った[2]

エピソード[編集]

  • 角栄との結婚の際、三つの誓いを約束させた。『出て行けと言わぬこと』、『足げにしないこと』、『将来、あなたがが二重橋を渡る日があったら私を同伴すること[3]
  • 角栄は料亭での酒席が済むと、すぐに目白の自宅へ帰宅し、はな夫人手製のチャーハンを平らげてから眠りについた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 竹内正浩『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 昭和・平成篇』(実業之日本社、2017年)p.204
  2. ^ a b c 「総理大臣の妻たち」(小林吉弥、日本文芸社1995年
  3. ^ 私の履歴書田中角栄
  4. ^ 早坂茂三著『オヤジとわたし 頂点をきわめた男の物語―田中角栄との23年』、第七章 『懐石料理より奥さん手製のチャーハンを』集英社 1987年
先代:
佐藤寛子
内閣総理大臣夫人
1972年7月7日 - 1974年12月9日
次代:
三木睦子