A級戦犯合祀問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
靖國神社 > 靖国神社問題 > A級戦犯合祀問題

A級戦犯合祀問題(えーきゅうせんぱんごうしもんだい)とは、第二次世界大戦後の連合国による極東国際軍事裁判(東京裁判)において、拘置中に死亡、ないし刑の執行ないし刑期中に死亡した者について、靖国神社祭神として合祀されていることに関する論争。

問題の経緯[編集]

太平洋戦争大東亜戦争)後の極東国際軍事裁判(東京裁判)において処刑された人々(特にA級戦犯。ただし、合祀問題における「A級戦犯」には、判決前に死去した、つまり無罪の推定を受ける人物も含まれる。この点については昭和天皇は判決前に病死した松岡洋右と有罪判決後に獄中で病死した白鳥敏夫を同列に問題視している)が、1978年昭和53年)10月17日に「昭和殉難者」(国家の犠牲者)として靖国神社に合祀されていた事実が、1979年(昭和54年)4月19日朝日新聞によって報道され国民の広く知るところとなった。

戦前に軍国主義の立場から利用されたと国会答弁でも指摘された靖国神社が、A級戦犯を「昭和殉難者」と称して祭神として合祀しており、「国策を誤り、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人びとに対して多大の損害と苦痛を与えた」とした1995年平成7年)8月15日日本社会党村山富市内閣総理大臣(首相)談話(村山談話)に基づいた政府見解に反するとして問題視する意見[誰?]がある。靖国神社は国家機関ではなく一宗教法人であり、靖国神社自体が政府見解に従う義務はないが、政府高官が靖国神社に参拝することを村山談話との関係で問題視する者もいる。靖国神社そのものを問題視しない立場でも、戦死者を祀るのが本義である靖国神社に東条英機戦争責任者が合祀されるのをよしとしない者[誰?]もいる(昭和天皇がこの立場であったという説がある。後述)。

また、天皇の靖国神社親拝は昭和天皇による1975年(昭和50年)11月21日が最後となっている。この理由については、昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感をもっていたとの意見が指摘されていた。

なお戦後に日本および東アジア全域で実施された戦犯法廷でBC級戦争犯罪として有罪を宣告され処刑された約1000名については<昭和殉難者>として靖国神社に合祀されている[1]

中国の反発[編集]

1964年(昭和39年)、日本社会党佐々木更三委員長が中華人民共和国(中国)毛沢東共産党主席に「中国国民に多大の損害をもたらして申し訳ない」と挨拶したところ、毛沢東は「何も申し訳なく思うことはありませんよ。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらしました。中国国民に権利を奪取させてくれたではありませんか。皆さん、皇軍(日本軍)の力無しには我々が権利を奪うことは不可能だったでしょう」と半ば皮肉まじりに発言している。1979年に合祀されていたことが報道された後も鈴木善幸が首相在任中も含め8月15日等計8回参拝している(ただし三木武夫の「私的参拝原則」発言以降、首相その他の国務大臣の参拝は、私的参拝もしくは「私人」か「公人」かを明らかにしない参拝であった)が抗議は受けていない。だが、1985年(昭和60年)に中曽根康弘が「首相として公式参拝」を表明し実施して以降、中国と大韓民国(韓国)から抗議を受ける事があり(靖国神社問題をめぐる日本国内の一部報道が影響しているとの指摘もある)、その度に日本でも問題として取り上げられる。政府間ではA級戦犯が取り上げられているが、中国の報道[誰?]ではBC級戦犯についても問題とされる場合もある。

中国政府(中国共産党)の抗議として、もっぱら首相以外の靖国神社参拝への抗議はしていなかった。しかし、2005年平成17年)2月22日の春季例大祭に、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」数十名が集団参拝したことに対して、中国政府の秦剛副報道局長が中国外交部を代表して「強烈な不満」を表明した。その直後、王毅駐日大使が自民党の外交調査会での講演で、かつて政府の顔である首相、官房長官外務大臣の3人は在任中に参拝しないという紳士協定があったとしている(裏を返せば「それ以外の人間の参拝については言及しない」ということとも解釈できる[独自研究?])。このことから、秦剛副報道局長の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」などの参拝についての言及については矛盾しており、主張が二転三転しているとの指摘[誰?]もある。

戦没者の靖国神社合祀に関連して、1956年(昭和31年)遺族援護行政を所管する厚生省引揚援護局から、都道府県に対して靖国神社合祀の事務に対する協力について通知が行われた。後にこの通知は、1971年(昭和46年)に「合祀事務」や「祭神名票」など不適切な用語が用いられていたとして廃止された。その後、遺族援護事務としての一般的調査回答業務とした形で1986年(昭和61年)まで続けられていた。なお、1985年(昭和60年)には政教分離原則に反する不適切な通知だった、と当時の厚生大臣が国会で答弁している。

この引揚援護局からの通知に基づいた祭神名票(戦没者身分等調査票)は、靖国神社側が合祀を判断するため、戦没者あるいは一定の合祀資格条件に該当する者かどうかなど、照会があって調査作成されていたものである。合祀予定者の調査を靖国神社ではなく行政府が行っていたという経緯から、「合祀は日本政府の指示によるものではないか」という意見[誰?]もある。しかし、政府の出した名簿が全て合祀された訳ではなく、2002年(平成14年)7月の国会答弁では「国として靖国神社の行う合祀には関わりを持っていない」事が確認されている。

靖国神社の照会により引揚援護局が作成した祭神名票には、改正された「戦傷病者戦没者遺族等援護法」および「恩給法改正」の支給根拠である「戦犯は国内法で裁かれた者ではない」という解釈から、東京裁判における戦犯も除外なく記載されている。靖国神社では1959年(昭和34年)にBC級戦犯を合祀した。A級戦犯については合祀のための照会をしていなかった。だが、1965年(昭和40年)に厚生省に戦犯を含む資料の送付を依頼。翌1966年(昭和41年)厚生省引揚援護局調査課長が「靖国神社未合祀戦争裁判関係死没者に関する祭神名票について」の通知に基づき祭神名票を送付。1970年(昭和45年)に靖国神社の崇敬者総代会でA級戦犯の合祀が決定された。ただし、当時の宮司預かりとなり、合祀はされていなかった。1978年(昭和53年)になって新宮司が就任。A級戦犯の受刑者を「昭和殉難者」と称して合祀した。また、靖国神社は、東京裁判の有効性や侵略の事実を否定するなど、「A級戦犯は戦争犯罪者ではない」として名誉回復の方針を見解として打ち出している。A級戦犯合祀問題の背景には、靖国神社などによる「A級戦犯は戦勝国による犠牲者」とする意見と、侵略戦争を認めた政府見解や、国民への多大な犠牲などから「侵略・亡国戦争の責任者である」と一般の犠牲者である軍人・軍属などと一緒に祀り、顕彰することを問題視する意見の対立があると思われる。1963年(昭和38年)以降、8月15日に開かれている政府主催の全国戦没者追悼式の戦没者の対象にA級戦犯も含まれているが、問題視されていない。全国戦没者追悼式は追悼であり、靖国神社は顕彰しているという理由からである。また、自決・戦死による祭神の中にも戦争責任者とみなされる人物は存在するが(支那事変開始時の陸相で太平洋戦争開戦当時の参謀総長である杉山元満洲事変当時の関東軍司令官である本庄繁、支那事変開始時の海軍次官で太平洋戦争開戦当時の連合艦隊司令長官山本五十六など)、現在のところ問題とはされていない。

天皇の親拝停止[編集]

昭和天皇は、戦後は数年置きに計8度、靖国神社に親拝したが、1975年11月21日を最後に親拝が行われなくなり、今上天皇も親拝を行っていない。この理由については、昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感をもっていたことを理由とする主張と、1975年当時の三木武夫首相が同年の終戦の日の参拝の後、「総理としてではなく、個人として参拝した」と発言した事を理由とする主張とがあった。昭和天皇が合祀に不快感をもっていたことを記録した「富田メモ」や、内容を裏付ける『卜部亮吾侍従日記』に基づき、松岡洋右と白鳥敏夫の合祀が天皇の親拝を妨げていたと考える説もある。

なお、天皇の靖国神社への親拝が行われなくなった後も、例大祭勅使参向と内廷以外の皇族の参拝は行われている。

富田メモの発見[編集]

2006年平成18年)7月20日に、1988年昭和63年)当時の宮内庁長官であった富田朝彦が昭和天皇の発言・会話をメモしていた手帳に、昭和天皇がA級戦犯の松岡洋右と白鳥敏夫の合祀に不快感をもっていたことを示す発言をメモしたものが残されていた、と日本経済新聞の1面で報道された。このメモ(富田メモ)は、富田朝彦の遺族が保管していた手帳に貼り付けてあったものである。以下、そのメモの記述の一部を示す。

私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白取までもが、

筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
松平は平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている
だから私 あれ以来参拝していない それが私の心だ

「松岡」とは、松岡洋右元外務大臣、「白取」とは、白鳥敏夫元駐イタリア大使、「筑波」とは、靖国神社宮司で1966年(昭和41年)に旧厚生省からA級戦犯の祭神名票を受け取りながら合祀しなかった筑波藤麿を指すと推察される。1965年6月30日の靖国神社の総代会で合祀する方針が決定されたが、合祀の時期は宮司に一任された。合祀強行派の中には、「戦争責任者として合祀しないとなると神社の責任は重いぞ」と主張する者[誰?]がいたが、当時の宮司であった筑波藤麿は「ご方針に従う。時期は慎重に考慮したい」と引き取り、結局任期中に合祀を行わなかった。「筑波が慎重に対処してくれた」とは、このことを指すと考えられる。「松平」とは終戦直後の最後の宮内大臣であった松平慶民、「松平の子」とは慶民の長男で1978年にA級戦犯の合祀を決断した当時の靖国神社宮司、松平永芳を指すと推察される。

卜部亮吾侍従日記[編集]

『朝日新聞』2007年4月26日朝刊で、翌4月27日には『読売新聞』・『毎日新聞』・『日本経済新聞』主要各紙は朝刊で、皇室の広報を担当した元侍従卜部亮吾の日記(卜部亮吾侍従日記)が公開されたと報じた上で「A級戦犯合祀が直接の原因で天皇は靖国神社参拝を取りやめたという富田メモの事実が、あらためて確認された」と報じた。各紙は、『卜部亮吾侍従日記』のうち次の部分を紹介した。

  • 1988年4月28日の日記には「お召しがあったので吹上へ 長官拝謁のあと出たら靖国の戦犯合祀と中国の批判・奥野発言のこと」との記述があった。
  • 2001年7月31日の日記には「靖国神社の御参拝をお取り止めになった経緯 直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」との記述があった。
  • 2001年8月15日の日記には「靖国合祀以来天皇陛下参拝取止めの記事 合祀を受け入れた松平永芳(宮司)は大馬鹿」との記述があった。

富田メモ研究委員会による最終報告[編集]

「富田メモ」(日記、手帳)について、日本経済新聞社が設置した社外有識者を中心に構成する「富田メモ研究委員会」は2007年4月30日、最終報告をまとめた(以下、「」内は同記事よりの引用)[2]

同委員会は2006年平成18年)10月から、計11回の会合を重ねメモ全体を検証した。その結果「これまで比較的多く日記などが公表されてきた侍従とは立場が異なる宮内庁トップの数少ない記録で、昭和史研究の貴重な史料だ」と評価。特に2006年7月、日本経済新聞が報じたA級戦犯靖国合祀に不快感を示した昭和天皇の発言について「他の史料や記録と照合しても事実関係が合致しており、不快感以外の解釈はあり得ない」と結論付けた。岡崎久彦のように「終戦直後の昭和天皇は『連合国にとっては戦犯だが日本にとっては忠臣』と言っておられた」とメモの真実性に疑問を呈する声もあったが、この最終報告以降メモの信憑性自体を疑う声は消えたと言ってよい。[独自研究?]

また昭和天皇が靖国参拝に対し、「明治天皇のお決(め)になって(「た」の意か)お気持を逸脱するのは困る」(1988年昭和63年)5月20日)と発言したのを書いた部分も発見され、同委員会は「昭和天皇が靖国神社の合祀のあり方について、明治天皇の創建の趣旨とは異なっているとの疑問を抱いていたのではないか」と判断した。

最終的に「富田メモ」は、富田家が公的機関への寄託などを検討している。

合祀されているA級(およびBC級)戦犯[編集]

靖国神社に合祀されているA級(およびBC級)戦犯は以下の14人である(松井石根はBC級戦争犯罪として訴追・判決されており厳密にはA級戦犯ではない)。

  • 氏名は50音順にソートされる。刑死/病死の欄でソートすると元の順序に戻る。没年齢満年齢である。
氏名
所属/階級
役職歴/地位
判決
刑死/病死
没年月日
没年齢
とうしよう ひてき/東條英機 陸軍大将 01/内閣総理大臣02/陸軍大臣 絞首刑 01/刑死 1948年12月23日 64歳
ひろた こうき/広田弘毅 外交官 01/内閣総理大臣外務大臣・駐ソヴィエト大使 絞首刑 02/刑死 1948年12月23日 70歳
といはら けんし/土肥原賢二 陸軍大将 奉天特務機関 絞首刑 03/刑死 1948年12月23日 65歳
いたかき せいしろう/板垣征四郎 陸軍大将 04/支那派遣軍総参謀長 絞首刑 04/刑死 1948年12月23日 63歳
きむら へいたろう/木村兵太郎 陸軍大将 03/ビルマ方面軍司令官 絞首刑 05/刑死 1948年12月23日 60歳
まつい いわね/松井石根 陸軍大将 03/中支那方面軍司令官 絞首刑 06/刑死 1948年12月23日 70歳
むとう あきら/武藤章 陸軍中将 陸軍省軍務局 絞首刑 07/刑死 1948年12月23日 56歳
ひらぬま きいちろう/平沼騏一郎 司法官 01/内閣総理大臣枢密院議長 終身刑 08/刑期中に病死 1952年8月22日 84歳
しらとり としお/白鳥敏夫 (外交官) 駐イタリア大使 終身刑 09/刑期中に病死 1949年6月3日 61歳
こいそ くにあき/小磯国昭 陸軍大将 01/内閣総理大臣朝鮮総督 終身刑 10/刑期中に病死 1950年11月3日 70歳
うめつ よししろう/梅津美治郎 陸軍大将 03/関東軍司令官・陸軍参謀総長 終身刑 11/刑期中に病死 1949年1月8日 67歳
とうこう しけのり/東郷茂徳 (外交官) 02/外務大臣・駐ドイツ/駐ソヴィエト大使 禁固20年 12/刑期中に病死 1950年07月23日 67歳
なかの おさみ/永野修身 元帥海軍大将 02/海軍大臣・海軍軍令部総長 13/戦犯指定を受け起訴されたが
判決前に病死
1947年1月5日 66歳
まつおか ようすけ/松岡洋右 (外交官) 02/外務大臣南満洲鉄道総裁 14/戦犯指定を受け起訴されたが
判決前に病死
1946年6月27日 66歳

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞2004年12月29日
  2. ^ [1][2]

関連項目[編集]