前之園喜一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前之園 喜一郎(まえのその きいちろう、1890年12月 - 1971年2月17日[1])は、日本政治家参議院議員(1期)。弁護士

経歴[編集]

鹿児島県出身。指宿生まれ、鹿屋育ち[2]。16歳のときに台湾鉄道教習所に入り、25歳の頃まで台湾総督府鉄道勤務。旧制の検定試験と文官試験を受けて台湾鉄道学校の教官となるが、大卒でないと不利だと感じたため、東京へ出て日本大学に入学する[2]。上京に際しては、台湾の産業交通に関する本を制作・販売して資金をつくった[2]。日本大学法科及び明治大学高等研究科卒[1]

1922年に弁護士試験に合格[2]。東京で開業した後、鹿児島に移って事務所を開設(1923年[2]。鹿児島弁護士会長、鹿児島市議、同議長を経て[1]1947年8月の参議院鹿児島地方区から立候補して当選[3]、参議院議員を1期務め、決算委員長を歴任した。

1955年の鹿児島市長選挙に立候補したが、現職の勝目清に敗れた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』407頁。
  2. ^ a b c d e 南日本新聞社『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)210頁
  3. ^ 『朝日選挙大観』614頁。
  4. ^ 『鹿児島市史第2巻』、37-38頁。

参考文献[編集]

  • 鹿児島市『鹿児島市史第2巻』鹿児島市、1970年。
  • 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。