伊波洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊波 洋一
いは よういち
Iha Yoichi, Photographed by Ryota Nakanishi.JPG
講演中の伊波洋一
生年月日 (1952-01-04) 1952年1月4日(65歳)
出生地 沖縄県宜野湾市
出身校 琉球大学理工学部
前職 宜野湾市長
所属政党 無所属沖縄の風
公式サイト 伊波洋一オフィシャルウェブサイト

選挙区 沖縄県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職

Flag of Ginowan Okinawa.JPG 第13・14代 沖縄県宜野湾市長
当選回数 2回
在任期間 2003年4月28日 - 2010年10月18日

当選回数 2回
在任期間 1996年6月 - 2003年4月
テンプレートを表示

伊波 洋一(いは よういち、1952年1月4日 - )は、日本政治家。沖縄県選出の参議院議員(1期)、会派沖縄の風」幹事長。沖縄県宜野湾市長(2期)、沖縄県議会議員(2期)を歴任した。

来歴[編集]

沖縄県宜野湾市生まれ。沖縄県立普天間高等学校琉球大学理工学部物理学科卒業。1974年、宜野湾市役所に就職。在任中、当時全国でもまれであった自治体業務の電算化を手がけた。

1996年、宜野湾市役所を退職して沖縄県議会議員選挙に出馬し、初当選。2000年に再選。2003年、2期目の任期途中で辞職し、宜野湾市長選挙に出馬して当選する。2007年、宜野湾市長再選。市長在職中、沖縄県内の地方自治体で初めて中学生までの病院への入院費の無料化を実現した[1]

2010年沖縄県知事選挙[編集]

2010年11月、任期満了に伴う沖縄県知事選挙に、自由民主党沖縄県連や公明党みんなの党の支持を受ける現職の仲井眞弘多沖縄県知事の再選を阻止するため、県内の革新勢力に推される形で、宜野湾市長を辞職して立候補する。伊波は社会民主党日本共産党沖縄社会大衆党国民新党新党日本政党そうぞうの6党の支持に加え、民主党沖縄県連の支援も受けた(党本部は仲井眞、伊波のいずれも推薦・支持せず、自主投票を決定)が、現職の仲井眞に約4万票差で敗北した。

なお、仲井眞は4年前の知事選では普天間飛行場辺野古沖への移設を容認していたが、この知事選では「県外移設」を訴え(ただし伊波がグアムへの移設を主張したのに対し、仲井眞は「県内移設反対」を明言せず、あくまでも「県外移設を求める」に留めていた)、有力候補である仲井眞、伊波のいずれもが沖縄県内への移設反対を主張した。

2012年宜野湾市長選挙[編集]

2011年12月、前年に伊波の後任の宜野湾市長に就任した安里猛が心臓疾患の療養のため、市長を辞職。伊波は宜野湾市長選挙への出馬を表明し、共産・社民・社大3党の推薦を受けて立候補する。またこの3党の推薦に加え、瑞慶覧長敏玉城デニーら民主党所属の衆議院議員や一部の地方議員からの応援も受けた。

選挙戦の最中、沖縄防衛局が職員もしくは職員の親族に本市長選挙の有権者数を調査させ、沖縄防衛局長が職員に対して、宜野湾市長選で投票するよう親戚に呼びかけるよう講話を行った事実が発覚し、沖縄防衛局による選挙への不当な介入の疑いが持たれた。また、伊波を支持する宜野湾市職員労働組合も伊波への支持を呼びかける文書を配布していたため、市職労側も地方公務員法公職選挙法違反を疑われた。

選挙戦の序盤は伊波有利の情勢であったが、開票の結果、自民・公明・新党改革3党が推薦する佐喜眞淳に約900票の僅差で破れた。

2016年宜野湾市長選挙[編集]

2015年9月頃は、志村惠一郎と並んで市長候補に推す声もあった[2]が、自身は立候補を行わずに志村の選挙対策本部長代行を務めた[3][4]

2016年参議院議員選挙[編集]

2015年9月、第24回参議院議員通常選挙オール沖縄の候補として沖縄県選挙区より立候補する意向を表明した[5][6]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙において得票率で57.8%の票を獲得して、現職の島尻安伊子を下し、初当選[7]

主張[編集]

  • 安全保障関連法は廃止すべき[8]
  • 憲法改正に反対[8]
  • 憲法9条の改正に反対[8]
  • 緊急事態条項の創設に反対[8]
  • 政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題だ[8]
  • 来年4月の消費税率10%への引き上げについて、法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ[8]
  • 安倍政権の経済政策「アベノミクス」の恩恵は、地方や中小企業に及んでいるとは思わない[8]
  • 環太平洋パートナーシップ協定に反対[8]
  • 原発は日本に必要ない[8]
  • 米軍普天間基地は国外に移設すべき[8]
  • 核武装について、将来にわたって検討すべきでない[8]
  • 選択的夫婦別姓制度に「どちらかといえば賛成」[9]。「結婚による姓の変更によって働く女性を中心に不利益を受けたり、旧姓を名乗り続けたいという 願いに反して姓の変更を強いられる現状は改める必要がある」とする[10]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『米軍基地を押しつけられて : 沖縄・少女暴行事件から』創史社 , (八月書館 発売) 2000.5
  • 『普天間基地はあなたの隣にある。だから一緒になくしたい。』かもがわ出版 2010.10

共著[編集]

  • 沖縄国際大学広報委員会編『グローバリゼーションの中の沖縄 : 国際シンポジウム』沖縄国際大学広報委員会 2004.3 沖国大ブックレット 12
  • 沖縄国際大学広報委員会編『グローバリゼーションの中の沖縄 : '03国際シンポジウム報告書』沖縄国際大学広報委員会 2004.3
  • 『普天間基地跡利用シンポジウム(報告書) : 普天間に環境首都を : 基地で失った環境を基地跡地で回復』日本郵政公社労働組合沖縄県本部 2004
  • 伊波洋一, 永井浩著『沖縄基地とイラク戦争 : 米軍ヘリ墜落事故の深層』岩波書店 2005.2 岩波ブックレットNo.646
  • 池尾靖志, 伊波洋一, 井原勝介著『地域から平和をきずく : オキナワ・イワクニからみた日本』晃洋書房 2010.11
  • 神保哲生ほか著『沖縄の真実、ヤマトの欺瞞 : 米軍基地と日本外交の軛』春秋社 2010.11
  • 伊波洋一, 柳沢協二著『対論普天間基地はなくせる : 日米安保の賛成・反対を超えて』かもがわ出版 2012.5 かもがわブックレットNo.189
  • 小森陽一編著,新崎盛暉, 伊波洋一, 石川真生, 我部政明証言『沖縄とヤマト : 「縁の糸」をつなぎ直すために』かもがわ出版 2012.5
  • 孫崎享, 木村朗編 ; ガヴァン・マコーマックほか執筆『終わらない「占領」 : 対米自立と日米安保見直しを提言する!』法律文化社 2013.6

出演[編集]

ドキュメンタリー
  • エンリコ・パレンティ、トーマス・ファツィ監督『誰も知らない基地のこと』(原題 英語: Standing Army、製作 Effendemfilm and Takae Films、イタリア、 紀伊國屋書店、2012年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]