猪谷千春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猪谷 千春
Chiharu Igaya.jpg
猪谷千春(1956年)
名前
カタカナ イガヤ チハル
ラテン文字 IGAYA, Chiharu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 アルペンスキー
生年月日 1931年5月20日(84歳)
生誕地 北海道国後島
 
獲得メダル
スキー
1956 コルティナダンペッツォ 男子 回転

猪谷 千春(いがや ちはる、1931年5月20日 - )は、日本スキー選手。

人物概要[編集]

猪谷千春(1951年)
猪谷千春(1952年)

1956年コルティナダンペッツォオリンピック日本人としてはじめて冬季五輪メダリストとなった。その後、国際オリンピック委員会(IOC)委員となり、理事及び2009年まで副会長を務めた。日本オリンピック委員会(JOC)でも理事を務め、日本オリンピアンズ協会でも副会長を務めている。

また、実業家としても活躍し、現在AIU保険会社名誉会長である。

北海道国後郡泊村出身。元妻の晶子はベースボール・マガジン社を創設した池田恒雄の娘。産経新聞記者の猪谷千香は娘。

2011年6月23日、日本体育大学より、名誉博士号(IOC委員、副会長など歴任、後進の指導などに尽力により)を授与される。授与は、5人目である。

略歴[編集]

  • 1931年5月20日 日本スキー界の草分け・猪谷六合雄の長男として、北海道国後島で生まれる
  • 1934年 - 猪谷六合雄によるスキーの英才教育をうける
  • 1935年9月2日 国後島を離れる
  • 1936年4月 父の地元である群馬県勢多郡富士見村に転居。富士見村立富士見小学校箕輪分校に入学
  • 1938年12月 乗鞍の番所に転居、鈴蘭競技大会に出場し、大人に混じって8歳ながら入賞
  • 1939年 大町大会(参加制限14歳以上)に特別参加し実質優勝
  • 1943年 神宮大会に小学5年生で特別参加、優勝者のタイムを6秒も上回る
  • 1948年 第26回長野国体で圧勝、第6回オスロ冬季五輪代表に決定
  • 1952年 オスロオリンピックに出場、11位に終わる。

当時のAIU保険会社の創始者のコーネリアス・バンダー・スターが「このまま日本に居たら入賞も出来ない。アメリカに来れば君はメダルを取ることが出来るだろう。お金を出すからアメリカに来ないか。」と申し出る。

日本冬季五輪初のメダル[編集]

コルティナダンペッツォオリンピック表彰式で: Stig Sollander、トニー・ザイラー、猪谷千春

父・六合雄の指導でスキーを始め、1956年に開かれたコルティナダンペッツォオリンピック男子回転競技で日本冬季オリンピック史上初の銀メダルを受賞。この事は後年自らの自伝を元に製作されたアニメーション映画「栄光へのシュプール」に描かれた。父・六合雄は千春のために山小屋の管理人や営林署勤務などをして日本全国雪を求めた。

テクニックは千島時代に覚えたもので、この時すでに千春に教えるものはなかったと後に六合雄は著書に記している。

AIU保険会社での活動[編集]

親代わりだったコーネリアス・バンダー・スターの会社、AIU保険会社を手伝う事になる。

1959年にAIU保険会社に入社し、日本支社長、AIU日本法人の会長などを経て現在名誉会長。

IOC委員として[編集]

1982年から国際オリンピック委員会(IOC)委員となり、理事を2回にわたり経験(1987年 - 1991年1996年 - 2000年)。長野オリンピックの招致活動から開催に至るまでを支えた。

2005年シンガポールで開かれたIOC総会で副会長に当選。

2006年のトリノオリンピックでは、副会長として現地入り。男子回転の表彰式でプレゼンターを務めた。この際、日本の皆川賢太郎が大健闘。終盤まで3位につけ、日本人で唯一のアルペン競技メダリストである猪谷の手での同胞へのメダル授与が実現するかと思われたが、最終競技者が皆川を上回ったためこれは実現しなかった。しかし湯浅直樹も7位に入ったため日本アルペン史上初となったオリンピック同一種目の複数入賞を見届けることとなった。

2011年12月、80歳定年制によりIOC委員を退任し、名誉委員に就任。

スポーツ団体幹部として[編集]

2012年8月より、東京都スキー連盟会長に就任[2]。2014年10月、日本障害者スキー連盟会長に就任[3]

アニメ映画[編集]

  • 『栄光へのシュプール 猪谷千春物語』(1997年)
同名のアニメ絵本が同じ年に岩波書店から出版されている

著作[編集]

  • 『近代スキー 初歩からアルペンまで』日本経済新聞社 1959
  • 『近代スキー 基礎と応用』日本経済新聞社 1959
  • 『パラレルへの近道』猪谷六合雄共著 日刊スポーツ新聞社 1959
  • 『わが人生のシュプール』ベースボール・マガジン社 1994
  • 『IOC―オリンピックを動かす巨大組織―』新潮社2013年 ISBN 978-4-10-333491-0

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 「皇太子ご一家を指導したスキーの英雄、猪谷千春氏。往年の「回転」を思わせる電撃離婚・再婚劇」『週刊朝日』1985年3月29日号
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]