トニー・ザイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コルティナダンペッツォオリンピック表彰式で: Stig Sollander、ザイラー、猪谷千春
獲得メダル
オーストリアの旗 オーストリア
男子 アルペンスキー
オリンピック
1956 滑降
1956 回転
1956 大回転
アルペンスキー世界選手権
1958 Bad Gastein 滑降
1958 Bad Gastein 大回転
1958 Bad Gastein アルペン複合
1958 Bad Gastein 回転

アントン(トニー)・ザイラーAnton("Toni") Sailer, 1935年11月17日 - 2009年8月24日)は、オーストリアチロル州キッツビュール出身のスキー選手・俳優。姉のロージ・ザイラーw:de:Rosi Sailer)は1952年オスロオリンピックの回転に出場(17位)した。

来歴[編集]

トニー・ザイラーは2歳でスキーを始め、1947年からはキッツビュールスキークラブに所属。1952年冬、トニーは16歳で国際大会で初めて優勝した。フランスモルジヌでは滑降とアルペン複合、ムジェーヴw:en:Megève)では大回転とアルペン複合で優勝した。しかし練習中に足を骨折して1952/53シーズンを棒に振った。

満を持して臨んだ1956年コルティナダンペッツォ冬季オリンピックにてアルペンスキー回転大回転滑降金メダルを獲得し三冠を達成した(なお、この大会が兼ねていた世界選手権も2大会連続三冠王の快挙である)。このときの回転で、日本の現IOC副会長である猪谷千春が2位(銀メダル。日本人初の冬季オリンピックメダリスト)に入賞しており、日本でも名が知られるようになる。なお、この大会では、開会式においてオーストリア選手団の旗手を務めた。

1957年のオーストリア選手権では回転、大回転、アルペン複合の三冠に輝き、翌1958年自国で開催されたアルペンスキー世界選手権で滑降、大回転、アルペン複合と3個の金メダルを獲得。

しかしその爽やかな美男子ぶりを買われて1957年に映画に出演したためにアマチュア資格を問われ1960年のスコーバレーオリンピックには出られないこととなり1958年のシーズン後22歳の若さで引退を表明、本格的に俳優に転向し、並行して歌手活動も行った[1]。 日本の映画やCMにも出演したことがあり、1959年(昭和34年)には、11月25日から11月30日までの6日間にわたって東京で開催されたドイツ映画祭(俳優兼監督のベルンハルト・ヴィッキ、女優のリゼロッテ・プルファーマルギット・ニュンケ達も出席。開会式の司会は俳優の三船敏郎が務めた。)と日本映画『銀嶺の王者』(翌1960年公開)出演の為、同11月14日、午後5時10分東京国際空港(羽田空港)着のノースウエスト航空機で来日。それから約5ヶ月間滞在し、1960年4月11日午後7時30分羽田空港発の航空機で離日。ほか、1957年、1972年(札幌オリンピック)、1974年、1979年、1998年の長野オリンピックでも来日。

一方で1972年から1976年までオーストリアナショナルチームの監督を務め、アルペン最強国家としてのオーストリアの地位を確固たる物としている。また、非常に人望が厚く、国際大会でコーチ会議が紛糾したときに最終意見が求められることも多かった。[2] 1985年には国際オリンピック委員会(IOC)からオリンピック活動に対しオリンピック勲章(Olympic Order)が授与されている。

また、各地のスキー場・スキーコース設計に携わり、トニー・ザイラーが設計したスキーコースは日本にもあり、シャトレーゼリゾート八ヶ岳(旧称・八ヶ岳ザイラーバレースキー場)や白山瀬女高原スキー場石川県白山市)や安比高原スキー場(一部)がある。安比高原スキー場には、彼の名前にちなんで「ザイラーゲレンデ」というゲレンデがある。CM出演としては、1980年代末にJR西日本のスキー列車「シュプール号」の事例がある。 また、2006年(平成18年)3月にも、長野県白馬村白馬八方尾根スキー場で開催された第60回八方尾根リーゼンスラローム大会のゲストで来日した。

チロル州キッツビュールでスキー学校を経営していたが、2009年に脳腫瘍のため73歳で没した。

主な出演映画[編集]

(※日本公開作品のみ

テレビ番組[編集]

日本放映番組のみ

  • NHK特集(1979年)
  • 黒い稲妻~トニー・ザイラーのスーパースキー(1993年、NHK教育)
  • アルプスをあ・そ・ぶ トニー・ザイラーと仲間たち(1994年、NHK BS-2)
    NHK&ORFオーストリア放送協会)共同制作。猪谷千春、ヨーデル歌手の石井健雄フランツ・ベッケンバウアーらも出演。
  • オリンピック 雪と氷の伝説 黒い稲妻~トニー・ザイラー(1997年、NHK BS-1)
  • 五輪対談 メダリストは永遠に 猪谷千春とトニー・ザイラー(1998年、NHK)
  • 世界・わが心の旅 猪谷千春編(1998年、NHK)

レコード[編集]

  • 白銀は招くよ/ペルシャの王様, ポリドール・レコード, DP-1147, 1960
    独ウファ映画 東和映画配給「白銀は招くよ」主題曲
  • 初恋の人/がらくた市, ポリドール・レコード, DP-1249 , 1962
    東和映画配給「白銀に踊る」主題歌 トニー・ザイラー 唄, ミヒャエル・ヤーリー楽団
  • 白銀は招くよ/黒い稲妻, ポリドール・レコード, DPQ 6901
    トニー・ザイラー(唄)
  • ザイラーは唄う, ポリドール・レコード, LPP-1039
    A) 1. 黒い稲妻 2. リラの花パリに咲く頃 映画「黒い稲妻」主題曲より 3. 初恋物語 4. 口笛の街 映画「初恋物語」主題曲より B) 1. 白銀は招くよ 2. ペルシャの王様 映画「白銀は招くよ」主題曲より 3. チロルのフラ・フープ 4. 銀嶺のかなた トニー・ザイラー(唄), ベルト・ケムプフェルト楽団 A) B) 1.2, カルル・デ・グループ楽団 B) 3.4.

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Toni Sailer: Olympic skiing champion of grace and power who went on to a career in films and pop musicインデペンデント紙、2009年8月29日更新、2010年4月20日閲覧
  2. ^ ザイラーさん、あなたに憧れて北海道新聞ブログ、2009年8月27日更新、2010年4月20日閲覧
  3. ^ トニー・ザイラーの魅力, 南俊子, 白銀に踊る, 日比谷スカラ座 No.61-16, 1962, p11