猪谷六合雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千春とともに(1950年8月27日撮影)

猪谷六合雄(いがや くにお、1890年5月5日 - 1986年1月10日)は日本の近代スキーの草分け的存在である。旧制群馬県立館林中学校中退。三人目の妻の定子は日本初の女性ジャンパーでもあった。

略歴[編集]

  • 1890年5月5日 群馬県赤城山の赤城の猪谷旅館の長男として誕生
  • 1904年 与謝野鉄幹高村光太郎らが猪谷旅館に滞在。
  • 1914年 スキーと出会う
  • 1915年、志賀直哉が猪谷旅館に滞在、その依頼で山小屋を建てる。
  • 1918年、ジャワ島に渡る
  • 1920年、ジャワ島から帰る。猪谷旅館(のちにホテル赤城)の土地と建物を姉の大熊ちよに売却[1]
  • 1924年 樺太をスキーで走破
  • 1925年 ジャンプを開始
  • 1926年 結婚
  • 1929年 国後島に移住
  • 1931年 三人目の妻・サダとの間に長男猪谷千春誕生。三回の結婚で計9人の子をもうけた[1]
  • 1933年 次男猪谷千夏誕生
  • 1934年~ 猪谷千春にスキーの英才教育を施す
  • 1935年 赤城山に帰る
  • 1938年 乗鞍山麓に移住
  • 1943年~45年 土樽、浅虫、要目を移住
  • 1951年~ 戸隠山志賀高原にてSIA所属の猪谷・渡辺パラレルスキー学校(プロスキー学校)を主宰。プルークボーゲンを教えない学校で有名であった。
  • 1956年 1904年に高村光太郎が猪谷旅館に滞在中に書いたスケッチ『赤城画帖』刊行。その解説文を執筆。
  • 1961年 自動車運転免許取得
  • 1969年 イタリア・ステレフセルヨッホで3000mの大滑降を敢行
  • 1986年1月10日 95歳にて永眠

著書[編集]

  • 雪に生きる 羽田書店、1943 、岩波少年文庫 新版1980
  • 私たちのスキー 羽田書店 1948
  • スキーとともに 筑摩書房 (中学生全集) 1951
  • 私たちのスキーアルバム 文藝春秋新社 1952
  • 山なみ 串田孫一ほか共著 茗渓堂 1955
  • スキーはパラレルから 朋文堂 1958
  • パラレルへの近道 猪谷千春共著 日刊スポーツ新聞社 1959
  • 初心者からのパラレルスキー 渡辺政子共著 冬樹社 1967
  • 定本 雪に生きる 実業之日本社 1971/ ベースボールマガジン社 上下 1986 
  • 雪に生きた八十年 実業之日本社 1972
  • 猪谷六合雄選集.全5巻別巻 ベースボール・マガジン社 1985

伝記[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『光太郎と赤城: その若き日の哀歓』佐藤浩美、三恵社, 2006

外部リンク[編集]