北良治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北 良治(きた りょうじ、1936年10月12日[1] - )は、日本政治家。北海道奈井江町町長

家族[編集]

父は衆議院議員を務めた北勝太郎。兄に衆議院議員を務めた北二郎北海道開発庁長官開発庁長官を務めた北修二がいる。

経歴[編集]

北海道出身。野幌機農高等学校卒。農機具メーカー勤務を経て、1967年奈井江町議に初当選し、以後連続5期務めた。1979年に奈井江町議会副議長や1983年奈井江町議会議長を務めた後、1986年奈井江町長選に立候補し初当選。現在は7期目[2]。 この他、空知町村会監事や空知町村会会長、北海道町村会理事、全国町村会理事なども務めた。

エピソード[編集]

著書[編集]

  • 佐藤克廣・大久保尚孝共著『分​権​時​代​の​自​治​体​経​営』(公​人​の​友​社、1998年)
  • 森啓ほか共著『「市町村合併」の次は「道州制」か 』(公​人​の​友​社、2006年)
  • 逢坂誠二ほか共著『三位一体改革と自治体財政』(公​人​の​友​社、2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ編集・発行、2005年。