北二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北 二郎(きた じろう、1918年9月 - 1950年1月29日)は、日本政治家。父は衆議院議員を4期、参議院議員を1期務めた北勝太郎。弟に北海道開発庁長官開発庁長官を務めた北修二、奈井江町長の北良治がいる。

略歴[編集]

北海道空知郡奈井江村出身。1937年旧制北海道庁立岩見沢中学校(現・北海道岩見沢東高等学校)卒業。酪農義塾(現・酪農学園大学)、町村農場農業畜産を修得し、その後農業を営む。

父・勝太郎が第二次世界大戦公職追放されるとその身代わりとして政界に入り、日本農民党農民新党農民協同党に所属した。衆議院当選2回。奈井江村酪農振興会長・日本農民党渉外部長を歴任した。

1950年1月29日、議員会館で容態が急変し31歳で死去。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』(ジャパンナレッジ)